夢のような生活を叶えるアーリーリタイアとは?30代でも可能なの?

アーリーリタイア

仕事にストレスを抱える方や、早期で退職したい方の中には「アーリーリタイア」に憧れを持つ方もいるでしょう。
できることなら若いうちに退職して、その後はゆっくりと自分の時間を過ごしていきたいものです。
しかし、正規雇用の定年が70歳に延ばされるなど、仕事をしなければいけない期間は増えてきています。
年を取っても仕事を続けていきたい方もいれば、30代半ばで仕事を退職したいという方もいるでしょう。
実は30代でもアーリーリタイアをすることは可能です。
今回は、アーリーリタイアのメリットや30代でも可能かどうかをご紹介します。
30代でリタイアしたいと考えている方やアーリーリタイアについて興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。
アーリーリタイアについてしっかりと理解し、夢の生活を叶えましょう。

アーリーリタイアとは?

アーリーリタイア

まずは、アーリーリタイアの基本的な内容について説明していきましょう。
アーリーリタイアとは、定年の前に仕事を退職することを指します。

現在、正規雇用の定年は70歳までと定められています。
2021年3月までは60~65歳が定年であったため、そのイメージが強いかもしれません。
早期退職を考えていた方からすれば、定年がさらに伸びてしまって残念に思っている方もいるでしょう。
それだけ世の中では年を取っても現役で働きたいという方が多いことが分かります。
また、アーリーリタイアの他に「セミリタイア」という言葉も存在します。
一見同じような言葉にも見えますが、アーリーリタイアでは退職後は仕事をせずに生活していくのが基本です。
一方、セミリタイアは退職後もアルバイトをするなど、収入を得ながら生活していくことになります。

より自由な生活を求めるならアーリーリタイアを選択すると良いでしょう。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

アーリーリタイアのメリット

アーリーリタイア

次にアーリーリタイアをすることで得られるメリットについてご紹介します。
毎日の仕事から解放されるというだけで夢は広がるものです。
他にもどのようなメリットがあるのか解説していきます。

仕事のストレスから解放される

仕事をしていれば、毎日何かしらのストレスを感じてしまうものです。
例えば人間関係や仕事の責任など、人によって抱えているストレスは異なります。
アーリーリタイアをすることで、そういった仕事のストレスからも解放されるでしょう。

ただし、注意したいポイントもあります。
人生の中でほとんどの時間を職場で過ごすとも言われています。
そのため、職場で過ごす時間がなくなれば必然的に社会とのつながりも薄くなり、孤独感を感じてしまう方もいるようです。

自由な時間をたくさん確保できる

アーリーリタイアの大きなメリットの1つに、自分のために使える自由な時間がたくさんできることが挙げられます。
今まで仕事をしていた時間はすべて自由な時間に充てられるでしょう。
趣味や旅行に時間を費やすこともできますが、あまりにも時間がありすぎて退屈に感じてしまう方もいるようです。
また、自分のやりたいことをするには資金も必要になるため、アーリーリタイア後の時間を楽しむための資金を用意しておく必要があります。

新しいことを始めるきっかけにもなる

自由な時間ができれば、今までできなかった新しいことにチャレンジできます。
例えば、語学や資格の勉強や投資などです。
仕事をしていた時は忙しくてなかなか手を付けられなかった内容も、ゆっくりと向き合えるようになるでしょう。

30代でもアーリーリタイアできるって本当?

アーリーリタイア

30代でのアーリーリタイアを考えた際に不安となってくるのが、やはり金銭面です。
今後数十年近く働かずに生活するには、それなりの資金も必要となってきます。
こうした金銭面の問題から諦めてしまう方も多いでしょう。
しかし、30代の方でもアーリーリタイアは不可能という訳ではありません。
ここからは30代のアーリーリタイアについて説明していきます。

30代なら万が一の時も再就職しやすい!

30代でアーリーリタイアをすると、再就職しやすいというメリットがあります。
アーリーリタイアをした後も再就職したいという場合、30代という若い年齢であれば採用してもらえる確率も高いです。

年金を受給できる期間まで時間があるため、収入が必要になる場合も出てくるかもしれません。
そのため、生活に困らない程度の収入を再就職先で得ながら、時間に余裕を持って過ごすという生活も可能です。

必要な貯蓄額は?

30代でのアーリーリタイアには、資金や貯蓄が大切です。
30代ではまだまだ十分な金額の貯蓄できていないという方も多いでしょう。
また、年金を受給するまでの期間が長い点も問題です。
そのため、30代でアーリーリタイアをするには8,000万円~1億円の資金や貯蓄が必要になります。
これだけの資金がなければ、アーリーリタイアをした後の自由時間にやりたいことができない可能性が高いです。

30代のリタイアを可能にしたのは不動産収入!

30代の方が必要な額を満たしてアーリーリタイアするのは難しいでしょう。
もちろん、目標を持って生活をしていれば貯金はできますが、やはり8,000万円~1億円という金額は現実的ではありません。
しかし、アーリーリタイアをしたい30代の方でも資産形成ができる方法が存在します。
それは、不動産投資や株式投資などです。

これらの方法は自分の知恵や才能で資金を増やすことができます。
例えば、不動産投資をしていく上ではマンション経営などが考えられます。
いきなりマンション経営をするのはハードルが高くなりますが、コインロッカー設置やランドリーなら比較的始めやすいでしょう。

投資で安定的な収入が得られれば、余裕を持ってアーリーリタイアすることが可能です。
投資方法にも様々種類があるため、金額や状況などを踏まえて考えてみてください。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

まとめ

今回は、30代でのアーリーリタイアについて詳しくご紹介してきました。
仕事を早期退職し、ゆっくりと自分の時間を過ごしていくことを夢見ている方も多いでしょう。
アーリーリタイアには様々なメリットがあるものの、踏み切るには覚悟だけではなく資金や貯蓄も必要になります。
また、30代で安心してアーリーリタイアするためには、その後の収入源を得られるかが重要です。
アーリーリタイアした後に必要になる金額を理解した上で、資産形成を進めていくようにしましょう。