オンライン部屋探しはコチラ!

キッチンリノベーションにはどんな種類がある?事例や費用相場、注意点も解説!

キッチン

毎日のように使うキッチン。
特に料理好きの人にとっては、キッチンの充実度や使いやすさは日々の満足度に大きく影響しますよね。
そこでこの記事では、キッチンの充実度をアップさせる「キッチンリノベーション」について、ご紹介していきます。

具体的には、
●キッチンリノベーションの種類
●キッチンリノベーションの費用相場と期間
●後悔しないキッチンリノベーションのコツ
●DIYでキッチンのリノベーションをするには?
という内容です。
キッチンのリノベーションを検討する際には、ぜひ参考にしてください。

キッチンリノベーションの種類

キッチン

では、キッチンのリノベーションにはどんな種類があるのでしょうか。代表的なキッチンの形状をご紹介していきます。

壁付けキッチン(クローズドキッチン)

壁付けキッチンとは、壁に面して取り付けられたキッチンのこと。
従来のキッチンのレイアウトとして、広く日本で用いられてきました。
壁付けキッチンのメリットは、少ないスペースで設置できることが挙げられます。その分リビングのスペースを広くとることができるのです。

また、壁に面しているため汚れが四方に広がることはなく、掃除がラクラク行えることも嬉しいポイントですよね。
他には「もくもくと料理に集中できる」という効果も期待できます。

対面キッチン(オープンキッチン)

対面キッチンの代表的なものは「アイランドキッチン」です。
アイランドキッチンとは、作業スペースやシンクが壁から離れた配置になっているキッチンのこと。
独立した島のようなレイアウトであることから、アイランドキッチンと呼ばれます。
アイランドキッチンの特徴は、開放的かつコミュニケーションが生まれやすい造りになっていることでです。
例えば、複数人で料理をしたり、リビングでくつろぐ人と会話を楽しみつつ料理といったこともできます。
料理をしながら、子供を見守ることもできるので、子育て中の人にもおすすめです。

ペニンシュラキッチン・L型キッチン

「壁付けキッチンとアイランドキッチン。どちらにしようか迷ってしまう・・!」
そんな人に検討して欲しいのが、ペニンシュラキッチンやL型キッチンです。
ペニンシュラキッチンとは、左右のどちらか一面だけが壁に面した対面キッチンのこと。
キッチンが壁から半島(=ペニンシュラ)のように、突き出したレイアウトであることから、そう呼ばれます。L型キッチンとは、1面もしくは2面が壁に接したレイアウトとなっている、L字型のキッチンのことです。
それぞれの辺にコンロとシンクを分けて配置するデザインがよく見られます。

ペニンシュラキッチンやL型キッチンのメリットは、壁付けキッチンと対面キッチンの良いとこどりができること。
例えば、L型キッチンの1面を壁に、もう1面をダイニングに面して配置することもできるのです。
バランスの取れたレイアウトのキッチンだといえます。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

キッチンリノベーションの費用相場と期間

キッチン

では、キッチンリノベーションにかかる費用の相場と期間はどのくらいでしょうか。
かかる費用は、リノベーションの規模や箇所、設備のグレードによって大きく変わってきます。
ここではリノベーションの予算を、●50万円以下●50~150万円●150万円以上に分けて、それぞれにできることをご紹介していきます。

50万円以下でのキッチンリノベーション

キッチン丸ごとリノベーションは難しいですが、部分的な設備のアップグレードができます。
例えば、
●ガスコンロからIHクッキングヒーターへ
●レンジフードや水栓を最新のものへ
●食洗機を導入
などのリノベーションが可能です。

50~150万円でのキッチンリノベーション

キッチンを丸ごとリノベーションする場合には、このくらいの価格帯です。
キッチン本体のグレードや、どんな設備を導入するかによって費用は大きく変わります。
例えば、
●キッチンのサイズやグレード(スタンダード・ミドルグレード・ハイグレード)
●新たに設備を導入するのか(食洗機・オーブン・レンジフード等)
●壁や床、照明などの内装は変更するのか
こういったオプションやグレードによって費用には大きな幅が出ます。
予算とキッチンに求めることのバランスを考えて、検討してみてください。

