コインパーキングのオーナーは儲かる?失敗しないためのポイント

コインパーキング

余った土地の活用をしたい方におすすめなのが、コインパーキング経営です。
土地にコインパーキング設備を整えて運営し、利用者が支払う駐車料金が自分の収益となる仕組みです。
車社会の現在、駐車場は欠かせないものであり、これから先も長い需要が見込めるとして注目を浴びています。
今回は、低コストで始められる土地活用として人気のコインパーキングについて詳しくご紹介していきます。
余っている土地の活用をしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

コインパーキング経営のメリットとは?

コインパーキング

はじめに、コインパーキング経営にはどのようなメリットがあるのか解説していきましょう。

初期費用を抑えられる

コインパーキング経営の大きなメリットとして挙げられるのが、土地活用の中でも初期費用があまりかからないという点です。
余った土地にマンションやアパートなどを建設して不動産経営をする場合には、最低でも数千万円のコストがかかりますが、コインパーキングなら100万円ほどで済みます。

100万円ほどであれば経営が安定していればすぐに回収でき、早いと約1年足らずで費用を完済できるケースもあります。

転用性しやすい

儲からないと判断した時に、すぐに経営をストップできるのもメリットの一つです。
マンションやアパートなどの大きな建造物や設備を整えた場合は容易に手放せず、たとえ儲からなくても損切りをしにくいです。
一方でコインパーキング経営なら転用しやすく、別の方法でも応用しやすい土地活用だと言えます。

狭い土地なども活用しやすい

狭い土地やカタチが複雑であっても運用ができるのは、コインパーキング経営のメリットです。
車が2、3台しか停められない小さなコインパーキングも実際あり、特に駅付近だと多く点在しています。
土地が狭く、活用しにくい土地であっても、複数台分の駐車スペースがあれば経営できるでしょう。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

コインパーキング経営で失敗しないための5つのポイント

コインパーキング

コインパーキング経営で失敗しないためには、どのような点に留意すべきかをご紹介します。

運営会社選びは比較しながら慎重に行う

駐車場運営会社に委託してコインパーキング経営を成功させたいのなら、パートナー選びは慎重に行ってください。
賃料だけに注目するのではなく、スピーディーで丁寧な対応か、提案力はあるかなどが大切です。
土日祝も稼働するコインパーキングはトラブルが発生しやすく、利用者の満足度や稼働率を高めるためにはスピーディーな対応が求められます。
特に、24時間のコインパーキングだとゴミの不法投棄が起こる可能性があります。
廃棄物がそのまま放置されていると管理外の場所と思われ、より多くの不法投棄や無断駐車、車上荒らしなどのトラブルにつながる恐れもあります。
どのような時でも迅速かつ柔軟に対応でき、運営やメンテナンスをきちんと行う運営会社を選びましょう。

立地から需要が見込めるか調べる

コインパーキング経営を成功させるには、需要があるかどうかを調べるのも大切です。
いくら土地が余っていても、駐車スペースの需要がない立地であれば誰も利用せず、収入は増えません。
まずは、その土地の周辺にどれくらいコインパーキングがあるかどうかを調べて、需要があるかを見極めましょう。
もし、いくつも点在しているようであればある程度の需要はあると判断できますが、あまりに多い場合には逆に問題となってしまいます。
利用者よりもコインパーキングの方が多ければ停めてもらえる確率は下がるので、実際に付近のコインパーキングを見て需要と供給があっているかどうかを確認してみましょう。

料金相場は適切か調べる

コインパーキング経営成功のために、正しい料金設定を行ってください。
相場を調べずに適当に設定すると、金額が高すぎて別のコインパーキングに利用者が流れたり、逆に安すぎて利益が出なかったりします。

周辺にある競合店舗に出向いて相場をチェックし、収支バランスを加味しつつ適切な価格設定を行いましょう。
また、料金をコロコロ変動させるのはおすすめしません。
新しくできたコインパーキングの方が安いからといって価格を合わせると価格競争が始まってバランスが崩れてしまいます。
利用者への不信感にもつながってしまうので、料金変更は慎重に行ってください。

一括借り上げ方式を検討してみる

収益の変動をなるべく避けて、経営を成功させるためにも一括借り上げ方式の導入を検討してみましょう。
個人で経営する場合だと稼働率が良ければ儲かりますが、一方で周辺環境の変化や競合出現があれば収益が減ってしまう恐れがあります。
そのような収益変動をダイレクトに受けたくない人におすすめなのが、運営会社と契約する一括借り上げ方式です。

運営会社に手数料を支払うことにはなるため個人経営よりも収入は減りますが、リスクが少なくなるというメリットがあるため、初心者におすすめの方法です。

利用者にとって使いやすいコインパーキングを目指す

空車が目立つ、利用者が来ないなどのリスクを避けるために大切なのは、利用者ファーストの精神です。
利用者がこないのは立地の問題の可能性もありますが、需要はあるのに使われない場合には不便な作りになっていると考えられます。
利用者は料金が安ければ良いのではなく、車が出し入れしやすいか、清掃がされていて綺麗かどうかなども重視して選んでいます。

大きい車でも駐車しやすい配置や自動販売機やコインロッカーの設置など、利用者目線に立って様々な工夫を行いましょう。
利用者にとって使いやすい工夫がされると、稼働率アップが見込めるようになります。

まとめ

コインパーキング経営は、初期費用が少なく長い需要が見込める分野なので、土地活用が初めての人でも挑戦しやすいでしょう。
しかし、手軽に始められるからと言っても、上手く運用ができずに収益がでないという経営のデメリットも存在します。
コインパーキング経営を成功させるためにも、周辺環境の調査や運営会社の選定などの事前準備を入念に行う必要があります。
コインパーキング経営で土地活用のノウハウを学び、自信がついてからマンションやアパートの不動産経営を検討するのも良いでしょう。
土地活用の第一歩として、まずは始めやすいコインパーキング経営を検討してみてはいかがでしょうか。