オンライン部屋探しはコチラ!

フリーレントとはどのような物件?メリットはある?

家

フリーレントとは、賃貸物件の家賃が一定期間無料になるというものです。
賃貸物件探しをしている中で、フリーレントという言葉を見聞きしたことがあるという人も少なくないでしょう。
しかし、家賃が無料になるフリーレントがどのようなものかよく分からないという人も多いです。
そこで今回は、フリーレントとはどのようなサービスなのか解説していきます。

フリーレントとはどのような物件なのか

家

まずは、フリーレント物件がどのような物件なのかという点からみていきましょう。
フリーレントとは、家賃が一定期間無料になる契約のことを指しています。
その期間は具体的に決められているわけではなく、入居までの日割り家賃分、2週間分が無料になるというケースもあります。
それだけではなく、物件によっては1ヶ月~3ヶ月間もの間家賃が無料になるケースもあるのです。
家賃を最初だけ無料にできる物件として提供されているとはいっても、家賃が相場より高い、部屋に何か事情はあるといったネガティブな要素があるわけではありません。
そのため、積極的に利用したい仕組みということになります。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

フリーレント物件のメリット

家

フリーレントの賃貸物件には魅力的なメリットがあります。
続いては、具体的にどのようなメリットがあるのかいくつかピックアップしてご紹介します。

2重家賃が発生しない

1つ目に紹介するメリットは、2重家賃が発生しないという点です。
借りたいと思えるような物件があったとしても、すぐに引っ越しができないケースは少なくありません。
その場合、気に入った物件をキープするために2重家賃を支払うことになってしまいます。
しかし、借りようとしている物件がフリーレントだった場合は、2重家賃の支払いをする必要がなくなります。
なぜかというとフリーレント物件には、家賃が無料になる期間があるからです。

初期費用を抑えられる

2つ目のメリットは、初期費用を抑えられるという点です。
賃貸借契約をする際に、契約する月とその翌月の家賃を初期費用として支払うというのが一般的なやり方になっています。
そのため、フリーレントの物件であれば入居時にかかる金銭的な負担を抑えることができます。
引っ越しにはお金がかかってしまいがちですが、入居時の費用負担を少しでも抑えることができれば、お金をかけない引っ越しを実現できるでしょう。

フリーレント物件のデメリットや注意点

フリーレントには様々なメリットがありますが、デメリットや注意点があることも知っておかなければいけません。
続いては、フリーレント物件が持つデメリットや注意点についてみていきましょう。

管理費や共益費は必要

フリーレントの物件を選んだ場合、家賃は一定期間無料になります。
しかし、仲介手数料や管理費、共益費はかかってしまいます。
仲介手数料は、家賃のおよそ1か月分を不動産会社もしくは仲介会社に支払うというのが一般的です。
ただし、UR賃貸や借りる物件が大家の所有物件、大家が仲介手数料を負担してくれるといった場合は、仲介手数料がかかりません。
管理費や共益費は家賃とは別物として考えられています。
つまり、初期費用として管理費や共益費は支払わなければいけないということになります。
賃貸物件によっては管理費や共益費が家賃に含まれている場合もあるため、予め支払いについて確認しておいた方が良いでしょう。
大家や仲介会社に、最初の支払いタイミングがいつなのか、いくら支払うことになるのかを確認することで不安を解消できます。

途中で解約すると違約金が発生する

フリーレント物件のデメリットには、途中で解約した場合に違約金が生じてしまうという点も挙げられます。
なぜかというとフリーレント物件は家賃を支払わずに済む期間がありますが、契約期間も定められているからです。
契約期間は物件によって異なりますが、2ヶ月分の家賃を無料にするから最低でも2年間は部屋を借りなければいけないといった条件が設けられているのです。
フリーレントの期間だけ借りて退去されてしまう大家にとって大きな損失になりかねないため、このような条件が設けられています。
もしも契約期間の途中で解約する場合は、フリーレント期間中の家賃や契約期間分の家賃などを違約金として求められます。
違約金の支払いを考えると、仕事の都合で急に引っ越しをしなければいけない人や長く住む予定がそもそもないという人にとっては、フリーレントはデメリットの方が大きいと考えられるでしょう。

相場と比べると家賃が高いことがある

フリーレント物件はそこまで家賃が相場からかけ離れているというケースが少ないですが、中には相場よりも家賃が割高になっている物件もないとは言い切れません。
フリーレント物件を所有している大家は、先行投資分を回収するために家賃を高めに設定しているケースがあります。
物件選びの段階で家賃が相場と比べて高すぎないか確認しておくようにしましょう。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

フリーレント物件がなかなか見つからない場合は交渉してみよう

家

フリーレント物件の数は地域によって大きな差があります。
賃貸物件探しをしている中で、希望に合うフリーレント物件がなかなか見つけられないというケースももちろん考えられます。
そのような場合は、交渉してみると良いでしょう。
家賃を下げてもらうための交渉や敷金・礼金の減額に関する交渉は難しい多いですが、フリーレントの交渉はそこまで難しくありません。
気に入った部屋があったら、「この部屋を借りたいのですが、1ヶ月だけでもフリーレントを付けてもらうことはできませんか?」と尋ねてみてください。
人気が高い部屋だと交渉をしても上手くいかない可能性があるため、とにかく聞けば良いというわけではありませんが、確認してみる価値はあります。
交渉するタイミングは、入居の直前がおすすめです。
なぜかというと、大家も借りてくれるかどうかわからない人よりも借りてくれそうな人の相談に乗りたいと考えるからです。
交渉をする際のポイントには、閑散期を狙うというものもあります。
閑散期は空室が埋まりにくいため、サービスをしてでも契約をしたいと考えるケースもあるためです。
もしも、フリーレントの交渉をしたいのであれば、閑散期を狙ってみてください。

まとめ

フリーレントとは、一定期間家賃が無料になることです。
入居して数週間分もしくは数ヶ月分の家賃が無料になることで、入居時にかかる費用に負担軽減ができます。
しかし、フリーレントならではのデメリットや注意点もあるため、それも把握した上で借りる必要があります。
特に、違約金に関しては要注意です。