オンライン部屋探しはコチラ!

マンションはリノベーションで変わる!間取り変更の考え方

リノベーション

住み慣れたマンションも間取りを変更することで、新しい空間へと生まれ変わります。
ライフスタイルに変化があった時などは、リノベーションを考えるタイミングです。
しかし、間取り変更を考えていても、リノベーションはそう何度もやることではないため、手の付け方に悩んでいる方もいるでしょう。
そこで今回は、マンションリノベーションにおける、間取りの決め方や知っておくべきポイントについてご紹介します。

間取り変更の自由度は、構造によって異なる

マンション

今ある空間に対してどの程度間取りを変更できるかは、家によって異なります。
間取り変更のしやすいマンションとは、どのような物件なのでしょうか。

間取り変更の自由度は、構造によって異なる

マンションの間取り構造には、梁と柱で支えるラーメン構造と壁で支える壁式構造の2種類があります。
この2つのうち間取り変更の自由度が高いのは、ラーメン構造です。
構造は柱で建物を支えており、部屋の四隅に柱が設置された構造をしています。
柱で建物を支えていることから室内の壁の大半は撤去できるので、間取り変更の自由度は高くなっています。

一方で壁式構造には、四隅に柱がありません。
建物を支えているのは壁であるため、室内の壁の多くは撤去できない構造となっています。
壁式構造を採用しているのは、一部の低層マンションです。

リノベーション範囲は専有部分のみ

当たり前ですが、マンションでリノベーションできる範囲は、所有している専有部分のみです。
マンションには共用部分と専有部分があります。
共用部分とはエントランスやロビー、階段などで、構造部分である壁や床、柱も含みます。
専有部分とは「○○号室」などの自分の部屋に当たるスペースであり、外壁や隣戸とを仕切る壁、床スラブの内側の部分です。

管理規約で制限がある場合も

分譲マンションには、管理規約があります。
リノベーションを行う際には管理規約にもとづいて、管理組合に申請し、承認を得ることが必要です。
ただし、申請をしたからといって全てのリノベーションが認められるわけではなく、管理規約によっては禁止されている事項もあります。
フローリングなどへの床材変更や水回り設備の移動などが、その例です。
リノベーションで間取り変更したいと思った時には、事前に管理規約について確認しておくことを忘れないようにしましょう。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

マンションをリノベーションする際のポイント

リノベーション

リノベーションで間取り変更したいと思っても、「一体何から手をつけたらいいのか分からない」と悩んでしまうこともあるでしょう。
ここではリノベーションによる間取り変更を行う際、まず着手すべきことについてご紹介します。

ライフスタイルをイメージする

リノベーションで間取り変更したいと思うからには、相応の理由があるはずです。
分譲マンションは大多数の人に向けられた商品であるため、そこにオリジナリティはあまり感じられません。
しかし、リノベーションによって室内を一新すれば、そこには家族や日常生活を豊かにする環境が生まれます。
子どもが勉強しやすく、遊びやすい空間づくり、家族が集いやすいキッチン主体の室内設計など、思い描くイメージを固めていきましょう。
リノベーション後の部屋での家族との過ごし方、居場所を考えていくとイメージしやすくなります。

部屋数が多すぎると圧迫感がある

リノベーションで注意したいのは、部屋数の多さにこだわらないということです。
部屋の数が多くなれば、家族それぞれが自由な時間を持てますし、スペースがあれば客室なども作れるでしょう。
しかし、部屋数を多く取ることばかりに意識が向けられてしまうと、かえって圧迫感のある空間になるケースもあります。
もちろん部屋数は多いに越したことはありませんが、必要以上に部屋数にこだわり過ぎない方が良いでしょう。

動線を図で描いてみる

大体の生活スタイルが決まってきたら、具体的に動線を図に描いてみます。
まず紙の上に、寝室やキッチン、浴室、子ども部屋などの部屋割りを大まかに丸で囲って表記しましょう。
この大雑把なレイアウト図は「ブロックプラン」とも呼ばれ、建築家も設計の初期段階で使用しています。動線はそれから記入します。

イメージしたレイアウト図の上に、人の動きを描き込んでいくのです。
寝室から子ども部屋への移動、リビングからキッチン、個室からトイレなど、家族の動きを視覚化していくと様々な発見があるでしょう。
よく人が通るところや謎のスペースなど、考えていただけでは気が付かなかった点に気付きます。

リノベーションでおすすめの間取り

リノベーション間取り

リノベーションで間取り変更したいけれども、まだ具体的にイメージはできていない方もいるでしょう。
また、リノベーションでおすすめの間取りも知っておきたいところです。
素敵な空間を実現するために、様々なアイデアに触れておくと良いでしょう。

ロフトの増設

室内面積の関係で、ほしい分のスペースが取れない時は、ロフトを活用してみてはいかがでしょうか。
マンションでも天井まである程度の高さがあれば、ロフトの設置ができます。
秘密基地感があるロフトは子ども部屋にしてもいいですし、趣味のための部屋にしてもいいでしょう。
構造上の問題で柱の設置は避けられませんが、用途や目的に合わせて様々な使い方ができます。

アイランドキッチン中心の空間

アイランドキッチンは壁付けキッチンとは違って、島のように独立したタイプのキッチンです。
広いLDKだけでなくコンパクトなLDKも設置できます。
開放的な空間は家族とコミュニケーションが取りやすく、両側からキッチンにアクセスできる点がメリットです。
間取り変更であえて部屋数を少なくして、キッチン中心の空間にするなどアイデアは広がります。

緩やかな仕切りがある

リビングガラス張りの窓などで緩やかな仕切りを設けると、カフェやお店のような雰囲気が味わえます。
個室との仕切りやキッチンとの境界線など、仕切りに使用する素材によって与える印象は違ってきます。
リノベーションであれば遊び心のあるデザインも可能です。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

まとめ

をリノベーションで間取り変更すれば、今のライフスタイルに合った素敵な空間が実現します。
どんな間取りにしたいかというイメージを固めて、具体的に間取り変更にイメージを描いていきましょう。
個性を出したり、子どもとの遊び場をつくったりと家族で楽しめる空間を作ってみてください。