マンション売却の流れを4ステップで徹底解説

マンションの売却を検討している人の中には、具体的にどのような流れでマンションを売却するか分からない人も多いでしょう。そこでこの記事では、マンション売却の流れを4つのステップに分けて解説します。

マンション売却のステップ

マンション売却を検討している人はぜひ参考にしてください。

ステップ1:不動産会社へ査定依頼

ステップ1は不動産会社への査定依頼です。査定依頼とは、マンションがどのくらいの価格で売却できるかという目安を算出してもらうことです。
その査定価格を見てから、そもそもマンションを売却するかどうかを決め、仲介を依頼する不動産会社を選定します。
また、最近ではネット上で複数社へ査定依頼できる「一括査定サイト」を利用するケースが多いです。

ステップ2:媒介契約

ステップ2は不動産会社と締結する媒介契約です。媒介契約とは、不動産会社へ正式にマンション売却(仲介)を依頼する契約のことです。
媒介契約には以下3種類あり、それぞれ特徴が異なります。

  • 一般媒介契約
  • 専属専任系媒介契約
  • 専任媒介契約

通常は専任媒介契約か専属専任媒介契約を結ぶことが多いです。いずれにしろ、媒介契約を締結してから、本格的にマンション売却はスタートとなります。

ステップ3:売却活動

ステップ3は、マンションの売却活動です。売却活動は不動産会社の営業担当者が主導します。具体的には、ネットやチラシといった広告で検討者を集め、内見(物件見学)案内や交渉をします。
売主は、内見の日程調整や清掃などを行うものの、基本的には営業担当者に任せるので、そこまでやることはありません。
言い換えると、マンション売却では営業担当者は非常に重要なので、媒介契約を締結する不動産会社は慎重に選ぶ必要があるのです。

ステップ4:申込み~引渡し

ステップ4は、申込み・契約・引渡しです。検討者と売却価格などが合意できたら、検討者から申込を受けます。そして、申し込みから大体1週間以内に売買契約を結ぶという流れです。
売買契約に必要な書類作成や日程調整なども基本的には営業担当者がやってくれます。売買契約を締結したら、大体1か月~2か月以内にマンションを引渡して、マンション売却は完了となります。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

まとめ

このように、マンション売却は査定・媒介契約・売却活動・申込み・契約・引渡しという流れになります。その中でも媒介契約を締結する不動産会社選びは重要なので慎重に行いましょう。

そのためには、複数の不動産会社へ査定依頼して、優良な不動産会社を見極めることが重要になります。