テレワークに向く小規模オフィス!実はこんなメリットが!

テレワークの導入に伴い、小規模オフィスを導入する企業が増えています。今回は小規模オフィス利用が増加している理由とそのメリットを見ていきましょう。

テレワークの必要性

まずは小規模オフィス利用が増加している理由から見ていきましょう。
親の介護などさまざまな理由で通勤できない社員の活用が盛んになってきていますが、そのような場合でも自宅でのテレワークなら、出勤をしなくても業務を進めることができます。また通勤時間が必要ないため、残業対策にもなりワークライフバランスにもつながります。さらに人口減で悩む田舎にとってもテレワークは大きなチャンスなのです。
この状況に加えて、新型コロナウイルスの影響で緊急事態宣言のもと外出自粛が求められている今、テレワークの必要性は高まる一方です。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

テレワーク導入時に向くオフィス

テレワークを導入するために広いスペースは必要ありません。スタッフの人数は少なく、必要なパソコンなどの機材も必要最低限で良いためです。またテレワークにすることで、これまで紙ベースで情報を保管していた企業もデータベースに変更する必要があります。このことからも資料などを保存しておくスペースも必要がなくなります。

そこで、社員の自宅をテレワークオフィスとして利用する、あるいは社員の自宅近くでアクセスの良い小規模のスペースを借りてオフィスとして利用し、テレワークを可能にする等の手段が考えられます。

テレワーク導入時に小規模オフィスを導入するメリット

今のオフィスでなく、別にオフィスを借りるの?と思われるかもしれませんが、オフィスを小規模にすることで、以下のようなメリットがあります。

コストを抑える

大規模なオフィスで大人数のスタッフが働いている場合は、それ相応の光熱費が必要になります。また人数分のパソコンやパソコン関連の設備などをそろえるとかなりのコストが必要になります。また自社ビルでない限り、広い場所を借りる家賃も必要です。

しかしオフィスを小規模にすることにより、これらのランニングコストを削減できます。オフィス用品やパソコンの費用を抑えることにより、より高性能な家具やパソコンなどを購入することも可能でしょう。また家賃を抑えることができるので、よりよい立地条件を選ぶこともできるでしょう。

環境負担の軽減

オフィスを小規模にすることにより、業務中の車の運転時間、エアコンやパソコンなどの利用時間などを減らすことにより、CO2の削減につなげることができます。

ほかにも、オフィスを小さくすることで、社員同士のコミュニケーションをとりやすくなるメリットもあります。会社や社員の負担を減らしながら、より質の高い仕事ができる空間を作り出すことができます。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

まとめ

ここでは、最近増えている小規模オフィス利用について、利用が増加している理由とそのメリットをご紹介しました。多様な働き方を推し進める以外にも、有事の際に業務が続けられる環境を用意することは重要な意味を持ちます。メリットをうまく取り入れられないか、オフィスの構築について今一度考えてみてはいかがでしょうか。