マンションを売るタイミングはいつ?高く売るコツとは

マンション

憧れの住まいとして購入したマンションも時間が経つと共に、引っ越したい・手放したいと考える人もいるでしょう。
今回はマンションを売るに相応しいタイミングをご紹介していきます。
高く売るコツについても触れているので、マンションを売却したいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

マンションを売るタイミングは物件によって異なる

マンション

マンションを売るに適切なタイミングかどうかを図るには、以下の4つの点を考慮することが重要になってきます。

相場

マンションを売るタイミングを図るには相場が大事になります。
相場は毎年公表される地下公表や地価調査、不動産価格指数からある程度把握することが可能です。

価格の推移を把握しながら、少し先の相場の動きを予測していきましょう。
1月~3月は売り出し時期となるので高値が付く傾向にあります。
売れやすい時期なども踏まえてタイミングを見定めていくことが大事です。

周辺環境

周辺環境に変化があった場合は不動産価格も変化する傾向にあります。
当然マンションの価格も変動しやすく、頻繁に変化が生じる場所は周辺の土地開発状況も把握しておくようにしましょう。

マンション近くに新たな大型商業施設がオープンする、道路の整備が行われるなどのタイミングは特にチャンスです。
このように生活にプラスとなる変化は需要が高まり購入者も増えやすくなります。
逆に、複数の飲食店が閉店した、大手企業のオフィスや工場が移転した、少し離れた地域が活性化してきているなどのマイナス要素があると価格は下がってしまいます。

築年数

マンションは築年数が浅ければ浅いほど高く売却できるようになっています。
そのため、中古マンションという括りであっても10年未満であれば内装のダメージや建物自体の劣化がほとんど気にならない程度となっているので、比較的高値で売却できるでしょう。
ただし10年未満であっても物件の使い方次第では売値が低く見積もられるケースもあることから、築年数ばかりに注視しないことが大事です。
また、築10年~築25年未満の建物であると中古マンションの中でもニーズが高く、高値をまだまだ狙える物件と言えます。
築25年以上の場合には建物自体や設備の老朽化も進むため、修繕してから売りに出す方が高値も期待できるでしょう。

駅からの距離

駅から近い物件は人気があり、高いリセールバリューを誇ります。
駅から徒歩5分以内となれば110%、10分以内の場合には102%、15分以内では96%といったように、価格維持率が変化します
駅近のマンションとなれば売却値アップも期待できるでしょう。
中古マンションであっても高値が付きやすいです。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

住まいへの価値観の変化も売却に影響する

マンション

マンションを高く売るために気を付けたいタイミングですが、適切となるタイミングは素人では判断できません。
マンションを高く売るために必要な条件を複数満たしていても、高値にならなかったケースはたくさんあります。
それは、住まいへの価値観が時代の変化と共に訪れるためです。
8年前に購入した比較的新しいマンションであっても、管理が行き届かず共用部分が汚い、部屋のデザインが好まれないという場合には、予想よりも価格が上昇しないこともあります。
また、駅近マンションであっても最近はリモートワークを行う会社が増えたことから、駅を利用しないという人が増えています。
価格上昇に関係してくる要素として挙げてきましたが、あくまでも要素でしかありません。
住まいの価値がどれだけあるのかは複数の不動産会社から正しく査定してもらうことが大切です。

高く売るためのコツとは

マンション

ここからはマンションを高く売るコツについて説明していきましょう。
大事になってくるのは売却するタイミングと依頼する不動産会社です。

不動産価格上昇時は新居購入後に売る

マンション売却の悩みでよく相談に挙がるのが、旧居の売却を先にするか、新居の購入を先にするかという問題です。
これは、一概にどちらを優先すべきなのか断定するのは難しいですが、大事なのはタイミングです。
もし不動産価格が上昇中であれば新居購入後にマンションを売るようにしましょう。
逆に下がっている傾向にある場合には売りを先行にすることで、価格が下がりきる前に旧居を手放せてお得です。

価格が上がっている時は売却時期を遅らせて、先に新居の購入を行ってみてください。

マンション売却が得意な会社を選ぶ

不動産会社には新築マンションの分譲、賃貸の仲介をメインにしているなど、様々なタイプがあります。
幅広く事業を手掛けている会社もありますが、マンション売却において信頼できるのは、やはりマンションの売却を専門的に行っている会社です。
“実績豊富=得意”に必ずつながるものではありませんが、マンションの仲介を多く扱っているかどうかは、安心して売却を任せられる要素の一つになります。

さらに不動産会社選びでは、売却予定マンションが建つエリアに強いかどうかも重要となります。
どのエリアの物件を扱っているのか確認してみましょう。

知識や経験が豊富な会社を選ぶ

知識や経験が浅い不動産会社はおすすめできません。
いくら高額な買取価格を提示している場合でも油断は禁物です。

高い査定金額で知識や経験が豊富でないことを隠している可能性があるからです。
思わぬところで追加費用が発生する、見積もり額が下がった、裏で実はトラブルが起きていたなどの可能性もあるので、大切な資産の売却に関わる不動産会社はなるべく実績を見ておくようにしましょう。

査定価格の根拠を明確にする

マンション売却先を決める際は複数の不動産会社に査定を依頼する方がほとんどです。
査定価格は会社によってバラつきやすく、できることならば高値で買い取ってくれる会社を選びたいと思うでしょう。
しかし、査定金額ばかりに左右されてしまってはいけません。
理由は、不動産会社側は査定価格を高めに設定することで売主に選んでもらいやすくなること理解しているからです。

どうして査定価格のようになるのか根拠を明確にしてもらうことで、本当に選ぶべき会社であるかどうかが判断できます。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

まとめ

今回ご紹介してきたマンション売却に相応しいタイミングや高値を目指せるコツは、知っていて損はありません。
時代の変化により高値となる条件も変わっていく可能性はあるものの、マンション売却に必要なこれら基本知識を覚えておけば、実際手放す場面でもアピールポイントとして話せたり、不動産会社選びに失敗したりしないでしょう。
ぜひ今回の記事を参考に、狙い通りもしくは期待を上回る売却を目指してみてください。