土地なしでも可能な駐車場経営!始め方などをご紹介!

駐車場

土地活用を考えている場合、何から始めて良いかわからないという人は多いはずです。
そんな中、不動産投資の一つとして注目されているのが、土地なしで始める駐車場経営です。
今回は、土地を所有していなくても駐車場を経営するのは可能であるかどうかについてご紹介します。
駐車場経営に興味がある人は、ぜひこの記事に目を通してみてください。

土地なしでも設けられるの?

駐車場経営

そもそも土地を所有していない状態で、駐車場経営を始めたとしても儲けられるのでしょうか?
不動産投資において最も重要なのは、安定した収益を発生させられるかどうかという点です。
結論から言うと、駐車場経営は土地なしでも儲けられます。
得られる収入を安定させるためには、短期的な収益よりも、長期的な収益を継続して発生させ続けなければいけません。
アパートやマンションを経営する場合、初期費用や修繕費、管理費、広告費など、コストがかかります。
始めるにあたって、多くの資金が必要となるため、十分な自己資金を用意できなければ安定した収入は見込めません。
しかし、駐車場経営であればコンクリートで舗装したり、必要最低限の設備を設置したりするだけで良いので、他の不動産投資と比べると低コストで始められるのです。
また、駐車場は需要の変化による影響を受けにくいことから、安定性がある不動産投資として注目されています。
アパートやマンションなど、居住を目的とする場合、4月、9月は引っ越しシーズンとなるため、入居を希望する人は多くなります。
しかし、シーズンが終わると需要が低くなり、十分な数の入居者が集まらず、安定した収益が得られない可能性があるのです。
一方、駐車場経営であれば、車を利用する人々は常に存在しているため、年間を通じて需要の変化を受けない傾向にあります。
安定した収益を発生させ続けるには、どのような場合でも一定の数の利用者が見込める駐車場経営がおすすめです。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

駐車場経営を土地なしで始めるには?

駐車場経営

では、土地を所有していない場合、駐車場経営を始めるにはどのような準備が必要になるのでしょうか?
ここでは、2つの方法をご紹介します。

土地を借りる

賃貸市場で販売されている土地を借りて、経営を始めるという方法があります。
貸し出しを行っている土地を借りるのであれば、自己資金が少なくてもすぐに始められます。
そのため、駐車場を利用する人が少なかったとしても、リスクを最小限に抑えられることが大きなメリットです。
しかし、借りるためには毎月料金を支払う必要があるため、長期的に土地を借りていると、購入するよりもお金がかかってしまう可能性があります。
あらかじめ運用する期間の目安を決めておき、その期間に応じて借りるかどうか検討することが重要です。

土地を買う

駐車場経営を始めるもう一つの方法は、土地を購入することです。
長期的な活用を考えている場合、借りるよりも購入するのがおすすめです。

購入費用を全て支払い終えれば自分の資産となるため、維持費用を抑えることも可能となり、結果的にコストを低くできます。
ただし、購入する場合は初期費用が必要となるため、十分な資金が用意できる人でなければ難しいと言えます。
長期的な運用を考えているのであれば、購入するのがおすすめです。

おすすめの経営形態は?

駐車場経営

では、実際に借りた土地や購入した土地を駐車場として活用する場合、どのような経営形態を選ぶのが良いのでしょうか?
それぞれ、メリット・デメリットがあるため、特徴をよく理解し、慎重に決めることが重要です。
以下では、3つの経営形態についてご紹介します。

企業に全て委託する

駐車場を経営する場合、企業に委託を依頼する方法があります。
管理や運営などを全て企業に委託すると発生した収益は分割されるため、手元に残る利益は少なくなってしまいますが、契約さえ結んでしまえばあとは企業に任せられます。
自身が対応に追われることはないので、非常に負担の少ない経営形態です。
リスク軽減や安定した収益を確保したいのであれば、企業に委託する形で経営を行うのがおすすめです。

また、基本的には企業が運営するため、投資初心者でも失敗のリスクが低いという特徴があります。
企業に委託する際は、実績のある駐車場経営会社に依頼するのが望ましいです。

個人で経営する

企業に委託せず、個人で駐車場経営を行う場合、必要な手続きや管理、運営などは全て自身で行わなければいけません。
委託する場合と比べると手間や時間はかかりますが、経営形態としては最も高い利益が得られる方法です。

委託を依頼する際にかかる費用や維持費が発生しないため、より高い利益率を求めるのであれば個人で経営するのがおすすめです。
ただし、個人で経営するのはどうしても負担が大きくなってしまうため、初心者にはあまり向いていません。

企業と共同経営する

経営形態には、企業と共同で駐車場を経営するという方法があります。
個人での経営は初心者では難しく、ある程度資金や経験がないと難しいです。

また、駐車場は基本的に24時間営業となるため、夜間にトラブルが発生した際、時間を問わず対応に追われる可能性があります。
しかし、企業と共同経営をしている場合、道路の舗装や区画ライン整備、車止め設置、設備の配置などを個人で行い、その後の管理やトラブル対応は企業へ委託できるようになっています。
一部の業務を委託することで、経営する上での負担を大幅に軽減できるのです。
得られる資金を少しでも増やしたい、個人で経営するのが困難だと感じる人は、共同経営がおすすめです。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

まとめ

今回は、土地なしで始める駐車場経営についてご紹介しました。
実際に経営を始めようとした場合、土地がなかったとしても儲けることは可能です。
駐車場経営は初期費用が低く、収益化するまでの期間が短いことで、多くの人々から注目される投資法となっています。
土地がない状態で駐車場経営を始めようと考えている人は、ぜひこの記事を参考に、自身の状況に応じた土地の入手方法、経営形態を選んでみてください。
失敗を防ぐためにも、慎重に考えましょう。