旧居退去時は掃除しておくのがおすすめ!掃除に使えるアイテムもご紹介

引っ越し

退去時の掃除が必要なのか気になる人は多いでしょう。
特に、賃貸物件に入居する際に敷金を支払っている場合は、ハウスクリーニング代も含まれているはずだから、退去時に念入りな掃除は不要と考えがちです。
そこで今回は、退去前に掃除しなくてもいい場所や掃除ポイントと役立つアイテムをご紹介します。
退去時の掃除ポイントを知っておくと、ちょっとのひと手間で得をすることもあるので、ぜひチェックしてみてください。

退去時の掃除は行ったほうがいいの?

退去

賃貸物件の退去後には、管理会社が専門業者によるハウスクリーニングを行います。
入居時に、部屋を汚したり傷つけたりした場合の修繕費用に充てるための敷金を預けていれば、原状回復の費用も敷金から充填されると考えて良いでしょう。
しかし、全く掃除をしないまま退去をしてしまうのはおすすめできません。
退去時には立ち合いがあり、管理会社がハウスクリーニングの見積もりを行います。
もし退去時の掃除を全くしていないと、通常の使用範囲を超えた汚れと判断されて、追加費用を請求される可能性もあるでしょう。
逆に、ポイントを押さえて掃除をしておくことで、敷金の一部が返ってくるケースもあります。
そのため、基本的に賃貸物件の退去時には掃除をしておくべきと言えます。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

重点的に掃除すべき場所

掃除

退去時の掃除は欠かせないとはいえ、部屋中全てをピカピカに磨き上げる必要はありません。
敷金を取り戻そうと頑張って退去時の大掃除をしても、大きな金額が戻ってくることは稀です。
なぜなら、退去後の掃除は大家さんが自ら行うわけではなく、専門のクリーニング業者に任せるため、人件費はかかってしまうからです。
徹底的に綺麗にする必要はなく、ポイントを押さえて常識の範囲内で掃除をすることをおすすめします。

家具・家電を動かすと、長い間に溜まったゴミやホコリ、汚れなどが目につきます。
掃除道具は引っ越し荷物の最後に入れるようにして、床の掃除を行いましょう。
フローリングは溝に沿って軽く掃除機をかけてから、しっかり水気を切った雑巾で拭いておきます。
畳の場合は畳の目に沿って掃除機をかけ、拭き掃除をしましょう。
床に油分の汚れがある場合は、お湯で絞った雑巾で拭き掃除をするとスッキリします。

家具・家電の背後だった壁はホコリや汚れが溜まっていることが多いです。
壁の掃除については、素材によって掃除の方法が異なるので注意しましょう。
ビニールクロスの壁なら、掃除機でほこりを吸い取ってから、しっかり絞った雑巾でたたきながら拭くようにしてください。
壁紙の素材によっては、洗剤などを使用すると変色したり破損したりすることもあるので、目立ちにくい部分で試してから掃除するようにしましょう。

水回り

水回りは水垢やカビなどの汚れが溜まりやすい部分です。
日常の掃除を続けていて、通常の範囲内の汚れであれば、念入りに掃除をしなくても大丈夫です。
しかし、日常的な掃除をしていない、換気が不十などの理由でカビや水垢がこびりついているなら、掃除をしておくと安心です。
万が一、サッシのカビなどが酷く、交換を求められれば別途、原状回復代がかかってしまいます。
バスルームならカビや水垢、せっけんカスなどを落としておきましょう。
引っ越しの予定が決まったら、計画的に掃除を進めておくと、退去時に焦らずに済みます。
トイレ掃除では、貯水タンクの水垢もチェックしてください。
また、トイレ内の床や壁の尿とび汚れも確認して、ウェットシートなどを使って掃除します。

普段から窓掃除をする習慣がなく、入居時から1回も窓を掃除したことがない人も増えています。
窓ガラスは汚れていないように見えても、意外と汚れが付着しているので、退去時の掃除では見落とさないようにしましょう。
特に、家具・家電・カーテンがなくなった状態だと、窓の汚れは目立ちます。
水で濡らした新聞紙で拭くと、インクが手あかや油などの汚れを分解してきれいになるのでおすすめです。
しかも新聞のインクには曇り止め効果と艶出しの効果もあるので、ぜひ退去時の掃除に役立ててください。

掃除で役立つアイテム

掃除

退去時には荷物の整理などが大変で、やるべきこともたくさんあります。
忙しい中で退去時の掃除を効率的にこなすには、やはり便利アイテムが役に立つでしょう。
ここからは、退去時の掃除に役立つおすすめアイテムをご紹介します。

メラミンスポンジ

掃除の定番グッズとなったメラミンスポンジは、ぜひ退去時の掃除用に準備してください。
メラミンスポンジは汚れを削って落とす原理なので、洗剤が不用で、使いたい場所に合わせてカットし使いやすいサイズにできる便利アイテムです。
メッキ素材の蛇口や水栓、ガスコンロやタイル、換気扇、ドアノブなどを磨くのに便利なので、ぜひ退去時の掃除に役立てましょう。
メラミンスポンジにはたっぷりの水を含ませてから軽く絞って、汚れを優しくこすってください。
きしむような音がする場合は水分が足りない状態なので、水はしっかり吸わせておきましょう。
また、長時間の使用で手荒れする場合もあるので、気になる人はゴム手袋を着用してください。
仕上げに乾いたタオルで拭き上げます。

クエン酸や重曹

クエン酸や重曹も退去時の掃除に役立ちます。
水垢やせっけんカスなどは酸性のクエン酸が便利で、メラミンスポンジとの併用もおすすめです。
水垢はアルカリ性なので、酸性のクエン酸で落としましょう。
また、重曹は水に溶けると弱アルカリ性になるのと、研磨効果あがるので、油汚れや焦げなどキッチン回りの掃除で活躍します。

カビ取りワイパー

浴室の天井を掃除する際は、天井カビ取りワイパーが便利です。
天井の掃除は高さがあって手が届きにくいだけでなく、洗剤やすすぎの水などが上から落ちてくるのでアイテムを活用して楽にこなしましょう。
水だけでキレイになる、洗剤不用のカビ取りワイパーなら退去時にむけた掃除も簡単です。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

まとめ

退去時の掃除は、面倒なことの1つではあるものの、やっておくことで無駄な原状回復費用の負担リスクを避けられます。
徹底的にきれいに掃除するとなれば大変ですが、ポイント抑えて少しずつ計画的に進めていけば、意外と難しいことではありません。
ぜひ、掃除の便利アイテムなどを活用しながら、楽に退去時にむけた掃除を行ってください。