マンションが売れない原因は?今すぐ見直したい売却のポイント

マンション

現在保有しているマンションを売りたい時、できるだけ早く売りたいと考える方がほとんどでしょう。
しかし、売れないと困っている売主は意外と多いです。
マンションが売れない原因も複数あるので、それを明らかにして見直す必要があります。
今回はマンションが売れない原因と見直したい売却ポイントをご紹介します。

マンションが売れない5つの原因

マンション

マンションが売れないのは、様々な原因があります。
自分の場合はどれに当てはまるのか確認するためにも、売れない主な原因5つを見ていきましょう。

売却価格や管理費・修繕積立金が妥当ではない

マンションの売却価格は売主の希望で決められるものの、あまりに高いと買い手がつかない可能性が高いです。
中古マンションは相場よりも安いものが売れやすい傾向にあるので、価格が高いと買主も限定されてしまい売れない原因につながるのです。
また、管理費や修繕費の高さも売れない原因になると考えられます。
どんなに購入費用が安くても、ランニングコストとなる管理費と修繕積立金が高いと買主の負担が大きくなり、お買い得とは思えず購入断念する事態が発生する可能性があります。
管理費と修繕積立金は合わせて新築だと2~3万円が相場です。
一方、中古住宅は現状維持のために費用がかかるため、新築よりも高めの設定となりがちで、個人の意思で変更はできません。
そのため、周辺のマンションと比べて高いようであれば、どうしてこれだけのランニングコストがかかるのか適切に説明し、コストに見合った管理をしているとアピールすることが大切です。

同じマンションや近くのマンションも売り出されている

同じタイミングでマンションが売り出されていると、競争率が高くなるので売れにくい傾向があります。
例えば、同じマンション内で複数の部屋が売りに出されている場合、角部屋や高層階などの部屋に人気が集中しやすいです。
また、間取りや設備が同じであれば、価格が安い方に流れてしまうでしょう。
周囲のマンションでも売り出しがある場合、そのマンションと比べてスペックが優れていたり、価格がお買い得だったりすると売れない可能性があるでしょう。
必要に応じて価格を下げたり、売却のタイミングをずらしたりするなどの対応が必要です。

築年数が古く、立地の需要も低い

築年数が古いマンションは新築や築浅マンションと比べて、古びた印象や設備が使いにくいなどの理由で敬遠されがちです。
また、購入後にリフォームが必要になり、買主はさらにコストがかかってしまうことも多いです。
他にも、立地的に需要が低いと売れないこともあります。
駅から近いマンションや生活便利施設が近場に揃っているマンションは、立地的な需要が高く人気があります。
一方、立地の需要が低いマンションは他の視点からアピールポイントを見つけ、宣伝していく必要があるでしょう。
例えば日当たりや風通しの良さ、治安が良いなど、歩道や街路樹が整備されているなど、住むメリットを伝えることが大切です。

内覧対応がうまくできていない

内覧対応が不十分だと魅力が伝わり切れず、交渉決裂に至る可能性があります。
例えば購入にあたり不安や疑問を持つ買主も多く、質問に対して納得のいく回答ができないと、悪い印象を与えてしまいます。
購入者は長く住むことを前提にしているので、将来も見越して丁寧に物件の情報を伝えましょう。
また、内覧に対応をする際は良い印象を与えるために愛想も大事です。
そして、部屋が汚いと大事に扱われてないという印象を与えてしまうので、きちんと片付けや掃除をしておきましょう。

不動産会社がしっかり対応してくれない

売却の仲介をしてくれる不動産会社の対応力はそれぞれ異なります。
対応力の悪い不動産会社だと価格査定で提示される価格が不適切であったり、集客に力を入れてくれなかったりする可能性が高いです。
また、エリアに精通していない担当者だと物件や環境と集客の方向性が一致せず、買い手が集まらない状況を生み出す可能性があります。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

今すぐ見直したい売却のポイント

マンション

マンションを売り出して3ヶ月以上経つのに売れない場合は、今すぐ売却を見直しましょう。
具体的にどこを見直すのか、売却ポイントをご紹介します。

安易に価格を下げない

相場を大きく上回る価格設定で売り出しているのであれば、見直しは必要でしょう。
しかし、売れないからと安易に下げてしまうのは良い方法ではありません。
値下げして売るのであれば、マンション購入の需要が高い時期を見計らった方が良いです。
一般的に2~3月は中古マンションの成約が集中しやすいので、1~2ヶ月前から値下げすると売れる可能性があります。
また、それ以外の期間はあらゆる手を尽くしても売れないのであれば、担当者と相談して価格を下げるようにしましょう。

物件の魅力を高めてから売却に出してみる

魅力と高めるというとリフォームを考える人も多いですが、それを実現するには色々とお金や時間がかかるのであまりおすすめできません。
どのように魅力を高めるかというと、住宅診断(ホームインスペクション)やハウスクリーニングといった方法があります。
住宅診断を依頼すれば、専門家が劣化具合や欠陥、改修が必要な部分などを調査してくれます。
劣化や欠陥がないことが診断から証明されれば、買主も安心して購入できるのでマンションの魅力アップにつながるのです。
また、内覧前にハウスクリーニングをすれば、水回りや汚れが目立ちやすい部分を綺麗にしてもらえます。
「クリーニング済み」と売り出しの広告にも表示できるので、買主の安心感につながります。

不動産会社選びも重要!

マンション売却を成功させたいのであれば、エリアに精通していて対応力の高い不動産会社を選びましょう。
対応力のある不動産会社であれば、価格査定でも不適切な価格を提示されることはありません。
また、エリアに熟知した担当者なら物件や周辺環境の特徴を踏まえた上で、ノウハウを活かして効果的な集客に専念してくれます。
積極的に売却活動を行ってくれる不動産会社を選びましょう。

まとめ

マンションが売れない原因には価格の設定や競合物件の存在、不動産会社の対応力など様々な問題があります。
売れずに悩んでいる方はご紹介したポイントを参考に見直してみてください。
特に大事なことは、信頼できる不動産会社を見つけることです。
マンションのあるエリアに強く、実績のある不動産会社と相談しながら、マンションが売れるように直しを進めていきましょう。