オンライン部屋探しはコチラ!

最近話題のリノべ−ションとはどういった意味なのか?

リノベーション

最近、リノベーションという言葉を聞いたことがありますか。
今まで家の改修などはリフォームという言葉を不動産業界でも多く使ってきましたが、最近はリノベーション物件というワードもよく目にするのではないでしょうか。
実際リノベーションという言葉を聞いたり、みたりしたことがある人も多いかと思います。

しかし、リノベーションの意味をなんとなくしか知らないという人も多いのではないでしょうか。
この記事ではリノベーションの意味とリフォームとリノベーションの違いについても説明していきます。

リノベーションの意味とは?

リノベーション

リノベーションと聞いて一番に思い浮かぶのは中古物件や改装した物件だということではないでしょうか。
しかし、多くの人はリフォームとリノベーションの違いを説明できない人もいるはずです。
まずはリノベーションという言葉の意味を解説します。

リノベーションとリフォームの違い

最初にリノベーションとリフォームの違いについて紹介していきます。
基本的にリノベーションとは改修工事を行い、使用用途や物件の価値を向上させた物件のことを言います。
それに比べ、リフォームは内装を変えたり、使用用途については同じものを指す場合が多いです。
また、リノベーションとリフォームの違いは間取りなどを変更するのか、内装だけを変えることによっても使い分けています。

内容特徴
リノベーション間取りも変更使用用途の変更新たな物件の価値の創作
リフォーム内装だけの変更使用用途が同じ物件価値をもとどおりにする

リノベーションとリフォームの違い

リノベーションとリフォームの境界線はない

リノベーションとリフォームの違いについて先ほども書きましたが、実は明確な境界線はありません。
不動産物件を見ていると、リノベーション物件と書いてあっても実際はリフォーム程度の変更でしか行っていないケースもみうけられます。
実際は内装を変えただけなのにオシャレな空間を演出したといった広告でリノベーションと書かれている宣伝も。

実際、リノベーションとリフォームの境界線は曖昧です。
どこからがリフォームでどこからがリノベーションという境界線は見えません。
もし、工事を行う場合にはリノベーションとリフォームを理解して適切に使い分けるのが、利用者には安心と信頼を得られるでしょう。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

リノベーションをする意味

リノベーション

皆さんはリノベーションということをするのでしょうか?
リノベーションする意味については多くのケースがありますが、リノベーションを行う意味について考えてみます。

リノベーションをすることで資産価値を上げる

イノベーションをすることによって大きな利点としては物件自体の資産価値を上げることです。
今まではアパートだった建物が、シェアハウスなどに変更することによりより多くの人が魅力的に感じることもあるでしょう。
また一軒家だった物件が店舗として利用することにより住むだけの資産価値からお店としての価値が上がるでしょう。
リノベーションの目的は建物を建て替えずに新たな価値を上げることです。

リノベーションをすることで解体せず利用できる

多くの人はリノベーションをするより解体して建て直した方がいいと思う人もいるのではないでしょうか。
しかし、解体せずにリノベーションをすることはメリットも多いです。
例えば、物件によっては再建築不可物件もあります。
これは現在の法律では建物を建てる場合、道路に面していないといけません。
しかし、中には道路に面していない住宅もあります。
そういった物件は一度解体すると再び、立て直すことができないのでリノベーションをすることで建物を新しくすることができます。
また、解体後に建て直しが可能か不可能かは地方自治体にも変わってきます。
リノベーションをお考えの場合は専門家やリノベーションを依頼する不動産会社などと連携をして工事途中に行政からの工事差し止めとならないように対応することも大事です。

どのような物件がリノベーションされているのか?リノベーションの一例をご紹介!

リノベーション

では、リノベーションを行った事例をご紹介します。
リノベーションを行うことにより古くなった空き家物件が無くなり、災害などで倒壊する心配なども少なくなるでしょう。

古民家をリノベーションする場合

最近流行りのリノベーション物件として古民家をリノベーションすることが挙げられます。
田舎に行ったら、立派な古民家があるけど、現在は空き家になっている場合も多く、もったいなく感じた人も多いのではないでしょうか。
リノベーションをすることで再び古民家に住めたりすることもできます。
古民家の場合、地域の拠点となる道の駅や飲食店・宿泊施設として利用することが多いでしょう。

倉庫をリノベーションする場合

最近、倉庫をリノベーションして飲食店や宿泊施設・オフィスとして利用する人もいます。
使わなくなった倉庫などをリノベーションし、新しく事業を行うのも最新のトレンドです。
倉庫の場合、広々とした空間ができ、お店では幅広い空間が提供できます。
また、間取りを変更することで複数の企業がオフィスを持つことも可能となっていくでしょう。

中古物件をリノベーションする場合

中古物件をリノベーションする人も多いです。
例えば、立地がいい場所や少しおしゃれな中古物件を飲食店や宿泊施設として再利用するケースも増えています。
特に、立地がよかったりすこしおしゃれな中古物件は人気です。
また、少し古いアパートなどを建て直すのはお金と時間がかかりすぎるけど、リノベーションしてオシャレな空間に変えことは中古物件をリノベーションするのに適しています。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

まとめ

今回はリノベーションの意味と大まかな事例について紹介してみました。
みなさんもこの記事を読んで少しはリノベーションということがわかったのではないでしょうか。
リノベーションをすることで今まであった物件に新しい価値を与え、空き家をなくすことがリノベーションの役割です。
これからは今ある中古物件をリノベーションする流れは加速していくでしょう。

リノベーションはここ20年で生まれたてきた考え方であり、新築からリノベーション物件も一般的になるかもしれません。
中古物件をお持ちの方も建て替えにこだわらずにリノベーションを考えてみるのも良いのではないでしょうか。