効率的にテナントを誘致するには?3つの方法を解説

テナント

テナント誘致のことをテナントリーシングと言いますが、効果的にテナントを誘致するにはどうしたら良いのかお悩みの方も多いのではないでしょうか?
実は、効果的にテナントを誘致するには、テナント誘致ではどのようなことが必要となるのかも事前に知っておかなければなりません。
その知識や事前準備を踏まえた上でテナントを誘致すると、効果的にテナントを誘致しやすくなるからです。
この記事では、テナント誘致において必要なことや、効果的にテナントを誘致する3つの方法を詳しく紹介いたします。
テナント誘致を効率的に行いたいと思っている人は、参考にしてみてください。

テナント誘致において必要なこととは?

テナント

まず始めに、どのようなことがテナント誘致において必要なのかから解説します。
テナント誘致では、主に3つのことが必要です。
テナントを誘致する前に、必要なことをしておきましょう。

現状を把握する

テナント誘致をする前に、現状を把握することが非常に重要です。
特に、ビルの築年数や設備の状態、競合ビルの賃貸状況・周辺環境など、現状のリサーチ・分析を行っておく必要があります。

その物件の土地や状態に合わせてテナントを誘致することで、長く入居してもらいやすくなるからです。
テナントの空きが多くなるほど利益が出なくなり経営が困難に陥るため、こうしたリサーチ・分析をしましょう。
定期的に現状を把握しながらテナントを誘致すれば、リスクを抑えやすくなります。

募集テナントの種類を把握する

募集テナントの種類を把握することも、テナント誘致をする上で必要不可欠です。
というのも、テナントには「店舗」「オフィス」「倉庫」の3つの形態があります。
飲食店やクリニック、アパレルは店舗に分類されます。
店舗においては、個人経営のお店やフランチャイズ、チェーン店と種類は様々です。
また、チェーン店といっても「ローカルチェーン(地域のチェーン店)」「ナショナルチェーン(全国チェーン店)」などと更に分類することができます。
こうしたテナントの種類を把握しておくことで、計画性を持ってテナントの誘致が可能となります。

どのような形態・種類のテナントを誘致するか考えながら誘致してみてください。

条件や適正賃料を煮詰めていく

テナント誘致において必要なこととして挙げられる3つ目のポイントは、条件や適正賃料を煮詰めていくことです。
条件や適性賃料を煮詰めずにテナントを誘致すると、経営者・入居者どちらにも良いことがありません。
良く考えずテナントを誘致した場合、たとえ入居してくれてもすぐにテナント離れしてしまったり、トラブルになったりしやすいです。
そもそも、テナント誘致にも失敗しやすくなってしまいます。
そうならないためには、募集するテナントの条件や適性賃料を煮詰めなければなりません。

・競合ビルや周辺ビルの業種別の賃料相場を調べて賃料決めの参考にする
・入居者へのアピールポイントを考える
この2つを行ってみてください。
また、相場よりも賃料が高くなってしまう場合には、かかる初期費用や敷金を抑えるための提案をすることもできるかもしれません。
競合ビルと差を付けられるような条件があるとテナント誘致しやすいです。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

テナント誘致にはどんな方法がある?

テナント

最後に、テナント誘致にはどのような方法があるのかを紹介していきます。
3つの方法を紹介するので、テナントの誘致をする際に参考にしてみてください。

REINSに登録する

1つ目のテナントの誘致方法は、REINS(レインズ)に登録することです。
REINSとは、国土交通省大臣に指定された不動産流通機構が運営を行う、不動産ネットワークシステムのことを指します。

「Real Estate Information Network System」の頭文字が名称となっています。
このシステムは不動産物件情報の交換が可能で、会員登録することで全国の不動産物件を閲覧・掲載できるようになるのがメリットです。
REINSに登録すれば、多くの不動産会社に物件情報を見てもらえるので、テナントを誘致しやすくなるでしょう。

不動産業者にサポート依頼することで、物件情報を掲載してもらえます。

募集チラシを出す

2つ目のテナントの誘致方法は、募集チラシを出すことです。
テナントを誘致する際、最近では直接チラシを配るのではなく、インターネットで募集をするのが一般的となっています。
しかし、募集チラシを出すことでもテナントの誘致は可能です。
効果的に誘致したいのであれば、デザインや文章の読みやすさなどにこだわったチラシにしましょう。
人目が多い店頭でチラシを掲示したり新聞の折り込みに入れてもらったりしてみてください。

不動産サイトに掲載する

3つ目のテナントの誘致方法は、不動産サイトに掲載することです。
1つ目で紹介したREINSは、会員登録をしないと情報の閲覧・掲載ができません。
しかし、不動産サイトならば会員登録をしなくても物件の情報を閲覧できるため、多くの人がアクセスしてくれます。
どの不動産サイトに掲載してもらうか迷った時には、テナントの物件を多く扱っている不動産サイトを選ぶのがおすすめです。
そうすることで、テナントの誘致がしやすくなります。

まとめ

テナント誘致で重要なのは、誘致前の事前準備です。
テナント誘致では、
・現状を把握すること
・募集テナントの種類を把握すること
・条件や適正賃料を煮詰めていくこと
この3つが必要となります。
この3つを行わずにテナントを誘致しても、誘致に失敗しやすくなってしまいます。
もし、誘致できたとしてもすぐにテナント離れしてしまったり、トラブルになったりしやすいです。
そのため、まずはしっかりと現状を把握してみてください。
ビルの築年数や設備の状態、競合ビルの賃貸状況・周辺環境など、現状のリサーチ・分析を行い、その物件の土地や状態に合わせてテナントを誘致しましょう。
また、募集するテナントの条件や適性賃料を煮詰めることで、テナントの誘致がしやすくなる上、長く入居してもらいやすいです。
・REINSに登録する
・募集チラシを出す
・不動産サイトに掲載する
などして、テナントの誘致をしてみてください。
紹介した方法を実践すると、効果的にテナントを誘致しやすくなるので、参考にしてみてください。