オンライン部屋探しはコチラ!

昔ながらの古民家を再生!古民家をリノベーションする際の利点!注意点とは?

古民家

皆さんは古民家を見てこの家に住みたい!
古民家で事業を経営したい!と思った経験はありませんか。
しかし、空き家だった古民家の場合、中を見てみると使える状態でない古民家が日本の田舎には多くあります。
しかし、古民家を新しく再利用するためにリノベーションして居住や飲食店・宿泊施設を行なっている人もまたたくさんいます。
今回は古民家のリノベーションについて事例を交えてご紹介していきます。

古民家をリノベーションすることは大変なのか?

古民家

皆さんの中には古民家をリノベーションするのは、とあるテレビ番組などをご想像しませんか。
男性アイドルグループが田舎の土地を買い、昔ながらの家を改装し、周りの放棄地を再生。そして農業してみる!
そのような人気番組がありましたが、古民家を再生するには次の点が大変だと言われています。

企業や団体でリノベーションをすることが一般的

古民家を一人でイチからリノベーションすることはとっても大変です。
多くの場合、企業や自治体の支援、また地域団体によって古民家がリノベーションされています。
その理由としては、一般的に古民家をリノベーションすると、一軒家を建てるよりも費用が多くかかるからです。
維持にもお金と時間がかかってきます。

想定外の事態が起こりやすい

古民家をリノベーションする際、床や壁を壊したところ、予想以上に腐食していた!というケースは多くあります。
そういった場合、計画していた以上に費用と時間がかかってしまいます。
特に古民家は当時の設計図が見つからないこともあるため、その場合解体をしてみるまでどのような素材がどこに使われているか分かりません。
古民家をリノベーションする際は事前に土台などを確認してから費用や工事期間を見積もることが重要です。

また、事前に確認をしたにも関わらず、想定外の自体が起こってしまうこともあります。
そういった事態が起こっても大丈夫なように、余裕を持って工期と予算を見積もることが重要です。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

古民家をリノベーションする際の利点

古民家

では、古民家をリノベーションする際の利点というのはどのようなことでしょうか。古民家をリノベーションする利点を見ていきます

昔ながらの古民家が利用できる

古民家をリノベーションする一番の魅力は、昔ながらの古民家が再利用できる点です。
解体するのはもったいない!と感じる古民家は日本の山奥に数えられないほどあります。
そして、それらの古民家は数年間利用されないことで腐食や利用価値が大幅に低下していくことでしょう。
立地も古民家の大きさも最高、そんな古民家を使えない状態にしてしまわないためにもリノベーションはとっても大切な取り組みです。

古民家が憩いの場となる

古民家をリノベーションする場合、地域の憩いの場や観光スペースとして利用されることもあります。
例えば、古民家をリノベーションして宿泊施設やカフェで利用した場合、地域の方が集まったり、観光でいらっしゃる方を受け入れる施設として利用することが可能です。
今まで空き家だったスペースが憩いの場となり、そこからコミュニティが生まれることも少なくありません。
古民家をリノベーションすることでその地域が再生する足がかりともなるでしょう。

梁など歴史を感じるものを再利用できる

リノベーションは今まであったものを再利用するため、梁(はり)や柱など、昔のものをそのまま使うケースも多いです。
昔の古民家では梁が立派な場合もあり、建てられてから数百年経った家の梁でも利用可能なケースがあります。
歴史を感じる素材を使って家を再生することによって、現代に多くあるハウスメーカーが作る家とはまた違う味が出てくるのです。

古民家をリノベーションする際の注意点

古民家

古民家をリノベーションする際の注意点として、リノベーション計画までできあがっていたのに、実際計画が進んでみると予想以上にトラブルがあり計画自体が中止になることが少なくないことです。
古民家リノベーションを計画通り行うために、次の点にはしっかり注意しておきましょう。

予想以上に費用がかかる

まず、古民家をリノベーションする際、予想以上に費用がかかってしまうパターンです。
一般的な家の場合は決められた寸法で統一されているケースがほとんどです。
しかし古民家の場合、長年の歴史により建物が歪んでいたり、部品を特注で用意する必要があったりと、新しい家を建てる場合とはまた違った問題が発生します。

また、使えると判断した部品についても思っていたより強度が足りずに、使えないということもあります。
予算を超えないためにも、最初の予算はあまり少なく見積もらないことが大切です。
予算に余裕を持って行うことが、古民家をリノベーションする際の注意点です。

防災設備などが必要になる

古民家をリノベーションする場合、防災設備などが新たに必要になってきます。
古民家が建った当時は必要なかった防火設備も、現代では法律で設置が義務付けられていることがあるのです。
火災報知器などの設置の際には、こうした法律による決まりも確認しながら設計・工事を行う必要があります。
また、古民家の場合、立地や条件など現代の建築基準の違反となってしまうケースもよく聞かれます。
当初は安全基準を満たしていない物件も、リノベーションが終わったあとには基準を超えるものにしなくてはいけません。
古民家を飲食店や宿泊施設とする場合は特に、安全基準に沿った設備が備え付けられているよう注意しましょう。

地主と交渉の必要

古民家を利用する場合多くの場合、持ち家でない場合地主との交渉が必要になります。
空き家の場合、地主が近所におらず、交渉のための手続きが長期化するケースも少なくありません。
また、古民家を管理している人がリノベーションについて同意しても、家族や親族から反対されることもあります。
古民家が多くある山間部の多くでは村文化があり、自分の土地を手放すことに抵抗がある人も多くいます。
最初は、リノベーションに同意していた人もいざ自分の土地を手放すとなった場合反対となってしまうこともあるでしょう。
そういった場合は、しっかりと話し合う時間が必要になることも覚悟しておかなくてはいけません。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

まとめ

今回は古民家のリノベーションについてご紹介しました。
今まで空き家だった古民家がリノベーションすることで新しい価値が生まれることはとても素晴らしいことではないでしょうか。
そして古民家を利用することで多くの空き家物件が無くなり、魅力的にその場所を思う人が増えることは素晴らしいことです。
古民家がある場所の多くは山間部や田舎であり、リノベーション行う場合には地域の人と良好な関係を築くことも必要です。
古民家をリノベーションをしたい方はぜひ、参考にしてみてくださいね。