賃貸サイトの種類は様々!特徴の比較とサイト選びのポイント

賃貸サイト

現在、不動産業界でもインターネットが広く活用されるようになり、実際に物件選びで利用する人は増えてきました。
スマホから簡単に自分が住みたいと思える物件を探せるため非常に便利ではありますが、最近では賃貸サイトの種類がかなり増えてきており、どのサイトを利用すべきか迷っている人も多いでしょう。
そこで今回は、賃貸サイトの種類や特徴を比較しつつ、自分の物件探しに適したサイトを選ぶためのポイントをご紹介していきます。
どの賃貸サイトを利用すればいいか分からないという方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

賃貸サイトの種類と特徴

賃貸サイト

賃貸サイトと一口に言っても実は様々な種類があり、それぞれで特徴や得意としていることが異なります。
自分に合った賃貸サイトを選ぶ上で各サイトの特徴を理解しておくことは非常に重要です。
まずは、賃貸サイトの種類とそれぞれの特徴について詳しく解説していきましょう。

ポータルサイト

ポータルサイトとは、主に集客などを目的として作られたサイトを指します。
各不動産会社がポータルサイトの運営会社に広告費を支払い、サイト側は不動産会社の物件を掲載していきます。
ポータルサイトは多くのユーザーが利用しているという特徴があり、Googleなどの検索サイトでも上位にヒットしやすいです。
そのため、不動産会社はポータルサイトに物件情報を掲載させることで、多くのユーザーに利用してもらいたいと考えています。
広告費が発生する条件は、物件情報の掲載件数に応じて発生したり、実際にポータルサイトを通して問い合わせがあった場合などに発生したりします。

管理会社が運営する賃貸サイト

管理会社が運営する賃貸サイトでは、主に自社が管理している物件が紹介されています。
ポータルサイトに比べて物件の種類は限定的となってしまうものの、サイトを有している管理会社の多くは全国規模で展開する大手不動産管理会社であるため、住みたい地域の物件も見つかりやすいでしょう。
また、仲介業者が入らずに直接不動産管理会社と契約を結ぶことになるため、仲介手数料が無料となっている場合もあります。
仲介手数料の相場は大体家賃1ヶ月分なので、数万円はお得になるでしょう。

フランチャイズ加盟店の賃貸サイト

フランチャイズというと飲食店やコンビニなどの小売店をイメージされる方も多いでしょう。
しかし、不動産業界でもフランチャイズ加盟店は存在します。
フランチャイズ加盟店は個人や地域の小規模不動産会社などが大手企業のブランド・ロゴを借り、不動産仲介サービスを提供しています。
フランチャイズ本部となる大手不動産会社はポータルサイトに物件情報を掲載していることも多いですが、フランチャイズ加盟店の賃貸サイトならポータルサイトでは見つからない物件を発見できることもあります。
ポータルサイトにも掲載されている会社だからといって、フランチャイズ加盟店の賃貸サイトに掲載されている物件情報は同じではないことを覚えておきましょう。

二次掲載する賃貸サイト

二次掲載の賃貸サイトは、上記で紹介したポータルサイト・管理会社が運営するサイト・フランチャイズ加盟店のサイトなどから集めた物件情報を集約し、まとめて掲載しているサイトです。
複数のサイトからまとめて検索を掛けられるため、豊富な物件情報を一度に手に入れることができます。
ただし、掲載タイミングがどうしても遅くなってしまったり、物件が決まってもなかなか情報が削除されず残ったままなので注意が必要です。

独自路線の賃貸サイト

近年は賃貸サイトの中でも独自路線で運営するサイトも増えてきました。
特定のこだわりや便利さを追求したサイトとなっているため、すべての人には当てはまらなくても一部の人にはかなり使い勝手の良いサイトとなり得ます。
例えば、物件情報を掲載するだけでなく、チャットを利用して部屋探しの相談もできる賃貸サイトは、引越ししたいものの時間がなく、直接不動産会社へ足を運べないという方が利用しやすいサイトです。
また、ペット飼育が可能な物件を中心に取り扱った賃貸サイトもあります。
初めから住みたい家のコンセプトが決まっている方にとっては、独自路線の賃貸サイトで検索するのもおすすめです。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

比較が大事!賃貸サイト選びのポイント

賃貸サイト

賃貸サイトを選ぶ時はそれぞれの特徴を加味した上で、比較していかなくてはなりません。
どのようなポイントを見ながら比較すべきか、ご紹介していきましょう。

掲載数が多い賃貸サイトを選ぶ

賃貸サイトを選ぶ時に重要なポイントとして、まず物件情報が掲載されている件数が挙げられます。
掲載数が多ければ多いほど、自分が住みやすいと思える物件も見つかりやすくなるでしょう。
ポータルサイトや二次掲載の賃貸サイトは掲載数も比較的多く、色んな物件を探せるようになっています。

こだわりが強い時は特化型の賃貸サイトを選ぶ

掲載数が多すぎて物件が絞りにくい場合や、物件を選ぶ時のこだわり条件が明確にある時などは、掲載数よりも特化型の賃貸サイトを活用してみましょう。
掲載数の多いポータルサイトでもこだわり条件を活用しながら検索できますが、特化型賃貸サイトの方が検索しやすかったり、より自分好みの物件が見つけられたりもできるでしょう。

情報の鮮度がいい賃貸サイトを選ぶ

賃貸サイトで最も注意すべきなのが、情報の鮮度です。
サイト上に掲載されている物件情報の中には、既に住む人が決まっており問い合わせても借りられない場合があります。
そのため、賃貸サイトから不動産会社へ問い合わせする時は、まず気になった物件の部屋が空室かどうかを尋ねておきましょう。
もし賃貸サイトに通知機能が備わっていれば、新着物件をすぐにチェックできるため、ぜひ活用してみてください。

複数の不動産会社に問い合わせて相性を確認しよう

賃貸サイト

賃貸サイトでは1つの物件に対して複数の不動産会社が情報を掲載している場合もあります。
もし気になる物件に複数の不動産会社が関わっているようなら、1社に限定せず、2~3社には問い合わせをした方が良いでしょう。
なぜなら、物件は同じでもスタッフの対応などで違いが見られるためです。
自身との相性も大切なので、問い合わせた中で一番信用できそうなスタッフのいる不動産会社を選んでみましょう。
信用できるスタッフ・相性の良いスタッフに巡り会えると、その物件以外に希望条件を満たす物件をいくつか教えてくれたり、その物件の悪い部分までしっかりと教えてくれたりします。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

まとめ

今回は賃貸サイトの種類や特徴、サイトを選ぶ時のポイントについてご紹介してきました。
賃貸サイトには様々な種類があり、どのサイトも利用する人によって使い勝手の良さは変わってきます。
あくまでも目的は自分の希望条件に合った物件を探すことなので、サイト選びに多くの時間を掛ける必要はありませんが、より希望する物件を見つけるためには複数の賃貸サイトをある程度比較しておくと良いでしょう。