オンライン部屋探しはコチラ!

古民家リノベーション物件を利用した投資は成功する?

古民家

一般的に中古物件を活用した不動産投資は利回りが高く、初期投資費用も抑えられることから非常に魅力的です。
最近では、中古物件の中でも築年数が50年以上の古民家も人気があります。
今後古民家のリノベーション投資を計画している人も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、古民家へのリノベーション投資は成功するのか解説していきましょう。

古民家リノベーション物件の魅力

古民家

古民家と言えば、やはり昔ながらの造りをしている典型的な古民家から、そこまで古いというわけではありませんが日本古来より伝わる建築方式で建てられた家をイメージするのではないでしょうか?
古民家リノベーション物件は昔ながらの雰囲気を残しつつ、新築と同じように現代に合わせた居住スペースへと生まれ変わっていることが多くあります。
まずは古民家リノベーション物件の魅力についてご紹介しましょう。

築年数が古くても耐久性は高め

古民家などの日本の建物は、想像している以上に寿命が長いです。
築年数がいくら古くても耐久性が高い造りとなっていることが多くあります。
京都の街並みを思い浮かべてみると分かりやすいでしょう。
京都の歴史ある街並みには、昔ながらの町家や町屋が多く存在しており、その多くはいまだに現役で使われています。
木造住宅だけでなく鉄筋コンクリート造も同様のことが言えます。
東京都内にある霞が関ビルは1968年に建てられましたが、現在でもオフィスビルとして健在です。
築年数が古い場合でもメンテナンスを適切に行っていけば耐久性は高く、現在でも使える資産となり得るのです。

既に多くのリノベーション事例も出ている

古民家物件のリノベーションは既に多くされており、事例もたくさんあります。
古民家物件はリフォームを重ねてきており、そのまま使えることもあるのですが、より現代の生活様式に合わせるために新しい設備を設置することも多くあるのです。
古民家特有の昔ながらの風情ある雰囲気を保ちつつ、利便性の高い物件とすることができます。
古民家リノベーションの例としては、一般家庭向けの民家に再生されることももちろんあるのですが、その風情ある佇まいからカフェや旅館などの施設に生まれ変わることも多くあります。

駅近物件とは違った魅力・需要がある

不動産投資と言えば、真っ先に思い浮かぶのはワンルームマンションや賃貸物件への投資用物件への投資ではないでしょうか?
そういった駅近物件と古民家は全く違った魅力と需要を持っているのです。
古民家物件のニーズとしては、一般的な住宅としてのニーズもありますが、田舎暮らしにスポットが当たっている昨今では別荘感覚で週末だけ利用するニーズも増えてきています。
それに古民家物件は駅近物件ではなく、むしろ郊外などの自然豊かな立地にあることが望まれていることが多いです。
古民家ならではの昔ながらの生活を理想としている人も現代社会では多くなってきていることから、一定数の需要は期待できるでしょう。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

古民家リノベーション物件で不動産投資は成功するのか?

古民家

古民家リノベーション物件の購入を検討する中で、本当に古民家リノベーションで不動産投資が成功するのかどうか不安に思う人もいるでしょう。
古民家リノベーションに関わらず、不動産投資には必ずリスクが付いて回ります。
では、古民家リノベーションのリスクやリターンなどを併せて考えていきましょう。

ミドルリスク・ミドルリターンの運用に分類

古民家リノベーション物件は、あらゆる投資商品の中ではミドルリスク・ミドルリターンの運用に分類されています。
投資商品の分類としては、株式投資やFXなどをハイリスク・ハイリターン、預金や国債などをローリスク・ローリターンと分けられます。
このミドルリスク・ミドルリターン自体は投資信託や不動産投資と同じ位置づけとなりますが、古民家リノベーションとなると初期投資費用を抑えつつ高い収益を期待できることから、投資信託や一般的な不動産投資よりはハイリターンが期待できる投資と言えるでしょう。

投資費用を抑えやすい

通常、不動産投資ともなれば新築物件購入時には他の投資商品に比べても多額の初期投資費用が必要となります。
新築物件以外にも旅館などを購入する際には数億円程の資金が必要です。
しかし、古民家物件であれば数億円もの資金は必要とせず数千万円程度で物件を購入しリノベーションを行うことが可能となります。
少なからず古民家らしい風情は残してのリノベーションとなるので、どの程度までリノベーションするかにもよりますが新築物件や旅館を購入するまでにはならないでしょう。
初期投資費用を抑えやすくなることで、低額投資ながら高い利回りを期待することができるのです。
また、都心部と異なり古民家のある郊外であれ土地の価値も都心部よりは低く設定されているため、購入しやすい金額となっているでしょう。

売却だけでなく、賃貸や宿泊施設としての活用も可能

古民家リノベーション物件へ投資した後、ただ単純に売却するのではなくリノベーション次第では賃貸物件や宿泊施設としての活用も視野に入れることができます。
古民家リノベーション物件は、自然豊かな郊外にあることが多いため観光地や温泉地が近ければ宿泊施設として運用すれば高収益化を目指すことも可能です。
もし購入した後に自身で古民家を利用する頻度が少なければ、利用しない期間に貸物件として貸し出すのも良いでしょう。
どのように活用するかで収益も変動してくるので、一概に売却だけを目的とせず賃貸や宿泊施設として活用する方法も視野に入れてみてはいかがでしょうか?

まとめ

不動産投資の中でも低額投資、かつ高収益化を目指すこともできる古民家リノベーションは成功しやすい投資だと言えるでしょう。
ただし、古民家のリノベーションを行う際には現代の建築方式とは異なっていることから専門の業者への依頼を行わなければならないことや、保存状態によっては販売できない状態である、もしくは予想以上に大掛かりなリノベーションとなってしまうことも留意しておく必要があります。
ミドルリスク・ミドルリターンの投資方法なので、投資初心者でも手を出しやすい投資ですがその古民家をどのように運用するかで収益も変わってきます。
運用方法を考えつつ、古民家リノベーションを検討してみてください。