オンライン部屋探しはコチラ!

中古マンションメゾネットの特徴とは?普通のマンションとの違い

メゾネット

中古マンションの中には、メゾネット型の物件も少なからず存在しています。
メゾネットと聞くと、よくドラマなどでも見るようなオシャレで豪華な部屋を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?
今回は、中古マンションメゾネットの特徴とメゾネット型のメリット・デメリットについてご紹介していきます。
今後、中古マンションの購入を考えているのであれば参考にしてみてください。

メゾネットタイプとはどんな物件?

メゾネット

中古マンション以外に賃貸物件でもメゾネット型の物件はあります。
そもそもメゾネット型の物件ってどんな物件なのか知らない人もいるでしょう。
まずはメゾネット型の物件について解説していきます。

メゾネットとは

メゾネットとは、フランス語の“maisonnette”という言葉が由来となっており、これは小さな家という意味を持っています。
通常、メゾネットは2階以上の階層のある居住空間内に階段が設置されている物件を指します。
内階段が設置されていることで1階と2階をつなぎ、マンションでありながら一戸建てに住んでいるような感覚を体験できるでしょう。
メゾネット型の物件は、マンションであれば1階部分に位置していたり、最上階に位置したりすることが多く、物件自体の数もそこまでありません。
高級なタワーマンションだけでなく、賃貸物件にもメゾネット型の物件はあります。
賃貸物件のメゾネットであれば、他の部屋もすべて同様のメゾネットとなっていますが、マンションの場合は一部をメゾネットにしていることが多いです。

メゾネットの種類

居住スペースが1階、2階とあるメゾネット型にはいくつか種類が存在します。
まずは、一般的に多いとされている1階と2階を合わせて1住戸とするタイプです。
上下に住戸を重ねているので、デザイン性の高いマンションなどでは最上階とその下の階でメゾネットとして設計されていることが多くなっています。
そして、3つのフロアを上下2つに分けるタイプがあります。
3フロアありますが、このタイプでは1階と2階半分のスペースで1住戸、さらに2階半分の残りと3階のスペースでもう1住戸作ります。
他にも、2階の住戸にルーフバルコニーがついているタイプのルーフメゾネットも存在しています。
ルーフメゾネットの物件はかなり少なく、マンションではなく賃貸物件で見られる間取りです。
また、1階のメゾネット物件であれば、庭がついている間取りもあるでしょう。
庭があれば、より一戸建ての雰囲気に近くなりますし、ガーデニングや子どもの遊び場としても活用できるスペースとなります。

ロフト付きとの違いは?

メゾネット型の物件は、1階と2階が存在しているのでよくロフト付きの物件と何が違うのかと思われがちですが、メゾネット物件とロフト付きの物件はそもそもの定義から異なっているのです。
ロフトは、建築基準法の中で居室空間として認められていないので、あくまでも「小屋裏物置等」の定義となります。
そのため、クローゼットなどの収納スペースと同じだとされています。
収納スペースであることから、エアコンが設置できなかったり、大きめの窓を設置することができなかったりします。
ロフトの面積についても制限が設けられており、居室スペースの半分未満にしなければなりません。
一方で、メゾネットは居室スペースであると認められていることから、エアコンや窓も制限なく取り付けられますし、面積についても特に制限は設けられていません。
ロフトはあくまでも、部屋のはしごを上ると少し広めの収納スペースがあるという認識です。
メゾネットであれば、部屋の中にある内階段を上がると違う部屋にたどり着けます。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

中古マンションにおけるメゾネットのメリットとデメリット

メゾネット

中古マンションを購入する際に、メゾネットも視野に入れている人もいるでしょう。
メゾネットは1階、2階と居住スペースがあることから魅力的にも見えます。しかしメリットも多くある一方で、デメリットももちろん存在しています。
そこで、ここからは中古マンションにおけるメゾネットのメリット・デメリットについて解説していきましょう。

メリット

メゾネットのメリットとしては、居住スペースが1階と2階に分かれていることで来客時にもプライベート空間を見せることなく迎えることができます。
特に、急な来客で掃除ができてない場合などにも非常に便利だと言えます。
また、メゾネットは上下の階を自宅とできるので騒音問題を回避しやすくなります。
小さい子どもがいる家庭の場合、ドタバタ走ってしまうこともあり、下の階への騒音が気になってしまうでしょう。
しかし、メゾネットであれば2階部分を子ども用の遊びスペースとすればドタバタしていても騒音問題とはなりにくいです。
他にも、生活時間帯が異なる夫婦であれば深夜に帰宅したとしても寝ている配偶者を起こさずに済んだり、オシャレな物件も多く洗練された空間で毎日を過ごすことができたりします。
ペット可となっている物件も多いので、ペットを飼っている、もしくはペットを飼う予定であれば自由度の高いメゾネットを選ぶと良いでしょう。

デメリット

メゾネットのデメリットとしては、第一に階段が挙げられます。
ワンフロアの物件であれば、階段を上る必要はありませんし、疲れている時や洗濯物を干す時などはどうしても面倒になってしまうでしょう。
引っ越し時にも、2階まで家具や家電を搬入する必要があるので、倍の労力、また業者に依頼しても数万円程がプラスされてしまうことも十分にあり得ます。
また、階段があることで小さな子どもや高齢者がいる家庭では転倒・転落のリスクがあります。
さらに、部屋の中に内階段があることで居住スペース自体が狭くなってしまうことも認識しておきましょう。
そして、1階と2階に分かれていることからネット回線にも工夫が必要です。
フロアが上下に分かれていることで、Wi-Fiも届きにくくなってしまいます。
届かないようであれば別途ルーターを設置する必要が出てくるでしょう。

まとめ

中古マンションでもメゾネットの物件はあります。どんな物件に住みたいか、フロアを分けたいかなどしっかりと考えて選ぶようにしましょう。メゾネットは非常に魅力的な部分も多いですが、その分デメリットとなる部分も存在します。デメリットを踏まえつつ、中古マンションのメゾネットを検討してみてください。