テレワークの普及によりオフィス分散が必要に

テレワークの普及によってオフィス分散の必要性が高まってきました。
オフィス分散とはサテライトオフィスやシェアオフィス、自宅を活用し、複数のオフィスに社員や設備を分散させる考え方です。
会議や打ち合わせなどはオンラインで行うため、社員がどこでも働けるというのが特徴です。
テレワークが普及してきた現在では、本社にリソースを集約させるよりも効率的であるとして注目されています。

オフィス分散の3つのメリット

ここではオフィス分散を導入することによって得られる3つのメリットについて解説していきます。

社員の満足度を向上させ、生産性を高めることができる

オフィス分散は社員の働きやすい環境を整えることができるため、満足度を高めることが期待できます。
社員の環境を改善させる代表的な例としては

  • 通勤時間を減らすことができる
  • 本社の近くに住む必要性がなくなる
  • 業務目的に適した働く場所を選択できるということが挙げられます。

社員の時間や働く場所などにゆとりが生まれ、仕事の生産性の向上に期待が持てます。

固定費を削減できる

オフィス分散により固定費を削減することができます。
削減できる代表的な費用は

  • 建物の家賃
  • 社員の交通費
  • 社員の住宅手当 です。

特に都市部の一等地に本社を構えている場合は不動産に高いコストがかかります。本社を縮小させ、郊外や地方にオフィスを分散させることで、コストを削減させることができます。
コストカットという観点からもオフィス分散は重要な考え方であるといえるでしょう。

BCP(事業継続計画)対策

オフィス分散はBCP対策につながります。
BCP対策とは、災害やシステム障害などの不測の事態が起こった場合でも、業務を継続できるようにするように対策することです。
たとえば、本社にオフィスを集約していた場合、社員が新型コロナウィルス等の感染症に感染すると本社を閉鎖しなければならず、業務の継続に大きな支障がでます。

しかしながら、オフィス分散していた場合、本社以外のオフィスで業務をカバーできます。
災害時のリスク分散という観点からもオフィス分散は重要な考え方です。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

まとめ

今回はオフィス分散の必要性やメリットについて解説してきました。
ポイントは

  • テレワークの普及により、オフィス分散の必要性が高まってきた
  • オフィス分散は社員の生産性の向上・コストカット・BCP対策につながるという点です。

働き方改革や新型コロナウィルスの影響、テレワークの普及などにより、働き方が大きく変わっています。