賃貸契約の違約金とは?相場や注意点を解説!

賃貸

賃貸契約には、契約期間が決められています。
何らかの理由で途中解約をする場合、違約金が発生する場合があるので注意が必要です。
今回は、契約更新の期間や引っ越す際の手続き、賃貸契約の違約金、違約金の相場、契約期間が満了する前に引っ越しをする際の注意点について解説していきます。
賃貸物件に住んでいて引っ越しを検討している人は、ぜひ目を通してみてください。

賃貸物件は「2年ごとの契約更新」が一般的

賃貸

賃貸物件は「2年ごとの契約更新」が一般的となっています。
まずは、その理由から見ていきましょう。

1つ目の理由は、契約期間が1年未満の物件だと借地借家法29条において期間の定めがないと見なされてしまうという点です。
それでは借主を保護することができないという考えに基づき、1年未満の契約期間は避けられがちなのです。
しかし、賃貸物件に暮らす人のライフサイクルを考慮すると3年は長すぎると考えられているため、2年契約が現実的な結果として反映されています。

2つ目の理由は、1年未満の契約にしてしまうと期間の定めがない契約としてみなされてしまい、更新ができなくなる可能性があるという点です。
更新ができなくなると、更新手数料や更新料を徴収しにくくなってしまいます。
それも2年ごとの契約が一般的になっている理由の1つだと考えられるでしょう。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

引越ししたい場合はどうしたらいい?

引っ越し

違約金は必ずかかるというわけではなく、誰の都合なのか、どのタイミングで引っ越すのかによっても変わってきます。
では、引っ越しを検討している場合はどうしたら良いのでしょうか?

契約期間満了時に引っ越す場合

契約期間満了時に引っ越す場合は、契約更新をしないという旨を大家に伝える必要があります。
物件によっては自動更新になっているケースもあるため、意思表示がなされない場合は更新手続きが自動的に進んでしまうことも考えられます
そうなってしまうとトラブルに発展してしまう可能性があるため、契約更新しないことを早めに伝えるようにしましょう。

契約期間の途中で引っ越す場合

契約期間の途中で引っ越す場合は、大家に相談して適切な手続きを行わなければいけません。
退去をするどのくらい前に申し出をしなければいけないのかきちんと確認しておきましょう。
契約書の中にも解約に関する項目が書かれているはずなので、再確認しておく必要もあります。
違約金がどのくらい発生するかもあらかじめ確認しておくことをおすすめします。

賃貸契約の違約金とは?

賃貸

期間が満了する前に解約してしまうと違約金が発生します。
続いては、違約金について解説していくことにしましょう。

違約金とはどういう意味?

違約金というのは、債務不履行があった場合に支払わなければいけないものになります。
転勤やキャンパスの移動は、入社もしくは入学時に把握できていないケースも多いです。
しかし、契約期間が満了する前に解約してしまうと、いくら会社や学校の都合とはいえ、違約金が発生するので注意しなければいけません。
違約金がどのくらいかかる可能性がるのか、契約書や重要事項説明書などをあらかじめ読み込んでおき、把握しておくようにしましょう。

どんな時に違約金は発生する?

違約金は、様々な場面で発生する可能性があります。
解約以外だと、周辺住民からの苦情が多かった場合、ペット不可の物件でペットを買った場合、単身用の物件において2人以上で暮らした場合、家賃を長期的に滞納した場合などに違約金が発生する可能性が高いです。
このことから、借りている側に何ら化に問題があり、トラブルに発展した場合に違約金が発生すると考えられるでしょう。

違約金の相場は?

賃貸物件の違約金はいったいどのくらいになるのか知りたいという人も少なくないでしょう。
契約期間中であっても、転勤などの理由でやむを得ず解約しなければいけないこともないとは言い切れないため、どのくらい違約金がかかるのか知っておくことは大切です。

基本的に賃貸物件の違約金は、家賃のおよそ1ヶ月分と決められているケースが多く見られます。
およそ1ヶ月分というのは、大家が新しく入居者を獲得するまでに必要な期間と考えられているためです。
ただし、契約期間が短いといった状況によっては、さらに多く請求されてしまうこともあります。
それだけではなく、敷金が戻ってこないことも踏まえて考えてみると、途中解約した場合は大きな出費になると考えた置いた方が良いと言えるでしょう。

違約金は払わないといけないの?

契約をした際に、違約金が設定されているのであれば、支払わなければいけません。
ただし、金額の交渉は可能です。
交渉することによって、違約金を減らせるだけではなく、支払いを免除してもらえる可能性もあるので、交渉はした方が良いと考えられます。
急な転勤などの事情を考慮してくれる可能性もあるので、あらかじめ契約書にどのように記載されているかチェックしておいた方が万が一の時にも安心です。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

契約期間中に引っ越す場合の注意点

賃貸

状況によっては、契約期間中に引っ越しをしなければいけないこともあるので、どのような注意点があるか知っておいた方が安心です。
では、どのような注意点があるのかみていきましょう。

解約の申告は記録に残しておく

1つ目は、解約の申告は記録に残しておくという点です。
口頭で解約の申告をするケースもありますが、それでは記録が残らないため、万が一の時にトラブルに発展してしまう可能性があります。
そうなることを防ぐためにも、メールやFAXで申告することをおすすめします。
言った・言わないという問題になるとややこしくなってしまうので、きちんと記録に残る方法で申告することはとても重要だと言えるでしょう。

解約月の家賃の扱いをよく確認しておく

2つ目は、解約月の家賃の扱いをよく確認しておくという点です。
賃貸借契約書に記載されているはずなので、よく確認しておく必要があります。
月割りや半月割り、日割りといった方法のどれかに該当するのですが、どれに該当するかによって支払額が大きく変動します。
そのため、賃貸借契約書はよく確認すべき書類なのです。

場合によっては交渉できることも

3つ目は、場合によっては交渉できるケースもあるという点です。
違約金は、転勤や家庭の事情といったようにやむを得ない場合だと交渉によって減額もしくは免除になることもあります。
状況によって支払いが難しいのであれば、引っ越しの理由などを説明し、交渉してみる余地はあると言えます。

まとめ

賃貸契約を解約する場合、違約金がかかってしまうことがあります。
違約金に関しては状況によって交渉の余地もあるため、大家に相談してみても良いでしょう。
しかし、借りている側に問題があった場合は交渉したとしても減額などにならない可能性が高いので要注意です。