オンライン部屋探しはコチラ!

初めてで分からない!中古マンションを売却するときの流れとは?

転勤などによって、持っている中古マンションを売却する機会に遭遇したとき、初めて中古マンションを売却するのは不安なものです。どのようにして売却するのか、手続きや流れは経験がない限り分からない方がほとんどだと思います。

ここでは、中古マンションを売却するときの流れについてご紹介します。

中古マンションを売却するときの流れ

売却査定を頼む

不動産業者に、どの程度の価格で持っている中古マンションが売却できるかについて売却査定を頼みます。
不動産業者は、売却査定を頼まれた中古マンションと同じような物件の成約価格、売り出し価格、近くのマンションの成約価格、売り出し価格などを調べて、最新の中古マンションの市場動向を考慮して、売却査定の価格の提示してくれます。

媒介契約を結ぶ

中古マンションを売却するには、媒介契約を不動産業者と結ぶ必要があります。
なお、媒介契約とは、不動産を売買したりするときなどに、売買する当事者の間に宅地建物取引業者が入って活動するもので、買主と売主と宅地建物取引業者との間で結びます。
媒介契約としては、一般媒介、専任媒介、専属専任媒介の契約があり、特徴がそれぞれ違っているため、不動産業者に詳しく確認しましょう。

販売するために活動する

不動産業者が、中古マンションを販売するために活動します。
中古マンションを探している人に物件を紹介したり、ネットやチラシなどを利用したりすることによって、幅広く買いたい人を募集します。

売買契約を結ぶ

契約条件などを中古マンションを買いたい人と調整して、買主と売主が了解すると、売買契約を結んで、買主は手付金を売主に渡します。

残金を決済して物件を引き渡す

残金を決済する日は、同時に物件の引き渡し、所有権移転登記申請書類の手続きなどを行います。

確定申告を必要なときは行う

中古マンションを売却すると、確定申告が必要になるときがあります。
確定申告が必要になるのは、税金を納付する必要がある人、税金の特例を使う人です。
中古マンションを売却すれば、税金がかかるときと税金がかからないときがあります。
非常に高く中古マンションが売却されたときは税金がかかり、あまり高く中古マンションが売却されなかったときは税金がかからないというような感じです。
なお、非常に高く中古マンションが売却されたときでも、マイホームを売却するときは税金が少なくなる特例があるため、この特例を使えば税金がかからないときが多くあります。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

まとめ

ここでは、中古マンションを売却するときの流れについてご紹介しました。
初めて中古マンションを売却するときなどは、ぜひ参考にしてください。