戸建て賃貸経営で成功するには?覚えておきたい知識をまとめてみた!

戸建て

最近では、戸建ての賃貸経営を行う方が増えてきています。
かつては効率の悪い土地活用として挙げられ、専門家の中ではおすすめできない方法として知られていました。
しかし、近年の賃貸需要の多様化や戸建て賃貸経営の安定性など、数多くのメリットが注目されています。
土地の形や立地などに影響されることなく建てられる点や、アパート・マンション経営などよりも利回りが良い点などが人気の理由です。
今回の記事では、戸建て賃貸経営の強みについて詳しくご紹介するとともに、成功するポイントなどについても解説していきます。
戸建て賃貸経営に興味がある方や、これから始めたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

戸建て賃貸経営とは?アパートやマンション経営と何が違う?

戸建て

土地活用には、戸建てやアパート・マンション経営など様々な方法があります。
その中の1つである「戸建て賃貸経営」は、賃貸用の住宅を建設して家賃収入を得るという方法です。

今までの戸建て賃貸経営では、転勤者に対する一時的な貸し出しや、住み替えを行った後に売却せずに貸し出しされている中古の戸建てが多く見られました。
相続などを理由に取得した土地が空き地のままでは、固定資産税や都市計画税などがかかってしまいます。
そのため、最近では空き地を有効活用する人も多く、新築の住宅で賃貸経営をする方が増えてきています。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

戸建て賃貸経営のメリットをご紹介

戸建て

戸建て賃貸経営を行う上では、どのようなメリットがあるのでしょうか?
まずは戸建て賃貸経営のメリットをご紹介していきます。

どんな土地でも始められる

戸建て賃貸経営の場合、アパートやマンションが建設できないような変形地や狭小地でも始められます。
変形地や狭小地は土地の面積が足りなかったり、形が合わなかったりする場合があります。
一方、戸建て賃貸経営では土地の大きさや形に影響されない土地活用が可能です。

入居期間が長いため収益性が高くなりやすい

戸建て賃貸に住んでいる人は入居期間が長いと言われています。
子どもいる家族などが住んでいる場合が多く、学校の節目になるまで引っ越さないという方が多いようです。
同じ人に長く住んでもらえれば、空室にならず収益性も高くなります。
反対に入居者が頻繁に入れ替わると、様々な出費が発生してしまうのです。
また、空室の期間の入居者募集を行う手数料なども毎回かかります。
入れ替わりが激しいアパートなどに比べて、戸建て賃貸は出費を抑えられるでしょう。

競合が少ないので安定した経営が期待できる

戸建て賃貸経営はアパートに比べて競合が少なく、安定した賃貸経営が可能です。
その土地に1戸の住宅しか建てられないという戸建て賃貸に対して、アパートの場合は1つの建物の中に何戸も住戸があります。
例えば、賃料が月6万円の住戸が4部屋あるとすると、月の合計は24万円になります。
一方、戸建て賃貸の賃料が10万円だとすれば、合計は10万円のままです。
24万円の家賃を支払おうと考える人は少ないため、戸建て賃貸の場合はアパートに比べると賃料の単価が低くなります。
同様の面積でもその中に何戸も入れられるアパートは、戸建賃貸よりも投資効率が高くなるということです。
そのため、土地活用を行う場合はアパートを選ぶ人が多くなります。
市場ではアパートの供給が多く、戸建て賃貸の供給が少ないという状況ができています。
しかし、最近では賃貸需要も様々で、戸建てが良いという方も多いです。
戸建て住宅ではペット飼うことができたり、駐車場を無料で使用できたりします。
結果的には競合するライバルが少ないにも関わらず、需要が高いという魅力があるのです。

利回り抜群で安心

アパートやマンションの場合、それぞれの部屋に対してキッチンや浴室、トイレなどを設置しなければいけないために建設費用も高くなります。
しかし、戸建ての場合は建設費用を抑えることが可能であり、10%を超える利回りにも期待できるでしょう。

売却しやすい点もメリット

戸建て賃貸の場合、長期間住む人が多いという背景もあり、「このまま売却したい」という申し出があることも少なくありません。
アパートの場合は古くなると借り手も少なくなり、空室も増えてしまいます。
一方、戸建て住宅であれば建物が古くなっていても売却したいという人が現れる可能性が高いです。
売却しやすいという点は、戸建て賃貸だからこそのメリットになります。

管理対象が少ないので初心者にもおすすめ

アパートやマンションの場合は多くの入居者を管理しなければいけません。
しかし、戸建て賃貸の場合の管理対象は一世帯のみなので手間なども少なくなります。
そのため、初心者の方でも管理しやすいと言えます。

始める前に知っておきたい!成功に導く2つのポイント

戸建て

戸建て賃貸経営を行う上でのポイントが2つあります。
失敗しないためにもどんなことに気を付ければ良いのかチェックしておきましょう。

他の戸建てにはない魅力を用意する

ライバルとなる他の戸建て賃貸と競合するためには、「この物件にしかない」という魅力を用意する必要があります。
具体的には以下のようなポイントです。

・駐車場のスペースが広い
・機能性に優れたキッチン
・様々な用途に使えるロフト など

借りる人が注目できるようなポイントがあると良いでしょう。

定期的に点検を行う

戸建て賃貸は管理の手間は少なくなりますが、住戸面積も大きく、長期間住む傾向にあるために退去の際の修繕費やメンテナンス費用が高くなる場合があります。
そうならないためにも積極的に点検を行い、早い段階で問題を解決しておくことも大切です。

定期的にメンテナンスを行うことで、修繕しなければいけない点が大事にならずに済みます。
また、入居者からの信頼にもつながるでしょう。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

まとめ

今回は、戸建て賃貸経営の強みや賃貸経営を成功させるポイントについてご紹介してきました。
戸建て賃貸経営は、ライバルが少なく経営が安定しています。
アパートやマンションよりも入居期間が長く、将来的には売却なども視野に入れることが可能です。
また、変形地や狭小地でも建設できる点や、管理対象が少ないという点もメリットとして挙げられます。
戸建て賃貸経営を検討している方は、まずは強みや成功させるポイントをしっかりと理解するようにしましょう。