6畳でもダブルベッドは置ける?部屋を狭く見せないコツをご紹介!

ダブルベッド

ダブルベッドはシングルベッドとは違いサイズが大きいため、6畳の部屋を狭く見せないようにするには、レイアウトが非常に重要です。
今回は、6畳の部屋にダブルベッドの設置を考えている方に向けて、部屋を狭く見せないコツについてご紹介します。

ダブルベッドの寸法と6畳の部屋

ダブルベッド

ベッドにはシングル、ダブル、セミダブル、クイーン、キングなど、様々なサイズがあります。
部屋の大きさやそれぞれの体格に合わせて選ぶことが大切です。
では、そもそもダブルベッドとはどのようなサイズなのでしょうか?
販売しているメーカーによって多少大きさが異なる場合がありますが、一般的なダブルベッドのサイズは「横幅140cm×長さ195cm」となっています。
これはあくまでマットレスの寸法であり、フレームやヘッドボードが付くともう少し大きくなるため、最終的なサイズは各自で確認しておきましょう。
6畳の部屋は「360cm×270cm」となっており、空間を広く使うためにはベッドや家具をどのようにレイアウトするかが重要です。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

部屋を狭く感じさせないコツとは

ダブルベッド

寝室はリラックスできる空間にしたいと考える方はたくさんいます。
快適に過ごせるような部屋を作るためには、部屋の大きさを踏まえた上でレイアウトする必要があります。
では、6畳の部屋を狭く感じさせないためにはどうしたら良いのでしょうか?
ここでは、閉鎖感を与えないような部屋づくりのコツについてご紹介します。

家具選びにこだわる

空間を活かすためには、家具選びにこだわってみましょう。
特に、あまりスペースに余裕がないような部屋には、ロータイプの家具がおすすめです。
背の高い家具や中途半端な高さがある家具は空間を無駄遣いしてしまうため、なるべく避けましょう。
ロータイプの家具は、開放感のある広々した部屋に見せる効果が得られます。
ソファやテーブルなどは、ロータイプを選んでみてください。
また、どうしても背の高さがネックとなるシェルフなどは、背板がないものがおすすめです。
背板がないことによって後ろから光が通るため、圧迫感もありません。
また、使用されている素材に注目してみてください。
重厚感のある素材を使用した家具は、リビングなどで活用する分には問題ありません。
しかし、6畳の広さで使用するには圧迫感が強くなってしまうため、避けた方が良いと言えます。
おすすめの素材は、抜け感を作ることができるガラスや、自然を感じられるようなナチュラルな素材です。
ぜひ、こだわりを持って家具を選んでみてください。

色を統一する

広々した部屋を作るためには、色のまとまりが大切です。
使用する色が多ければ多いほど全体的なまとまりがなくなり、圧迫感のある空間になってしまいます。
そのため、部屋をレイアウトする際は、色を何色使うか決めておくことがおすすめです。
スッキリとした部屋を作るためには、ベースカラーが70%、テーマカラーが25%、アクセントカラーが5%という配分で配色を考えると、バランスが良くなります。
また、膨張効果がある白や、ベージュなどの淡い色は空間を広く見せるので、上手に活用してみましょう。
また、壁と家具の色をリンクさせることによって、奥行きを出すといった効果もあるため、工夫してみてください。
このように、視覚効果を最大限に利用して、レイアウトを考えることによって、見え方が変わってきます。

何も置かないスペースを作る

6畳の部屋を活かすためには、何も置かないスペースを作ることが重要です。
スペースが空いているからと言って、できる限り多くの家具をレイアウトすることはNGです。
特に、動線となる場所はある程度のスペースを確保しましょう。
部屋にメリハリをつけることによって、空間を広く見せられます。

レイアウトを考える

ダブルベッド

6畳の部屋を狭く感じさせないコツを踏まえた上で、次はダブルベッドのレイアウトを考えましょう。
サイズが大きい家具は、設置する場所次第で部屋の雰囲気がガラッと変わります。
ここでは、窓際、中央、手前に設置した場合についてご紹介します。

窓際に設置する

ダブルベッドを窓際に設置するメリットは、広い空きスペースを確保できることです。
手前に空間が生まれると、目の錯覚によって部屋に奥行きを感じられます。
窓際から50cmほど離して置いた場合、ベッドから入口までの距離は170cmと余裕があるため、6畳でも広々と使えます。
また、窓際に設置するメリットは部屋を広く見せることだけではありません。
窓際は光が差し込む場所であるため、マットレスにこもる湿気を逃がしやすく、乾燥状態を保てます。
高温多湿な日本では、日当たりの良い位置にベッドを置くことがおすすめです。

中央に設置する

ダブルベッドを中央に置くと、左右対称のシンメトリーになります。
シンメトリーはバランスが良く、部屋をスッキリ見せる効果があるため、6畳の部屋を寝室にする場合におすすめです。
中央に設置する場合、縦向き・横向きが選べます。
落ち着きのある雰囲気を演出したい方は縦向き、周囲に家具を設置したい方は横向きがおすすめです。
このレイアウトはホテルでよく使われている配置なので、ホテルライクな部屋にしたい方はぜひ試してみてください。

手前に設置する

部屋の手前側にダブルベッドを設置する方法もあります。
これは、部屋の空間を区切る場合に有効なレイアウトです。
ベッドの横にロータイプのシェルフを設置することによって、部屋の奥に広々としたスペースが生まれます。
そのスペースにテレビやソファ、テーブルなどを置くと、ミニリビングのような空間を作りだせます。
メリハリがある部屋にしたい方におすすめのレイアウトです。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

まとめ

今回は、6畳の部屋にダブルベッドを置いても狭く感じさせないコツについてご紹介しました。
6畳しかないからと言って諦めている方は、レイアウトの仕方を変えてみてはいかがでしょうか?
工夫次第で空間の見え方は大きく変わるので、6畳の部屋にダブルベッドを置いても広く使うことは可能です。
ご紹介したコツを踏まえた上で、窓際、中央、手前と3つの位置から実際にレイアウトをしてみましょう。