30代でセミリタイア!FIREを成功させるには?

セミリタイア

近年、セミリタイアやアーリーリタイアメントなどの言葉が20代や30代の比較的若い世代で語られるようになってきました。
経済的に独立している早期リタイアはFIRE(Financial Independence, Retire Early)と呼ばれており、見聞きすることが多くなってきました。
経済的な自由を手にし、自由な生き方を実現させることが大きな目的です。
今回は、30代でセミリタイアを実現させるために知っておきたいポイントについて解説していきます。

セミリタイアを成功させた人の共通点

セミリタイア

セミリタイアを成功させた人には共通点があると言われています。
まずは、その共通点から解説していきましょう。

具体的なプランを考える

30代でセミリタイアを成功させるには、夢を見るのではなく具体的なプランを考えることが重要になります。
「脱サラして経済的な自由を手にしたら、海が見える街で家族との時間を大切にしたい」といった夢を持つ人は少なくありません。
具体的に夢を持つとそれが現実化するというのも確かでしょう。
しかし、具体的な行動を起こすためには相応の知識がなければいけません。
実現を目指すためには、いつまでに実現するか期日を決めるのがおすすめです。

セミリタイアをいつにするか決められれば、セミリタイアをする夢も現実に近づいてきます。

セミリタイアの定義を明確にする

セミリタイアの定義を明確にすることも、30代で成功させるために知っておきたいポイントです。
若くしてセミリタイアを成功させている人の多くは、定義が明確になっているケースが多いです。

セミリタイアというと、仕事を辞めてから40年以上遊び続けることをイメージする人もいるでしょう。
確かにそのような生き方もありますが、それが必ずしも幸せとは言い切れません。
セミリタイアは、ただ辞めて遊び惚けるだけではなく、自分自身で事業を起こして収入を得ながら生活をするという定義があります。
つまり、会社という存在に依存することを止め、サラリーマンから引退することがセミリタイアということになるのです。
もちろん定義は人によって異なるので、あなた自身が30代でセミリタイアする目的は何か、はっきりさせておくようにしましょう。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

セミリタイアに適した資産運用とは?

セミリタイア

30代でセミリタイアをした後の収入源がないとどこかで生活が苦しくなってしまう可能性があります。
生活を支えるための収入源を得るために資産運用を考える人も少なくありません。
続いては、セミリタイアに適した資産運用についてご紹介します。

不動産投資がおすすめ

セミリタイアにおすすめしたい資産運用は不動産投資です。
不動産投資は、株式投資やFXなどの資産運用と比べてみると安定した収入を手に入れやすくなっています。
なぜかというと、不動産投資は株式投資などと違って安定した収入を得やすい仕組みが整っているからです。

家賃を10万円に設定した場合、翌月には12万円に上がり、翌々月には暴落して7万円になるといった事態は起こりません。
そのような事態になってしまうと、入居者も不安を抱えながら生活をしなければいけない状況となってしまいます。
オーナーも収入がどうなるか不安を抱えなければいけないため、安定した収入とは言えません。
しかし実際は、そのように家賃が数ヶ月の間に上下することはないため、不動産投資は安定した収入につなげられる資産運用なのです。

不動産投資を勧める理由

不動産投資というと、まとまった資金がある人しかできないと思っている人もいるでしょう。
確かに、まとまった資金があった方が投資の幅が広がります。
最後に、30代でセミリタイアを考えている人に不動産投資を勧める理由を開設していきます。

・サラリーマンは信用貯金がある
サラリーマンは、信用貯金があるので融資を受けやすくなっています。
資産運用をするための資金が潤沢でなかったとしても、コツコツとサラリーマンとして働いてきたならば信用貯金が貯まっていると考えられます。
不動産投資は銀行から融資を受けて行うケースが大半を占めるでしょう。
サラリーマンとして積み重ねてきた信用は、不動産投資を行うために融資を受ける際の強みとなります。

・将来的に社長を目指せる
不動産投資で取り扱う物件が増えていくと、税制面などを考慮して法人を作った方のメリットが大きいケースもあります。
法人の代表取締役になれば、それだけ実績を積み重ねてきた証にもなります。
そのため、不動産投資を拡大していきたいと考えている人は法人を作って社長になるのも良いでしょう。

・サラリーマン時代のスキルを活かせる
セミリタイアをして不動産投資を行う際に、特別なスキルが必要になるのではないかと不安になってしまう人もいるでしょう。
確かに投資に関する知識が乏しいと思ったような結果が出ない可能性もないとは言い切れません。
失敗してしまうリスクももちろんあります。
しかし、サラリーマンだった人がこれまでに培ってきたスキルを活かせるので大きな不安を抱える必要はありません。
企画書を作成するスキルがある人なら、金融機関から融資を受ける際に魅力的だと感じてもらえるような提案ができるようになります。
営業の経験がある人なら、コミュニケーションスキルを上手く活用して借り手や不動産業者と円滑なやり取りができます。
このように、会社員時代に培ってきたスキルや経験は不動産投資において役立つのです。

不動産投資は、まとまったお金が必要になる資産運用だと思われがちです。
確かに自己資金があるに越したことはありませんが、融資を受けられればどなたにもスタートするチャンスがあります。
30代という早い段階でセミリタイアをすると将来的な収入に不安を感じてしまうこともあり、躊躇ってしまう可能性も高いです。
しかし、会社員時代に培ってきたスキルなどを活かせる不動産投資であれば、安定的な収入も期待できるのでおすすめしたい方法となっています。

まとめ

30代でセミリタイアを目指す人は増えています。
サラリーマンを辞めたとしても、遊んで暮らすわけではありません。
自分自身で事業をスタートし、収入源を得ることを意味します。
あなた自身が持っているスキルや経験を活かしたビジネスのほか、資産運用で収入を得る方法もあります。
資産運用の中でもおすすめしたいのは、サラリーマン時代の知識を活かせる不動産投資です。
これからセミリタイアをしたいと思っている人はぜひ参考にしてみてください。