150万円~でのキッチンリノベーション

キッチンの移動や、それに伴う配管工事が必要となると、このくらいの費用がかかってきます。
例えば、壁付けキッチンをアイランドキッチンへ変更する場合などです。
既存のキッチンの撤去、周辺の壁や床の補修など工事箇所は多くなるため、費用・工期ともに多めに見積もっておく必要があります。

後悔しないキッチンリノベーションのコツ

リノベーション

キッチンリノベで失敗しないためには、まずは自分がキッチンに求める条件や要望を明確にさせておくことが大切です。
キッチンのリノベーションにはたくさんの費用がかかりますから、目的意識をしっかり持つことは、リノベーションの満足度に大きく影響してきます。
そこで、キッチンリノベーションによく求められる要望をいくつかご紹介します。
自身がキッチンリノベーションにどんなことを求めているのか、価値観に近いものを見つけてみてくださいね。

導線を改善したい

「コンロから冷蔵庫が遠い・・。キッチンの導線をよくしたい!」
こんな悩みを持っている方もいるのではないでしょうか。
キッチンの導線はシンク・コンロ・冷蔵庫が三角形で結ばれるように配置された「ワークトライアングル」が理想とされています。
このようなレイアウトは、I型などの直線的なキッチンでは実現が難しいといえます。
ワークトライアングルを意識した、導線の良いキッチンとするなら、L型やアイランド型キッチンへのリノベーションがおすすめです。

ただ、マンションでは排水管を動かすことに制限がある場合もあります。
水栓の移動を伴うようなリノベーションには、注意が必要です。

収納をたっぷり確保したい

使い勝手の良いキッチンにするために、収納はとても大切です。
特に料理好きの方は、たくさんの調理器具や調味料の収納場所に、困ることも多いのではないでしょうか。
備え付けの収納やキッチンボードだけでは足りないという場合には、造作可動棚などの追加の収納も検討してみるのもオススメです。

安価に済ませたい

安価にキッチンリノベーションをするなら、キッチンの位置は動かさないことが前提になります。
間取り変更を伴うリノベーション配線工事や設備の移動に大きな費用がかかるためです。
また、リノベーションを始めてから、床や水回りが傷んでいることに気づき、追加費用が必要になることもあります。
安価なリノベーションをする場合でも、予算は余裕をもって用意しておくことが大切です。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

DIYでキッチンのリノベーションをするには?

キッチン

「収納を増やしたいけど賃貸なので、リノベーションは難しい」そんな時には、DIYでキッチン収納を増やすのはいかがでしょうか。
とはいえDIYにはハードルが高いイメージがある方も多いかもしれません。
そこで簡単にできるキッチンのDIYアイデアを2つご紹介していきます。

リメイクシートでキッチンを彩る

リメイクシートとは、いわばとても手軽な壁紙のようなもの。
裏面がシールになっており、裏紙をはがすだけで壁や家具に貼り付けることができるのです。

種類はたくさんあるので、
●木目柄でナチュラルな雰囲気のキッチンに
●カラフルなタイル柄でレトロ風に
●大理石柄で高級感のあるモノトーンキッチンに
などアイデアは無限大です。
また、粘着力が強すぎないためきれいに剥がすこともでき、賃貸でも安心して使えます。
リメイクシートは100円ショップでも手に入り、手軽にキッチンの雰囲気を一変させることができるため、キッチンDIYの一歩目としてもオススメです。

2×4アジャスターを使って壁面収納を

DIYリメイクシートよりは少し上級編ですが、実は「壁面収納」も釘やビスを使わずにDIYで作ることができます。
必要なものは市販の木材とアジャスターのみ。アジャスターは「ディアウォール」や「ラブリコ」などの商品が有名です。
DIYで作ったキッチン収納は便利なだけでなく、既製品よりも自分好みの見た目にできることも利点です。
ぜひ挑戦してみてくださいね。

まとめ

この記事では、
●キッチンリノベーションの種類
●キッチンリノベーションの費用相場と期間
●後悔しないキッチンリノベーションのコツ
●DIYでキッチンのリノベーションをするには?
という内容について解説しました。
キッチンのリノベーションを検討する際には、ぜひ参考にしてくださいね。