東京のリノベーション物件は入居者にとってどんなメリット・デメリットがあるのか?

東京

東京都内には、たくさんマンションや中古住宅があります。
それらの物件を購入して不動産投資をしようと考えている方もいるでしょう。
特に、リノベーションした物件は人気が高まっているため、不動産投資の対象としても人気が高いです。

今回は、東京のリノベーション物件は入居者にとってどんなメリット・デメリットがあるのかといった視点から、リノベーション物件の魅力に迫っていきます。

東京都内にあるリノベーション済みのマンションのメリットとデメリット

マンション

まずは、東京でリノベーション済みのマンションにはどのようなメリットとデメリットがあるのかみてきましょう。

【メリット】

東京でリノベーション済みのマンションを購入するメリットはいくつもあります。

ここでは、その中でも特に有益なメリットをピックアップしてご紹介しましょう。

選択肢の幅が広がる

東京都心部は人気のエリアですが、新築の分譲マンションはピーク時と比べると建てられる件数がかなり少なくなっています。
しかし、マンションはよほどのことがないと取り壊されないため、ストック戸数は年々増えているのです。

東京都心部でマンションの購入や賃貸を考えている方の中には、具体的に予算や間取りを決めているケースも多いです。
そのような方向けに、リノベーションマンションを提供することは不動産投資を成功させるための第一歩になると考えられます。
新築マンションを数年にわたって探しているけど出てこないので待ち続けているという方もいるため、新築のようにきれいなリノベーション物件は需要があると言えるでしょう。

実物を見てから決められる

新築マンションは、完成済みの物件を販売するのではなく、建設中の段階から販売されています。
人気の高い居室タイプであれば完成する前に契約をしないと購入することができません。
部屋の中はもちろんですが、マンションの外観や共有部分、駐車場も完成するまで確認できないので、イメージと違っていたと感じるリスクがあります。

それに対してリノベーションマンションであれば、完成した物件を確認してから購入や借りることを決められます。
そのため、イメージと違っていたというリスクを回避できるというメリットを入居者は感じられるでしょう。

【デメリット】

デザインが既に完成しているので好みが分かれる

リノベーション物件は、新築マンションと比べてデザインがより洗練されたものになっていて、完成されています。
場合によっては、外観や立地条件などは気に入ったけれど、リノベーション後のデザインが好みではないという理由で借りることを諦めてしまう可能性もゼロではありません。
特に、こだわりのデザイナーズ物件はそのようなデメリットを感じやすくなります。

適正価格か判断するのが難しい

不動産の価格は、いろいろな要素が絡み合って決まります。
売主が売却を急いでいる場合は、即決値引きをすることもあります。
そのような物件を参考にして他の物件を見てみると割高だと感じてしまう可能性もあるでしょう。
新築マンションは供給数も多いので比較しやすいですが、中古のリノベーションマンションは東京都内でもそこまで多くありません。
そのため、他と比較しにくく、適正価格を判断するのが難しいというのは入居者にとってデメリットになります。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

東京都内にあるリノベーションした中古住宅のメリットとデメリット

戸建て

東京都内でリノベーションした中古住宅を購入もしくは借りたいと思っている方もいます。
東京で一戸建てに暮らすのはかなりお金がかかりそうだと感じるかもしれませんが、リノベーション物件の場合はそうでないケースもあります。
では、東京都内にあるリノベーションした中古住宅にはどのようなメリットとデメリットがあるのかみていきましょう。

【メリット】

新築の一戸建てよりもコストを抑えられる

新築の一戸建てを購入するよりもリノベーションした中古住宅の方が購入時の費用や借りる際の家賃も抑えることができます。
新築の戸建ては、築15年くらいでかなり価格が下落し、その後は景気によって価格が上下します。
それを踏まえて考えてみると、築15年以上の中古住宅を購入し、リノベーションした方が不動産投資の観点から見ても安定感が大きいと言えるでしょう。
大幅に市場価値が下落してしまうリスクが非常に低いためです。

自由度が高い

リノベーションをすることによって、間仕切りの無い広々としたリビングやシステムキッチンを設置が可能になります。
それぞれのニーズに応じた間取りを作りやすいという点もリノベーションした物件のメリットだと言えるでしょう。
リノベーションした物件を見学してから決めることもできるため、入居者にも納得してもらいやすいです。
そのため、中古住宅のリノベーションをして賃貸物件にすることも不動産投資家にとって魅力的な方法だと言えます。

【デメリット】

耐久性に不安がある物件も

中古住宅は、築年数が長い物件も多いです。
そのような物件では、耐久性が新築一戸建てと比べると劣っている可能性が高いです。
ただし、中には建築基準法の見直しを見越して新しい基準を想定して建てられた物件もあります。
不安だと感じるのであれば、専門家に確認してもらうと良いでしょう。

断熱性が低い

中古住宅の中には古民家もありますが、古民家のような物件は断熱性が低い可能性があります。
天井が高く、平屋の物件は特にその可能性が高いです。冬は東京都内でも寒く、夏は暑いです。
入居者にとって快適な住空間を実現するためには、断熱材の導入も検討すべきだと言えるでしょう。

まとめ

東京都内には、多くの賃貸物件や分譲物件があります。
新築はもちろん人気が高いのですが、リノベーションしたマンションや中古住宅も非常に魅力的です。

しかし、魅力がたっぷりと詰まっているリノベーション物件ですが、今回紹介したようなメリットとデメリットがあります。
不動産投資の対象にするのであれば、メリットやデメリットについて把握し、入居希望者に説明できるようにしておいた方が良いでしょう。
そうすることで、納得して入居してもらうことができますし、安心感を与えることにもつながります。

東京都内には魅力的な物件がたくさんあるので、リノベーションして不動産投資に活かしたいと考えている方もぜひこれらのメリットやデメリットについて把握し、投資に活かしてください。