コンロはやっぱりIH?ガスと比較し使用感を解説!

住まいを移るとき、ポイントとなりやすいのが部屋の設備条件。
その中でも必須設備であり気になるのがキッチンコンロです。代表的なキッチンコンロの種類にはIHクッキングヒーター・ガスコンロの2つがあり、それぞれ異なった動力源をつかっていることでその特徴も違ってきます。

実際につかってみたときの観点から、2つの違いについて解説します!

IHクッキングヒーターの魅力とは?安全性や火力について確認

十数年前にIHクッキングヒーターが初めて登場した頃は、「電磁波が心配」という不安の声がありました。
今では国際的なガイドラインが示されたことで、以前より問題にならなくなったようです。となると気になるのは使い心地です。

IHは、磁力で金属鍋の底を加熱する方法です。「熱くならない」と思われることもありますが、鍋底から伝わってくる熱で鍋自体やそれに接するコンロにも熱が伝わるのでだいぶ熱くなります。

メリットの1つは、鍋底だけを加熱する仕組みなので、部屋の温度はそれほど上がらず、特に夏場は快適に料理できることです。ガスコンロの場合、夏場の加熱調理は「灼熱地獄」とも言える暑さですが、IHなら2口同時に使ってもそれほど暑くなることはありません。

その他、

  • 「天板がフラットなので掃除がしやすい」
  • 「火を使わないので子供が使っても安心」
  • 「火力の調整がボタンなので簡単」

などのメリットがあります。

気をつけるべき点としては、鍋やフライパンは使える素材が限られるので、「IH対応」の製品を選ぶ必要があります。
ティファール等のセット商品をはじめとして、現在はたくさんの商品が売られていて入手に困るようなことはありません。一方で土鍋や、デザイン性の高いブランド製品の場合は「IH対応」でないこともあるので、調理器具に合わせて選ぶという方法もあります。

IHでは、フライパンを振ったり、浮かせたりはしないので、ある程度重さがあるほうが使いやすいですよ!

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

日々の光熱費とメリット

ランニグコストについてです。一概には言えませんが、オール電化であればガスの基本料金がなくなるので、その分は安くなります。
30分など同じ時間使用した場合、都市ガスのほうが使用料金は安いですが、IHは熱効率が高いため、調理時間は短くなります。結果、ランニグコストでは、ガスとIHで大きな違いはないと思います。

他に気をつけるべき点は、「停電のときは使えなくなる」ということです。自然災害のときには一般的に、ガスが止まるより電気が止まる可能性が高いです。
万一に備えて、ガスのカセットコンロを持っておくと安心ですね。

もっと手軽に使える「卓上IH」

ビルトインのIHクッキングヒーターと合わせて、卓上型IHもおすすめです。
IH用の鍋で兼用できるので、収納場所を取りがちなホットプレートが不要になります。
取っ手が外れるタイプの鍋やフライパンであれば、卓上用としてより使いやすいですよ。

値段はだいたい1万円以下。省スペースなので、ビルトインと合わせて使用するのもおすすめです。

まとめ

本体価格はガスコンロの方が安いことが多いですが、IHはメリットがとても多いです。

  • 子供が安全に使える
  • 料理経験が少なくても火加減が簡単
  • 部屋が暑くならず、主に使用する奥さんの負荷が軽減される

など、家族全員にそれぞれメリットがあります。家事をみんなで楽しく分担することにも一役買ってくれるのでおすすめですよ。