リフォーム済み中古物件ってどうなの?メリットや注意点を解説

リノベーション

近年、リフォーム済み中古物件に注目が集まっています。
誰もが新築住宅に憧れる!という流れに、変化が起きつつあるのです。
そこでこの記事では、リフォーム済み中古物件のメリット、リフォーム済み中古物件の注意点についてご紹介します。
住み替えや物件購入を検討している人に役立つ内容となっています。ぜひ参考にしてくださいね。

リフォーム済み中古物件とは

リノベーション

リフォーム済み中古物件とは、水回りや壁紙の交換、床の張替えなどのリフォームがされた状態の物件のことです。
販売されているリフォーム済み中古物件には、以下のようなものがあります。
前住人の退去後に、リフォームされた物件
不動産会社が中古物件を買い取り、リフォームを施してから販売している物件
また、間取りの変更や水回り・キッチンのグレードアップなど、元の状態以上の工事がされている場合には特に、「リノベーション済み中古物件」ともいわれます。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

リフォーム済み中古物件のメリット

リノベーション

新築物件や一般的な中古物件と比べて、リフォーム済み中古物件の良いところはどんなことでしょうか。
リフォーム済み中古物件の大きなメリットは、新築同等のきれいな物件に、リーズナブルに住むことができることです。
また、すぐに入居できることも嬉しいポイントです。
一般的な中古物件の場合に必要な、リフォーム会社とのやり取りといった手間・時間を無くすことができるのです。

リフォーム済み中古物件の注意点

リノベーション

リフォーム済み中古物件では、建物の老朽化に注意が必要です。
なぜなら、見えるところは綺麗になっていても、構造部の老朽化が進んでいるケースもあるためです。
では、そういった物件を避けるためにはどうしたら良いのでしょうか。
以下のような方法があります。
リフォーム施工時の写真や図面が残っているかを確認。しっかりと説明を受ける。
それでも不安が残る場合には不動産会社を介して、ホームインスペクション(住宅診断)を依頼するという手も。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

まとめ

この記事では、リフォーム済み中古物件について、そのメリットや注意点をご紹介しました。
構造部の老朽化のリスクはあるものの、
新築より手頃に綺麗な物件に住めること、
すぐに入居できることなどは大きなメリットと言えます。
近年人気が高まっている「リフォーム済み中古物件」
満足度の高い選択肢の1つになりうるのではないでしょうか。住み替えをする際には、ぜひこの記事も参考に検討してみてくださいね。