在宅勤務も困らない!テレワーク向け賃貸住宅を利用する3つのメリット

テレワーク向けの賃貸住宅とは

「テレワーク向けの賃貸住宅」とは仕事のしやすい環境が整っている住宅のことをいいます。例えば

  • 仕事専用のスペースがある
  • 書類などを問題なく整理できる収納スペースがある
  • 閑静な住宅街にあり、騒音が気にならない

などが挙げられます。
今後もテレワークを継続する予定の企業に在籍している場合、賃貸住宅を変更することによって生活や仕事の質を向上させることが期待できますね。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

テレワーク向けの賃貸住宅に住む3つのメリット

テレワーク向けの賃貸住宅に住むことで得られる3つのメリットについて解説していきます。

仕事の生産性が向上する

テレワーク向けの賃貸住宅に住むことで、仕事の生産性を向上させることができます。テレワークに向いている賃貸住宅における内装の特徴は次の通り。

  • 収納スペースが十分にある
  • 遮音性が高い
  • インターネットの通信環境が良い
  • ワークスペースが充実している

これらの環境が整っている賃貸住宅にすることで、仕事に集中できる環境を整えることができますね!

生活コストが安くなる

物価の低い地域に住み替えると、生活コストを安く抑えることが可能です。毎日都心部の会社に通う必要がなくなるため、郊外や周辺の都道府県からの通勤でも問題ないというケースは多くなってくるでしょう。

実際に、2018年の消費者物価地域指数は、東京都104.4、神奈川県104.3となっており全国的にも非常に高い水準です。特に東京都は住居費が133.0となっており、全国平均よりも33%高いという結果になりました。

都心部と離れた地域で、かつ物価の低い地域に住んだ場合、住居費を主とした生活コストを下げることができ、金銭的にも生活にゆとりを持つことができますね。

快適な環境に住み替えできる

住居の選択肢が増えるため、快適な環境に住み替えることができます。
例えば

  • 都心部では騒音が気になるので、閑静な住宅街に住み替える
  • 保育園や幼稚園に近い地域に住み替え、育児と仕事の両立を図る
  • 海や山など自分の趣味ができる環境に住むことで、プライベートを充実させる

などがあげられます。
テレワークによって住居立地の選択肢が増えたため、育児や趣味など仕事とあらゆる両立がしやすくなってきました。より快適な環境に住み替えれば、プライベートも充実させることができますね!

まとめ

テレワークでは通期時間がなくなるため、住居の選択肢が幅広くなります。テレワークを前提としてより快適な環境に住み替えることで、生活や仕事の質を向上させることができそうですね。今後もテレワークを続ける予定の会社に勤務している場合は、ぜひ住み替えを検討してみてください。