6畳でおしゃれな子供部屋を作りたい!おすすめレイアウト集

子供部屋

一般的に子供部屋にベッドやデスクなどを置くとなると6畳は必要です。
せっかく6畳の子供部屋を作るのであれば、おしゃれな空間にしたいと家具やレイアウトにこだわりたいものです。
しかし、実際に子供部屋を作るとなると、おしゃれな部屋にする方法が分からない、レイアウトが決まらないと悩まれる方が多いでしょう。
今回は6畳の子供部屋をおしゃれにするポイントやおすすめのレイアウトをピックアップしてご紹介します。

6畳でおしゃれな子供部屋を作る時のポイント

子供部屋

ベッドやデスクなどを置くとなると6畳は必要ですが、家具が幅を取るので窮屈さを感じる場合があります。
そのため、オシャレな子供部屋にしたい時は空間をすっきりさせること、使い勝手の良さ、配色などに工夫が必要です。
6畳でおしゃれな子供部屋を作る時に押えておきたいポイントをご紹介しましょう。

壁面などスペースを有効活用しよう

ベッドやデスク、クローゼットは生活に必須な家具ですが、大きいので場所をとりやすいです。
その上、計上によってはレイアウトしづらいという問題も発生します。
できるだけ省スペースですっきりさせたい時は、壁面のスペースを上手く活用と良いでしょう。
例えば、壁一面に収まる収納付きのロフトベッドであれば、寝るスペースと収納スペースをひとまとめにできるので、空間のスペースに余裕が生まれます。
ロフトベッドを2段タイプにすれば、2人兄弟・姉妹で利用できます。

長く使えるデザイン・色を採用する

子供部屋は子供が自立するまで使われます。
成長していけば好みも変わってくるので、今の好みだけを反映すると数年おきに模様替えが必要となり、なかなかのコストがかかってしまうでしょう。
そのため、今現在の好みよりも将来的なことを考えて壁紙や床、家具を考えていくと良いです。
例えば、シンプルに白いクロスに木製のナチュラルカラーの家具はシンプルな分、子供が大きくなっても使いやすいでしょう。
シックな雰囲気にしたい時はグレー系の壁紙やモノクロの家具にしてもおしゃれです。

差し色で可愛らしさをプラス

シンプルで清潔感のある子供部屋はずっと使えますが、物足りなさも感じやすいでしょう。
そこで、差し色をプラスしてみてください。
例えば、壁紙の1面だけ子供が好きな色にする、色付きの家具やカーペット、クッション、小物などを加えるだけでもシンプルに個性が加わります。
差し色も部屋の雰囲気や統一感も考えて選んでみましょう。

子供部屋に収納力は重要!

子供部屋にはおもちゃや勉強道具、クラブ・部活・習い事の道具、衣類など色々なものを収納しなければなりません。
収納力をアップさせるためだけに棚などの家具を導入すればますます部屋は狭くなり、レイアウトも難しくなります。
そのため、コンパクトな6畳部屋でも大容量の収納スペースを確保する工夫が必要です。
例えば、収納付きのベッドやレイアウトによってはデスクと一体式の多目的収納、小物が置ける壁面収納、ロフトを活用すれば十分な収納力を確保できます。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

6畳のおすすめレイアウト集

子供部屋

子供部屋をおしゃれにしたいけど、レイアウトがなかなか思い浮かばないという方もいるでしょう。
おすすめのレイアウトをピックアップしたので、ぜひ参考に考えてみてください。

シンプルイズベスト!

成長しても使える子供部屋小さい子供の部屋を作る場合、成長後も使えるレイアウトが望ましいです。
白やグレーなどモノトーンでまとめた部屋はシンプルですが、成長しても使いやすいところがメリットです。
家具も白やウッド系にすれば全体的にすっきりし、おしゃれ感が増します。
導入する家具は大きくなった後のことを考えて、収納力や機能性も重視して選ぶと良いでしょう。

女の子にピッタリ!ピンクのファブリックで統一

女の子らしく可愛い部屋にしたい時は、ピンク系のファブリックで統一感を出してみましょう。
ナチュラルテイストの空間でもカーテンやカーペット、寝具にピンクを使えば、可愛らしく華やかな印象になります。
ピンクも色々な色がありますが、部屋全体の雰囲気や子どもの好みに合わせて濃淡を変えると良いでしょう。

男の子にはダークトーンでかっこよくまとめる!

男の子はブルーやブラックなどダークトーンを好む子が多いので、壁紙や家具、寝具に取り入れてシックなデザインにしてみても良いでしょう。
落ち着きのあるダークトーンであれば、子供が大きくなっても似合います。
ただし、暗い印象になりやすいので明るい照明を採用したり、適度に彩りを加えたりすると明るい子供部屋にできます。

どんな子にも合いやすいナチュラルデザイン

木製家具でまとめると上品さや温かみのある空間に演出でき、性別な年齢なく合うレイアウトです。
例えば、部屋のコーナーにベッドや机を置き、その横に本棚やラックを置けば小物類をまとめて整理整頓できます。
部屋の中央に小さなラグを敷いてローテーブルを置けば、お友達を呼ぶ時に便利です。

カラーボックスで収納力アップ!

クローゼットや押入れがあまり大きくなく収納力に不安があれば、カラーボックスを活用してみましょう。
カラーボックス用のケースを使えば、ものを分けて収納できます。
また、縦置きか横置きにするかによってもカラーボックスの使い方は変わってくるでしょう。
天板をあえて付けず上部にツッパリ棒を付ければ、子供服が収納できる簡易クローゼットにもなります。
カラーボックス同士の間にツッパリ棒を使って衣類をかける、天板を乗せてデスク替わりにするなど、DIYで便利な家具にリメイクするのもおすすめです。

本棚でスペースを簡単間仕切り

6畳の子供部屋の空間を分けたい時は、本棚を間仕切りに活用すると良いでしょう。
勉強の集中力を下げないためにデスクと寝室のスペースを分けたい時や、兄弟・姉妹で1部屋を共有する際に間仕切りは便利です。
本棚なら収納スペースも確保できるので、カーテンやスクリーンよりも機能性があります。

ベッドを上手に活用し、収納スペースを確保!

ベッドは置くだけではスペースの無駄遣いとなるので、上手く活用していきましょう。
ベッド下に収納ケースを入れられるタイプなら、衣類や本、ちょっとした小物を収納できます。
ロフトベッドなら下に空きスペースができるので、カラーボックスやローチェスト、ローハンガーラックを置くスペースを確保でき、6畳でもゆとりのある子供部屋になります。

まとめ

家具を色々と置くと狭い印象になる6畳ですが、工夫次第でおしゃれですっきりとした子供部屋にできます。
子供が大きくなっても使う部屋なので、将来のことを考えてデザインや家具を決めることも大事です。
これから子供部屋を作る方は、ご紹介したポイントやレイアウトを参考に素敵な部屋を考えてみてください。