引越しの際の最低限のリフォーム!水回りをリフォームしたほうがいい理由とは?

今回は引っ越し後に必要な最低限の水回りのリフォームについてご紹介します。いつかは憧れのマイホーム!が欲しいけど、新築物件は高すぎる。という声も多く、中古物件は人気です。

この記事を読むことで水回りをリフォームしたほうがいい理由と最低限行ったほうがいい場所がわかるのではないでしょうか。

水回りをリフォームしたほうがいい理由

数ある依頼の中でも水回りのリフォームは実施される方が多いです。その理由としては「水回りの設備は日々新しくなり最新のものを取り付けたいと思う方」や「日常的に使うことも多く、汚くなりがちになる」という点があげられます。年配の両親と同居の場合はバリアフリーの設備を希望する方も多いです。

最低限のリフォームでおすすめの水回り場所

おすすめする最低限の水回りのリフォーム場所はお風呂・トイレ・キッチンです。それらの場所は日常的に利用頻度が高く、汚れが目立ちやすくなるためです。それでは各所のリフォームポイントを見ていきましょう。

お風呂は人気のリフォーム場所

お風呂のリフォームを希望する方の多くが「湯垢の汚れ」や「設備が老朽化」を気にしています。古い浴室は湯船に湯沸しや保温の機能がなかったり、お風呂の壁が旧式のものとなり、浴室が冷めやすかったりする場合が多いです。

また、両親との同居の場合には一番にバリアフリーを考え、浴槽に手すりを設置するなどのリフォームを選ぶ方もいます。浴室のリフォームをすることでお湯の保温機能が高くなって結果的に光熱費が安くなるなど、最新の設備に変えた方が経済的なケースも多いでしょう。

トイレは汚れやすいので人気のリフォーム場所

トイレは1日に数回使うのが当たり前なので汚れる場所です。特に清潔感を気にする方がリフォームをする場所です。また、将来両親との同居を考えてウォシュレットの設置や和式から洋式トイレへリフォームする方も多いです。トイレのリフォームで人気なのがウォシュレットの設置と壁紙の張り替え。トイレだけは新しくしたいという人も多く、水回りのリフォーム場所として人気が高いです。

キッチンは主婦や料理が好きなお客様から依頼が多い

最後にご紹介するのはキッチンのリフォーム。キッチンリフォームは主婦の方や料理を趣味とする方から人気があります。最近ではバリアフリーを考えて安全なガスから電気ヒーターに変えるお客様も多いです。電気ヒーターは一定の温度になったり、一定時間で加熱が止まったりする機能があります。また、揚げ物などで壁紙や床が油の汚れでシミになっていることも多く、リフォーム候補に上がりやすい場所です。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

まとめ

今回は最低限するべき水回りのリフォーム3箇所をご紹介しました。リフォームしたことで「水回りが綺麗になり引っ越してよかった」とか「友人を招いたら予想以上に綺麗だった!」という声が聞かれますね。気になったらまずはリフォーム会社さんに相談したり、リフォームを数多く経験している不動産屋さんに相談したりしてみましょう!