オンライン部屋探しはコチラ!

企業の感染症対策!分散にレンタルオフィスが使われている

新型コロナウイルス感染症の影響がまだまだ続いています。
流行が叫ばれてからというもの、企業は対応を迫られていますが、いまもなお3密対策が要求され、ビジネススタイルの変容が要求されています。

企業の感染症対策

新種の感染症は、いつ終息するのかを予測することができません。
新型コロナウイルス感染症はすぐには終息しないという見方もあり、企業は今後、「3密」、「ソーシャルディスタンス」という観点を踏まえた、新しいビジネスのあり方を開拓していかなければなりません。

感染症との身近なつきあいを迫られ、どのような対応策を考えていけばいいのでしょうか。オフィスをレンタルすることはその選択肢のひとつです。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

「テレワーク」で直面する問題

「3密」、「ソーシャルディスタンス」を踏まえた取り組みとして、テレワークが積極的に導入されようとしています。もちろんテレワークで、問題が解決することができればいいのですが、一方でいろいろな課題を直面していることもたしかです。

テレワークの場所が確保できない

すべての社員に対して、同じテレワークの環境が与えられていればいいですが、自宅環境は人によって様々です。しっかり書斎を持ち、そこで仕事をすることができれば良いのですが、例えばワンルームマンションに住んでいる若手の社員など、それが出来ないという環境の人たちは多くいます。

育児をしている家庭で、子供さんが騒がしい環境でテレワークをしなければならないという人たちもいます。そのような人たちは、テレワークというものの、なかなか仕事に集中することができません。

では、そのような人たちも快適に仕事ができる環境を整えるにはどうしたら良いのでしょうか?

レンタルオフィスで一時的に社員を分散

企業は、単にテレワークすることを押しつけるのではなく、しっかりテレワークできる環境が整っているかまで配慮して、社員をサポートしたいものです。

1つのオフィスの中で「3密」「ソーシャルディスタンス」を踏まえた、接触の機会を減らしたり距離を離したりする取り組みを行うことはなかなか難しいものです。
特に、中小企業の場合は、もともとそこまで広くない場所にオフィスを構えており、自由が効かないこともしばしばです。

そこで、一時的に短期間借りられ、オフィスを新しく用意するよりも安価に利用することができるレンタルオフィスがおすすめです。
すでに仕事に必要な設備が整えられていることが多く、清掃等管理の手間が極力かからないようにしているサービスが出てきているためです。

少し前までは、オフィスをレンタルするなんて融通がきかなくて面倒なことになりそうというイメージがあったかもしれませんが、今やパソコン一つで仕事ができる時代。社員に対して個々のスペースを確保することを最優先に、レンタルオフィスを利用することで、この局面を乗り越えるのも一つの手です。

今後の先行きが不透明だからこそ、次のアクションも取りやすい方法としておすすめなのです。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

まとめ

テレワークが今後、しっかり取り入れていかなければならないシステムですが、全部の社員がバラバラの環境に置かれてしまうシステムには、まだ不安を抱えている経営者の方々も多くいらっしゃることでしょう。

オフィスには集まれないが、自宅で仕事は難しい、そう考えられている経営者の方は、レンタルオフィスによって第3の場所を用意するという選択肢について検討してみてはいかがでしょうか。