不動産投資をするには何が必要?メリットとデメリットも紹介

この記事では、

  • 不動産投資に興味がある
  • 不動産投資のリスクについて知りたい

こんな方向けに、

  • 不動産投資とは
  • 不動産投資を始めるのに必要なもの
  • 不動産投資の流れ
  • 不動産投資のメリット・デメリット

について解説していきます。

そもそも不動産投資って?

不動産投資とは「利益をあげるために、物件を購入・運用すること」を指します。
利益をあげる方法には大きく「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」とがあります。
インカムゲインとは、家賃収入から毎月安定的に収益を得る方法。
一方キャピタルゲインとは、物件を購入した時以上の価格で売却するという方法です。
最近では、長い目でコツコツ収益を得ていくインカムゲインが主流となっています。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

不動産投資を始めるのに必要なもの

不動産投資を始めるために必要なものは下記の通りです。

  • ある程度の不動産投資に関する知識
  • 初期費用(物件購入、中古の場合はリフォーム費用)
  • 中長期的なスタンス

1つずつ見ていきます!

ある程度の不動産投資に関する知識

まず必要になるのは、不動産投資についての知識です。
そもそもどういった仕組みで利益を出すのかを知らないことには、不動産投資はできません。「キャピタルゲイン」「インカムゲイン」といった言葉の意味はわかっていた方が良いでしょう。

初期費用

それから必ず必要となるのは、初期投資です。
主に物件費用と、賃貸物件にするにあたってのリフォーム費用の2つがかかります。
無理のない資金計画を立てておきましょう。

中長期的なスタンス

マインド面で必要となるのが、中長期的なスタンスです。
不動産は預金などと比べて流動性が低く、困った時に即現金にはなりません。
不動産投資に対してじっくりと向き合う姿勢・余裕が必要です。

不動産投資運用の流れ

ここまで、不動産投資を始めるために必要なものについてご紹介しました。
ここからは、不動産投資をする実際の流れについて解説していきます!

STEP1:物件を購入する

まずは利益を得るための物件を選び、購入します。
この段階で利回りを予想して、収支計画を立てていきます。
投資である以上、初期投資以上の金額を回収できる計画を立てることが前提となります。

STEP2:物件のオーナーとして運用する

購入した物件で賃貸経営などをして、運用していきます。
ここでは管理業務が発生します。規模にもよりますが、管理業務の外注を検討しても良いでしょう。

STEP3:物件を売却する

なるべく物件の価値が落ちる前に売却をします。
年度の変わり目など、需要の高い時を狙って売却することで、上手くいけば売却益を得ることができます。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

不動産投資のメリット・デメリット

ここまで不動産投資の流れをご紹介してきました。
ここからは、不動産投資の資産運用としてのメリット・デメリットについて解説します。

不動産投資のメリット

不動産投資のメリットは、株式投資や仮想通貨などの他の資産運用と比べて、安定した収入を見込めることです。場合によっては売却益も得られます。
不動産投資はミドルリスクミドルリターンの投資方法と言えるでしょう。

不動産投資のデメリット

不動産投資にはメリットがある一方で、リスクも伴います。
例えば、思うように入居者が入らない場合です。このような時は、入居の条件を緩めるなどしてリスクを抑える必要があります。
他には、災害のリスクが挙げられます。
地震や火災に強い物件を選ぶことはもちろん、万が一に備え保険に加入しておくことが大切です。

まとめ

この記事では、

  • 不動産投資とは
  • 不動産投資を始めるのに必要なもの
  • 不動産投資の流れ
  • 不動産投資のメリット・デメリット

についてご紹介しました。
不動産投資を検討する際には、ぜひ参考にしてください。