転勤予定ならリロケーションを活用しよう!利用方法と注意点もご紹介

リロケーション

転勤・赴任する予定があるという方は家を頻繁に手放すことに不安を感じていませんか?
今回はそんな方の悩みを解消する「リロケーション」についてご紹介していきます。
リロケーションの特徴と利用の流れ、さらに覚えておくべきポイントにも触れていくので、気になる方はぜひご覧ください。

リロケーションについて

リロケーション

リロケーションは非常に便利なサービスで、利用を検討する人も多いです。
まずはリロケーションがどういったサービスなのか説明していきましょう。

留守中の自宅を賃貸するサービス

リロケーションは留守中の賃貸を賃借人が第三者に貸し出すサービスです。
転勤がある方には特に魅力的なサービスで、転勤中の自宅が空き家状態になったとしても賃料を払うことはありません。
転勤中は貸した住居の家賃収入を得ることができてしまいます。
つまり、リロケーションは入居者が行える空き家の運用方法です。

定期借家でより利用しやすくなった

このリロケーションは借地借家法の改正によって定期借家が可能になりました。
定期借家とは、貸し出す前に最初から期間を定めて賃貸契約することです。
期間が満了したら当然契約が終了し以前住んでいた住居人が帰ってきます。
そのため、賃貸を空けてすぐに以前の住居人が住めるようにしなくてはなりません。
定期借家があるからこそ、出張から帰ってきてすぐに元居た住居に住むことができます。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

リロケーションの利用方法

リロケーション

リロケーションを実施するためには、いくつかの手順を踏まなくてはなりません。
続いてはその流れについて解説していきましょう。

まずは会社選び

リロケーションを実行に移すためには、最初に会社を選ばなくてはなりません。
リロケーションを得意とする管理会社や不動産会社を探すことで、自身が望む定期借家が可能になります。
リロケーションを行う会社の中にはリロケーション専門会社もあります。
専門会社である方が実績は多い傾向にあるため、安心して賃貸を第三者に貸し出すことができるでしょう。
ただし、会社によって対応が異なるので、複数社訪ねてみて冷静に判断してから決めていくのがおすすめです。

クリーニング・リフォームを依頼

リロケーションの実施が決定したら必要に応じて自宅をクリーニングしてもらいましょう。
自身の力だけでは綺麗にできなかった部分も、クリーニングを利用することで見違えるような空間に生まれ変わります。
部屋を綺麗にしておくことで留守中の入居者も決まりやすいです。
クリーニングする必要があるかどうかは自分の判断だけではなく、管理もできるリロケーション会社に相談することも重要となります。
場合によってはリロケーション会社からお得に利用できるクリーニングサービスを紹介してもらえることもあるので、ぜひ相談してみましょう。

入居者募集をかける

続いて入居者の募集を行っていきます。
入居者募集はリロケーションの手順の中でも非常に大事なものになっており、もし入居者が見つからなければ出張で離れる賃貸を完全に明け渡すしかありません。
つまり定期借家ができなくなり、出張から戻ってきた以前と同じ賃貸には住めず別の住居を見つけなければいけないということです。
入居者の募集はリロケーションの契約を行った管理会社が代行してくれます。
管理会社は入居条件に沿った広告・宣伝を行い、募集をかけていきます。
問い合わせや内覧対応、入居審査といったことまで行う必要があるため、実際に入居するまでには時間もかかるので注意しましょう。

入居者が決まればリロケーション開始

入居者が見つかったら物件オーナーと入居者が賃貸借契約を締結します。
そして物件オーナーが管理会社と代理委託契約をすることで、正式な契約が完了しリロケーションの期間がスタートするのです。
転勤中の方に家賃収入が入るタイミングは、契約で決めた期日になります。
管理会社へ支払われる管理委託費用が引かれた金額が、収入として指定の口座に送金されるようになっています。

リロケーション検討者が覚えておきたいこと

リロケーション

最後にリロケーションを行う前に覚えておきたいことをお伝えしていきます。
以下のポイントを踏まえてリロケーションの準備を進めていきましょう。

余裕を持って行動に移すことが大事

リロケーションは転勤直前に行ったとしてもうまくいきません。
理由は、期間中に住む入居者が簡単に見つかるわけではないからです。
リロケーションを活用する場合には、転勤する方の転勤が決まったタイミングで管理会社や不動産会社に相談しに行くのがおすすめです。
時間に余裕があれば収入を得られる期間も長くなりやすいので、ぜひ余裕を持って行動に移していきましょう。

複数社に見積もってもらう

リロケーションを依頼する会社を1社に絞る前に、複数社見積もっておくのが成功のポイントです。
複数社見積もる際は、契約期間に注目してみてください。
自身の赴任期間に適した契約期間である会社を選ぶのがおすすめです。
場合によっては契約期間を柔軟に調整してくれる会社もあるので、気になったら相談してみましょう。

実績のある会社か確かめる

会社を選ぶ際は実績のある会社であるかどうかも大事です。
実績が多ければ多いほど満足いくリロケーションの成功につなげてきたことが分かります。
自身のリロケーションもきちんと家賃収入が得られて、契約期間にズレが生じないように実績が多い会社を選んでみてください。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

まとめ

今回は賃貸に住む人にとって覚えておいて損はない、リロケーションについてご紹介してきました。
これから出張や海外赴任があるかもしれない人にとっても利用したくなる手法と言えます。
家を留守にしている間は別の人が払う賃料が収入として入ってきますし、契約期間を定めて貸していることから、出張・赴任から帰って来てすぐに元の場所へ再度住み始めることも可能です。
こうした様々なメリットがあるリロケーションは、きちんと手順を踏まなければいけませんし、会社を選ぶ際は注意が必要となります。
早めにリロケーションの準備を行っておくことで、安心して住居を離れて出張でき、なおかつ家賃収入を得られる期間も長くなります。
ぜひ最後にご紹介してきたポイントを押さえて、満足いくリロケーションを実施しましょう。