キッチンをおしゃれに!センス良く見せるポイントは?

キッチン

毎日使用するキッチンは、使い勝手の良さや収納力はもちろん、「デザイン」にもこだわりたいものです。
キッチンをよりおしゃれな空間にすることで、面倒な料理や片付けのモチベーションも上がりやすくなるでしょう。
そこで今回は、キッチンをおしゃれな空間に見せるためのポイントや、リフォーム時のポイントなどもご紹介していきます。
キッチンをセンス良く見せたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

キッチンをおしゃれに見せるポイントは?

キッチン

キッチンをおしゃれな空間に見せるためには、どのような点に注意すれば良いのでしょうか?
以下の3点に注目すると、おしゃれなキッチンを作り出すことも可能です。

同系色で揃えると統一感が出せる

まず、おしゃれに見せるためにも同系色で統一感を持たせることが大切です。
特にリビングやダイニングとつながっているキッチンであれば、リビング・ダイニングの壁紙や床材を使用することで、まとまりのある空間を作れるでしょう。
ただし、同系色で揃えすぎてしまうのも空間に味気なさが出てしまいます。
アクセントに好きな色を取り入れ、自分や家族が楽しめる空間づくりを意識してみてください。

棚使いで“見せる収納”を取り入れる

キッチンに設置する棚は、多くの場合“隠す収納”がメインとなりますが、“見せる収納”を取り入れて棚使いを工夫することでおしゃれな空間を演出できます。
お皿はもちろん、調味料入れや可愛いキッチン雑貨などを並べるのに、見せる収納を活用してみましょう。

目隠し対策は忘れずに

見せる収納を活用することも大事ですが、オープンタイプのキッチンであれば目隠し対策も必要です。
リビングや玄関からキッチンが丸見えになってしまうと視線も気になるので、目隠し対策としてカウンターや収納スペースの設置も検討してみてください。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

リフォームしなくても簡単おしゃれに!

キッチン

自分好みのキッチン空間を作る際に、リフォームしなくてもDIYで手軽に楽しめます。
続いては、DIYでできるおすすめの空間づくりをご紹介しましょう。

タイルでレトロかわいくアレンジ

キッチンの壁にタイルを貼り付けると、レトロでかわいらしい空間に演出できます。
白いタイルを基調にアクセントとして柄物や鮮やかな色味のタイルを取り入れてみましょう。
ただし、タイルは目地の手入れが大変なので、水回りや収納スペースに近い壁への貼り付けがおすすめです。

種類が豊富なリメイクシートもおすすめ

最近ではホームセンターだけでなく、100均にも簡単にお部屋の雰囲気を変えられるリメイクシートが登場するようになりました。
おしゃれな柄も多く、取り入れる人が増えています。
例えば、キッチンの壁に大理石がデザインされたリメイクシートを使えば、一気におしゃれかつ高級な雰囲気に仕上がるでしょう。
中にはタイル柄のリメイクシートも登場しており、わざわざ本物のタイルを貼り付けなくても柄として楽しめます。
しかもタイルのデメリットである目地の手入れも、リメイクシートを貼り替えるだけで済むため、手入れを考えてタイルを諦めた方にもおすすめです。

マスキングテープなら賃貸でもOK!

壁に直接リメイクシートを貼ってしまうとベタベタしてしまうため、賃貸だと不安に感じる方も多いでしょう。
そんな時はマスキングテープを活用してみてください。
まずリメイクシートを貼りたい場所にマスキングテープを貼っていき、その上から両面テープを重ねていきます。
両面テープの剥離紙を剥がしたら、リメイクシートの裏にある剥離紙は剥がさずに貼り付けましょう。

グリーンを添えるだけでも印象が変わる

おしゃれなキッチンにしたいものの、タイルやリメイクシートが面倒という方は、グリーンを添えるだけでも印象を変えられます。
キッチンは日陰になりやすい箇所でもあるので、なるべく日陰に強いポトスやシェフレラなどを選ぶようにしましょう。

リフォームする時のポイントは?

キッチン

リフォームを行うとキッチンのデザイン性に加え、使い勝手の良さも向上します。
では、キッチンをリフォームする場合、どのような点に注意すれば良いのでしょう?

掃除のしやすさで素材を選ぼう

キッチンは毎日使う場所であり、汚れやすい場所でもあります。
そのため、キッチンリフォームでは掃除のしやすさも重要です。
例えば、シンクや天板にはステンレスや人工大理石を使うと、掃除やメンテナンスもしやすく掃除の手間も減らせるでしょう。
キャビネットや吊り戸棚の扉には、塗装仕上げの素材を採用するとツヤのある美しい収納スペースとなりますし、メラミン化粧板にすれば傷や汚れに強くなります。

動線を考えた収納でスッキリをキープしよう

キッチン収納が使いにくいと感じてしまう原因として、使うものと使う場所が遠かったり、配置が決まっておらずどこに収納したか分からなくなったりすることが挙げられます。
ただ単に収納スペースをたくさん設けるのではなく、キッチンの中でどのように動くのかも意識しながら収納スペースを考えてみましょう。
そうすることで無駄な部分がなくなり、スッキリしていて使い勝手の良いキッチンに変わります。

照明にもこだわってみよう

キッチンリフォームの際にはぜひ照明器具にもこだわってみてください。
照明は理想的な空間に合わせて、好きなデザインに変えられます。
例えば、シンプルで明るいキッチンにしたいなら、天井に埋め込まれたダウンライト、モダンでおしゃれな雰囲気にしたいならライティングレール照明がおすすめです。
また、これらを組み合わせて使うのも良いでしょう。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

まとめ

今回はキッチンをセンス良く見せるためのポイントについてご紹介してきました。
センス良く見せるための条件として、まず統一感があってごちゃごちゃしていないこと、目隠し対策をしたり、見せる収納を活用したりすることが大切です。
最近は100均でも簡単にキッチンをおしゃれな雰囲気にするアイテムを揃えられますが、デザイン性に加えて使い勝手も良くしたい場合にはリフォームがおすすめです。
キッチンリフォームを考えている方は、今回ご紹介したポイントを押さえつつリフォームプランを立ててみましょう。