住み心地の良い平屋が人気!真似したくなる平屋の間取りアイディアをご紹介

平屋

使いやすく住み心地が良いとされる平屋住宅は、ここ数年急激に数を増やしています。
ただ、部屋がすべて1階に集中するため、間取りやレイアウトに悩みやすいところがデメリットです。
そこで今回は、平屋が人気な理由とぜひ真似したくなる間取りアイディアをご紹介していきます。

今、なぜ平屋が人気なのか?

平屋

住まいに2階を設けず1階しかない平屋住宅は、これまであまり見ることのない家でした。
2階建てが主流であった日本ですが、最近では平屋を建築数が増えてきているというのです。
まずは平屋がここ最近人気を集めている理由を説明していきましょう。

家事動線がコンパクトになる

平屋は当然1階だけの家となるため、2階を設置する分のスペースが1階にやってきます。
建てるには広い土地が必要ですが、その広い土地を活かした開放的な空間づくりは大変魅力的です。
生活空間がワンフロアにまとまるわけですから、洗濯は1階、洗濯物を干す時には2階へといったように家事動線を大きくすることなく大変便利に感じます。
皆で過ごすリビングから行きたい場所にサッと行けるため、あらゆる家事を素早くこなせるようになります。

間取りの自由度が高い

平屋なので2階のスペースの重みによって柱や壁を多くすることがありません。
そのため、間取りの自由度が高くなります。
例えば2階建て受託であると間取りによっては、壁で仕切られた隣の部屋に移動するために大回りで行かなければいけないこともあります。
平屋になれば重さによって壁に負担がかからない設計になるので、壁にドアを設けたり、あらゆる壁を取っ払ったりすることだってできてしまいます。
こうした自由度の高さによって広い空間にすることが可能ですし、2階がないぶん天井高も高くする工夫も可能です。
ただでさえ広いと感じる平屋のスペースが高い天井によって、より広く開放的な空間だと感じさせるため、大人数であっても大変居心地の良い空間が生まれます。

耐震性能が高い

平屋が人気となっている理由の3つ目は耐震性の高さです。
日本は地震大国と言われているだけあって今後の地震に不安を感じている人も多いでしょう。
特に地震の動きが活発な地域では家を建てることすら諦めてしまう人もいます。
しかし、そんな不安も平屋ならば大丈夫です。
平屋は耐震性が高く、地震が起きても倒壊しにくい建物になっています。
建物というのは重心が低ければ低いほど地震に強くなっています。
平屋>2階建て>マンションといったように、高い建物ものほど地震に弱くなってしまう問題も平屋ならば解決できます。
また耐震性の高さだけではなく、天井の低いことで強風や台風などの影響も受けにくいのもメリットです。
広い空間なので大きな揺れで倒れた家具でドアや出口を塞がれる心配もないでしょう。
1階で火災が起きて2階から非難しなければいけないこともないのも安心できるポイントです。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

平屋の間取りでおすすめしたい5つの事例

間取り

平屋の人気理由を見てきて、この記事をご覧になっている方も平屋を建てたくなってきたのではないでしょうか?
続いてはそんな方におすすめしたい平屋の5つの事例をご紹介していきます。

玄関の両側にリビング・寝室を配置

玄関を建物正面真ん中に配置し、そして両側にリビングと寝室を設置する間取りです。
この場合ですと、家族が集まるスペースと個々のプライベート空間を分けすくなり、個室側のプライバシーの確保が保たれやすいでしょう。
例えば来客がある場合でもきちんとスペース分けできているため個室側の人が来客に気を遣うこともないと言えるのが実例です。
リビングの音も各個室に響きにくい良さも得られます。

廊下は作らず回遊的な家事動線に

限られた空間を目一杯使いたいならば廊下を設けないのがおすすめです。
玄関からリビングへとつながり、リビングから各個室に直で繋がるという形になりますが、このタイプであると圧倒的に家事動線が楽になる嬉しいメリットがあります。
使いやすさ抜群の住まいとなり、家事を楽にこなせることでストレスフリーな生活にもなるでしょう。
また、家族とコミュニケーションが取りやすのも一つのメリットです。
どこにいても家族の気配を感じ、子どもにも目が届きやすくて安心です。

コの字型・L字型で庭やウッドデッキを設ける

居住スペースがコの字型・L字型という平屋も大変人気です。
この場合はコの字型であれば中央に、L字型であれば角に庭やウッドデッキを設けることができます。
自然と一体化したような住まいになり、より住み心地の良さを感じることでしょう。
また、人によっては庭ではなくガレージを設ける人もいます。
車やバイクが趣味である人は、こちらも検討してみるといいでしょう。

子ども部屋は将来のことも考えて間仕切りのみにする

平屋を設計する際に子ども部屋も作ってほしいと頼む人もいます。
しかし、子どもが成長してそのまま部屋を長年使い続けることもあれば、そうでもない場合もあります。
また、子ども部屋を作ったとしても、すぐに使用しないこともあるはずです。
そうなれば作った意味がなくなってしまうので、リビングや他の部屋を広くすることに空間を活かすのがいいでしょう。
それでも将来のために子ども部屋のスペースが欲しいという方は、間仕切りのみを設置しておくようにするのがおすすめです。
そうすることでいつでも子ども部屋として活用できるスペースがつくれてしまいます。

スキップフロアで立体的な空間に

1階しか存在しない平屋でもスキップフロアを設ければ空間に段差を作れます。
この段差は壁がないとしても空間を仕切ったように感じさせられ、平屋の魅力であるつながり活かした空間になります。
ほどよい仕切り具合だけではなく段差によって上がったスペースに収納を作れるところも魅力的な部分です。
立体感が生まれることで単調に感じてしまいがちな平屋に個性も出せることでしょう。
ぜひオリジナルで最高な住まいになるようスキップフロアも活用してみてください。

まとめ

今回は平屋が人気となっている理由と、平屋という造りが生きるアイディアを5つご紹介してきました。
ここでお伝えしてきた実例以外にも魅力的な平屋住宅はたくさん存在します。
自分好みの平屋空間が完成させられるよう、この記事を参考にしたり色んな間取りを見学して真似したりしてみましょう。