4.5畳で素敵にレイアウトするには?インテリアを選ぶ際のポイント

4畳

狭い部屋に一人暮らしをしている場合、家具のレイアウトやインテリア選びで悩んでしまいがちです。
4.5畳の部屋にベッドを置いたら他に家具が置くスペースが足りないという事態に陥ってしまうケースも少なくありません。
どのように家具やインテリアを選ぶと狭さを感じさせずに、部屋を素敵にレイアウトできるのでしょうか?
4.5畳の一人暮らしの部屋をオシャレにレイアウトしたいと考え、検索している人に向けて「4.5畳部屋のインテリア選びのポイント」を詳しく解説していきます。

4.5畳の広さを改めて確認しよう

4.5畳の部屋は、畳が4枚半、およそ7~8㎡の広さとなります。
一般的な部屋のサイズは6畳が多いため、4.5畳となると家具選びからレイアウトまで工夫しないとより狭い部屋となってしまいます。
そのため、4.5畳の部屋に快適に住みたいのであれば、まずは部屋の広さをしっかり図りましょう。
その上で、どのような家具を選んでレイアウトするかシミュレーションすることが大切です。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

4.5畳を素敵にレイアウトするためのポイント

4畳

4.5畳を素敵にレイアウトするためには、いくつかのポイントがあります。
どのようなポイントに気を付けることで狭い部屋を素敵にレイアウトできるのか、項目ごとに詳しくご紹介していきます。

家具は背の低いものを選ぶ

狭くても家具にこだわりたい方がほとんどでしょう。
4.5畳の狭い部屋では背が高い家具よりも低いものを選んでみてください。
背が高い家具は天井と距離が近くなるため威圧感があり、より部屋を狭く見せてしまうためです。
一方、背が低い家具は天井と距離が離れる分、開放感が増して狭さが気にならなくなります。
収納が足りないからと背が高い収納棚やカラーボックスを購入してしまいがちですが、広く見せたい時は避けてください。
また、ソファやテレビボード、ベッドなどを購入する時は、ローソファやローテレビボードを選ぶようにしてみましょう。
空間に余白をつくることを意識して家具選び・レイアウトしていくことがポイントです。

ベッドはシングルでスペースを確保

4.5畳の部屋にベッドを置くと、それだけでもスペースをとられてしまいます。
シングルベッドでも部屋の半分のスペースが埋まってしまうため、ベッドを購入する時はシングルベッドを選ぶようにしましょう。
ダブルサイズなどの大きいベッドを買うと部屋に他の家具が一切置けなくなってしまいます。
シングルベッドなら、ベッドを置いても小型のテレビボードやテーブル、小さめの本棚などを置くことができます。

カラーは淡い色味で統一する

狭い部屋に濃い色味をたくさん使うと部屋が狭く感じられてしまいます。
それは、黒っぽい濃い色は収縮色だからです。
収縮色はものが小さく見える効果があり、狭い部屋で収縮色を使ってしまうと部屋がより狭く見えてしまうのです。
そのため、濃い色はアクセントカラーとして使って、ベースカラーは淡い色味で統一してみてください。
そうすることで、狭い部屋でも明るく狭さを感じない部屋にできます。
また、淡い色味を使う時も使う色を3色までに限定することで、統一感がある洗練された部屋作りが可能です。

空間に「抜け感」を作る

素敵な部屋にしたい時には、「抜け感」を意識して空間作りをすることもポイントの1つです。
圧迫感のない素材やデザイン大きさの家具を選ぶことで抜け感のある空間作りをすることができます。
例えば、ガラスなどの透明感のあるクリア素材のテーブルを選ぶことで、部屋の見える面積が増えて圧迫感がなくなり、抜け感が生まれます。
全ての家具をクリア素材のものを選ぶのではなく、あくまでもポイント的にクリア素材の家具を選ぶことが抜け感を作るコツです。
テーブルやサイドテーブル、椅子を抜け感のある素材にすると良いでしょう。
また、寒色には奥行を演出する効果があるため、進出色と後退色を上手に組み合わせて部屋に奥行きをだすことでも抜け感を作ることができます。
さらに、カーテンの色を壁紙の色を同じものに合わせると、壁紙とカーテンが同化することにより抜け感が生まれ、広く見せられます。

4.5畳のレイアウトにおすすめしたいアイテム

4畳

4.5畳部屋のレイアウトでは、どのような家具やアイテムを取り入れると素敵なレイアウトにすることができるのでしょうか?
おすすめのアイテムを3つ紹介していきます。

壁面収納

狭い部屋では収納スペースが足りなくなることも多いでしょう。
そんな時には、壁面収納を活用するのがおすすめです。
ウォールラックやウォールシェルフは壁に取り付けられる棚で、ちょっとしたインテリアや実用性のあるアイテムを置くのにぴったりです。
賃貸でも取り付けられるウォールラックやウォールシェルフを探して設置してみてください。
限られた狭い空間でインテリアを楽しむことができます。

収納付きベッド・ロフトベッド

4.5畳の部屋では、収納や家具を置くスペースに困りがちです。
狭い部屋を有効活用したい時に役立つのが、収納付きベッドもしくはロフトベッドです。
収納付きベッドは、ベッドの下に収納スペースが付いているので、細かい細々としたものや着替えなどをしまうことができます。
ロフトベッドは、ベッドが上にあってその下の空間に机や収納などを置いてスペースを有効活用できる優れものです。
4.5畳の部屋では、横のスペースに限りがあるため、ロフトベッドのように縦空間を有効活用することで快適に生活がしやすくなります。

狭い部屋に大きめの鏡を置くことで、部屋を広く見せることができます。
鏡に室内が映ることにより、部屋が1.5~2倍広く見えるのです。
鏡を置く時には、ごちゃごちゃしていないすっきりしている空間が映り込むように鏡を配置するのがポイントです。
鏡のデザインや色、大きさにも注目して鏡を選んでみてください。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

まとめ

4.5畳の部屋は、シングルベッドを置いただけで半分スペースが埋まってしまいます。
そのため、快適に住みたいのであればどのような家具をどのように置くのかが非常に重要です。
背が低い淡い色の家具をベースに選び、抜け感のある部屋作りを意識してみてください。
壁面収納やロフトベッド、鏡を上手に使うことで、部屋を広く見せて快適に過ごしやすくなります。
この記事を参考にして狭い部屋でも部屋を素敵にレイアウトしてみてください。