広いリビングが主流に!人気の広々リビングにする際の注意点とは?

リビング

人生の中で一番大きな買い物と言われる家づくりは、絶対に失敗したくないものです。
家を設計するにあたって自身の生活スタイルに合わせた間取りやデザインを重視し設計は進められますが、流行りを取り入れることも多くあります。
近年では家族全員がのびのびと過ごせるような広いリビングが人気です。
今回は、広いリビングを設計する際に役立つ情報をご紹介していきます。
広いリビングが主流になっている理由やメリットにも触れていくので、ぜひ目を通してみてください。

広いリビングにする人が増えている理由って?

リビング

なぜ近年は広いリビングにする人が増えているのでしょうか?
まずは広いリビングが人気となっている理由についてご紹介しましょう。

おうち時間を過ごす人が急増

全国各地で新型コロナウイルスにより外出を自粛し、おうち時間を満喫する人が増えました。
家族が集まることも多く、これまで以上に室内に広さを求めるようになったのです。
ゆったりとくつろげるリビングなら、家族が集まったとしても窮屈には感じにくいでしょう。
また、おうち時間を楽しむために、自宅で趣味を楽しむ機会が増えた人も多いです。
広めのLDKを設けてゆったりと料理ができるようにしたり、自宅でもトレーニングしやすいように広く設計したりといった人は増えています。

テレワークの浸透

現在ではネットの普及によってテレワークも大分浸透してきました。
自宅内の個室をワークスペースとして活用する人も多いですが、広いリビングの中の一角をワークスペースに設ける人も多くいます。
窮屈なスペースで仕事をするよりも、開放的な空間で仕事がしたいと考える方も多いでしょう。
広いリビングなら先ほどのように家族は遊べてのびのび過ごせる空間にもなります。
メリットが多いことを考えると、必然的にリビングにワークスペースを設置するための広さは確保したいという方が増えるのも当然です。

子ども部屋は必要ないと考える家族が増えた

以前まで子ども部屋にはベッドや勉強机、テレビ、本棚などを置くことが当たり前でした。
しかし現在は勉強をするのはリビングのテーブルでもできますし、スマホやタブレットの普及でテレビを視聴するのはリビングで十分といったように、子ども部屋に多くのものを置かなくなってきています。
そのため、子ども部屋のスペースは最小限にして、その分リビングを広くするというスタイルが増えているのです。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

広いリビングはすごく開放的!

リビング

広いリビングの魅力は何と言っても開放感にあります。
ホテルのラウンジや広々としたレストランのように、自宅にも開放感を取り入れたいと考える方は多いでしょう。
そういった場所は落ち着きますし、いつまでもその場で過ごしたくなるものです。
また、開放的な空間は明るく風通しが良いという特徴もあります。
大きな窓を設置することによって自然光による温かみがリビングに生まれ、居心地の良さを感じられます。
風通しが良くなると調湿効果も高まり、家屋の劣化を防ぐことにもつながるでしょう。
他にも、家族が集合しても一人ひとりがそれぞれの時間を過ごしたり、収納スペースが多く設けられるので友人を招きやすかったりするなど、広いリビングによって理想的な暮らしが叶えやすいのです。

広いリビングにする際の抑えておきたいポイント

リビング

続いては広いリビングを設計する際に、抑えておきたいポイントをご紹介していきます。

オープンな空間を大切に

まず広いリビングにしたい方はオープンな空間にすることを意識しましょう。
リビングを大きい家具や多くの家具で埋めてしまうと、せっかくの広い空間も窮屈に見えてしまいます。
家具が空間の3分の1程度を占めるレベルなら狭苦しいと感じることもなく、広いリビングならではの開放感を手にすることができるでしょう。
床の部分が多く見えることも広く感じられるコツの一つです。

動線を意識することも大事

広いリビングでは家事動線を意識して家具を設置することも大事です。
特にキッチンや造り付けの収納スペースなどは一度設置したら簡単に移動することができないので、動線はしっかりと考えなければなりません。
キッチンから食卓へご飯が運びやすいかどうか、出入口が少ないせいでトイレや浴室などあらゆるスペースに行きにくくなっていないかなど、建築家とよく話し合って間取りを決めていきましょう。

冷暖房の効きにくさに注意

広いリビングだと冷暖房が効きにくくなってしまうのが難点になりやすいです。
特に天井が高いリビングは、なおのこと暖房の効き目も悪くなってしまうでしょう。
空間に適した空調器具を設置したり、床暖房を取り入れたり、断熱性・気密性を向上させたりするなどの方法で、冷暖房の効きにくさは解消できます。
広いリビングを設計する際には冷暖房についても検討してみましょう。

他の空間の広さや部屋数にも気を付ける

土地の広さは決まっているため、広いリビングにすることで他の部屋は必然的に狭くなってしまいます。
リビングばかりに注視していたことで、他のスペースが使いづらいほど狭くなっていないか一度確かめてみてください。
特に玄関やリビングまでのアプローチ空間を狭める方が多いですが、この空間が狭いと、玄関に靴があふれてしまったり、通路ですれ違いがしにくかったり、大きなものを運びにくかったりするなどの問題点が出てきてしまいます。
また、リビングを広くしたことで他に作れる部屋数が減ってしまうこともあります。
将来必要な空間がリビングの拡張によってなくなってしまわないか、あらかじめ確認しておきましょう。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

まとめ

今回は、広いリビングが人気を集めている理由とメリットについてご紹介してきました。
開放的な広いリビングには色んなメリットがあるものの、実際に素敵な空間にするためには考えなくてはならないことが多くあります。
間取りや家具の設置に失敗してしまうと、せっかくの広い空間も少し狭く見えてしまうことがあるので注意しましょう。
ただし広いリビングだからこそ、間取りやレイアウトに少し失敗しても魅力が半減しにくく、過ごしにくいほどの窮屈な空間にもなりにくいです。
ぜひ広いリビングで家族の過ごしやすい空間を作っていきましょう。