自宅のバルコニーをおしゃれにするなら?

バルコニー

バルコニーは、屋外に洗濯物を干すことができる他、自分だけのリラックス空間として使用することができます。
そんなバルコニーをおしゃれに見せたいと思う方は多いのではないでしょうか。
今回は、バルコニーの特徴やおしゃれに見せるアイデアをご紹介します。

バルコニーってどんなスペース?ベランダやテラスとの違いは?

バルコニー

今回ご紹介するバルコニーとベランダの違いは、屋根の有無にあります。
実は、バルコニーには基本的に屋根がないのです。
日当りがよく、明るい雰囲気を演出できるのが特徴で、広い庭を設置しづらい都会などでも簡単にアウトドアリビングを実現することができます。
しかし、バルコニーを使用する時は、天候に左右されてしまうというデメリットもあります。
反対に、屋根が付いていたり上の階のベランダが屋根代わりになっていたりする部分のことをベランダと言います。
バルコニーと比べると日当りは劣りますが、雨の日でも気にせず外に出られるという点はメリットになるでしょう。
バルコニーとベランダの共通点としては、2階以上の室外に張り出している部分が挙げられます。
また、テラスはバルコニーやベランダと異なり、1階の室外に張り出している部分を言います。
リビングやダイニングと同じ高さに作られていることも特徴です。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

バルコニーには様々なタイプがある!

バルコニー

ベランダやテラスなど、バルコニーに似たスペースが多く存在することが分かりました。
しかし、実はバルコニーの中にも様々なタイプがあるのです。
これから新しい住宅にバルコニーの設置を考えている方や、自宅のバルコニーの種類が分からないという方はぜひ参考にしてください。

ルーフバルコニー

下の階の屋根を利用して作られているのがルーフバルコニーです。
通常のバルコニーよりも面積が広く、のびのびと過ごせるのが魅力になります。
イスやテーブルを置いていつもと違う雰囲気を味わったり、子供用プールを楽しんだりできるので、ファミリーからも人気のバルコニーなのです。
マンションのルーフバルコニーは、使い方に決まりがあることも少なくありません。
バーベキューやプールなどのアウトドアを行う際は、事前に管理規約などをチェックしておくのがおすすめです。

スカイバルコニー

最上階の屋根上に設置されているバルコニーをスカイバルコニーと言います。
屋上庭園と呼ばれることもあります。
ルーフバルコニーと比べると、バルコニーの床に直接太陽光が降り注ぐので、下の階の室温に影響を与えやすいです。
スカイバルコニーの床には高断熱の素材を使うことで、太陽光の影響を抑えることができます。

インナーバルコニー

インナーバルコニーは、屋根のついたバルコニーのことを言います。
ベランダを設置する際はベランダのための床を作りますが、インナーバルコニーを設置する際は下の階の屋根が床になります。
それ故に、インナーバルコニーは建物の内側に入っているような形のものが多いです。
使用時に天候に左右されない点やセカンドリビングとして使える点が大きなメリットと言えるでしょう。
ただし、日光が入りにくいなどの問題が発生しやすいため、インナーバルコニーを設置する際は場所や形に気を付ける必要があります。

バルコニーをおしゃれにするには?

バルコニー

ここからは、バルコニーをおしゃれにするためのアイデアをご紹介します。

ウッドデッキであたたかみのある空間へ

バルコニーの床をウッドデッキにすることで、あたたかい印象を作ることができます。
ウッドデッキは断熱性だけでなく吸音性も高いので、足音なども気にせずリラックスして過ごせます。
床の素材を変えるだけで簡単におしゃれに見せられるので、小さなお子様がいるファミリーにも人気なのです。

ガーデニングで緑豊かに

バルコニー使用例の定番ともいえるガーデニングは、取り入れやすさも抜群です。
家庭菜園に挑戦したい場合もインテリア小物などを活用すれば、おしゃれなバルコニーを実現できるでしょう。
また、バルコニーでのガーデニングは、室内からでも楽しめるというメリットがあります。
ボーダーフェンスなどを取り付けて外からの目隠しを作れば、外からの視線を気にせず緑豊かな雰囲気を楽しむことができるのです。
植物を育てていく自信がないという方やインナーバルコニーで日当りが心配という方は、人工観葉植物で代用してみるのもおすすめです。
人工観葉植物は、大きいものから小さいものまで幅広く販売されていますので、ぜひチェックしてみてください。

リゾート気分も味わえる

バルコニーに設置するインテリアをリゾート風なものに統一すれば、まるで海外のリゾート地のような空間を演出できます。
パラソルを活用してビーチスタイルにしたり、ラグとワイドソファーを設置してアジアンリゾート風にしたりなど、お好みのスタイルを探してみてください。

椅子とテーブルのみでスッキリ気分

スッキリ見せたいけどおしゃれにも気を遣いたいという方は、椅子とテーブルのみを設置したバルコニーにしてみましょう。
椅子とテーブルだけでスッキリおしゃれに見せたいという時は、必ず統一感を重視してください。
色がバラバラだったり形がバラバラだったりすると、インテリアの数が少なくてもごちゃごちゃして見えます。
お好みの色や形のものを見つけたら、なるべく揃えて購入しましょう。

フェンスを活用しておしゃれに目隠し

バルコニーで過ごすにあたって気になるのが外からの視線でしょう。
そのような時は、色々なフェンスを利用しておしゃれに目隠しするのがおすすめです。
先ほどもご紹介したボーダーフェンスだけでなく、ウッドデッキやすだれ、ラティスなども目隠しとして使えます。
もちろん目隠し板や目隠しシート、目隠しパネルなどの目隠しに特化したものも売っているのでチェックしてみてください。

サマーベッドやハンモックでリラックス空間

広々としたバルコニーには、サマーベッドやハンモックを設置するのもおすすめです。
解放的なスペースで横になれる空間では、よりリラックスすることができるでしょう。
自分だけのリラックス空間があると、心にも余裕が生まれるはずです。

インテリアをプラスしてカフェ風に

カフェ風バルコニーは、手軽におしゃれなバルコニーが手に入れられるので人気です。
特に人気のあるテイストは、簡単に優雅な雰囲気を演出できるエレガントテイストです。
インテリアを白で統一して、周りには華やかなピンク色の花などを飾ってみましょう。
隠れ家風の個性的なインテリアを使ったり、アウトドア風のインテリアを使ったりしても素敵です。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

まとめ

バルコニーは、ベランダやテラスとは異なり、より開放感のあるスペースです。
そんなバルコニーをおしゃれに見せるためには、様々な工夫が必要になります。
特にインテリアを選ぶ際は、統一感を意識することが大切です。
ぜひ今回ご紹介したアイデアを参考にして、おしゃれバルコニーを作ってみてください。