倉庫のリノベーションが人気!住宅やオフィスにするメリットや注意点、費用相場は?

倉庫リノベーション

倉庫のリノベーションと聞くと、倉庫の中をきれいにして保管しやすくするというイメージがあるかもしれません。
しかし、最近では使われなくなった倉庫を改修して、住宅やカフェ、オフィスなどにする事例が増えてきています。

今回は、倉庫リノベーションのメリットや注意点、費用相場などをご紹介します。
住宅や店舗、オフィスのリノベーションを考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

倉庫をリノベーションする主なメリット

倉庫リノベーション

倉庫をオフィスや住宅、店舗などに改修する魅力やメリットを見ていきましょう。

広い空間を自由に活用できる

倉庫は敷地が広く天井も高い上に壁や柱も最小限しかないため、自由度の高い改修が可能なのが大きなメリットです。
一般的な住宅リフォームでは、もともとの空間の広さや壁、天井、柱など多くの要素を考慮しながら、可能なデザインを決めていきます。
あるいは、店舗リフォームなどの場合は、一度壁や床などを取り払うスケルトンリフォームを行うケースも多いです。

倉庫リノベーションの場合はもともと壁や柱が少なく、キッチンなどの設備もないのでスケルトンリフォームの手間もほとんどかかりません。
住宅にする場合も倉庫ならではの天井の高さを活かして吹き抜けにしたり、ロフトを作ったりなどおしゃれで大胆なデザインが実現できます。

価格が安い

住宅よりも倉庫自体の価格が圧倒的に安いため、一般的なリノベーションよりも倉庫リノベーションの方がお得です。
また、もともと壁や装飾が少ないため解体費用もコストを抑えやすいという面もあります。
倉庫によっては維持費や賃貸料なども抑えられます。
購入費や解体費で浮いた予算をリノベーション工事に割くことが可能です。

独自のデザインを活かせる

倉庫は単に物を保管するための空間などで、住宅や店舗などとはかなりデザインが違います。
壁や床はモルタルやコンクリートの打ちっぱなしになっており、ブレースや梁などがある場合もあります。
そのような造りを逆手にとって、アンティーク調のデザインに仕上げるのもリノベーションの楽しみの1つです。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

倉庫をリノベーションする際の注意点

倉庫リノベーション

倉庫の場合、住宅のリノベーションとは違った注意点がいくつかあるので見ていきましょう。

インフラを新たに整備する必要がある

倉庫は住宅と違い、水道や電気、ガスなどが通っていません。
快適に過ごす空間にするためには、それらのインフラ設備を新たに整える手間や費用がかかります。
水道やガスを通す工事に加え、風呂やキッチンなどの水回りも新たに工事する必要があります。
配管工事や電気工事、インターネット回線の開通などそれぞれ必要な工事ができるのか、あらかじめ確認しておきましょう。

断熱性や防音性などの工事が必要な場合も

倉庫によっては、住宅として快適に過ごすための断熱性や防音性などが足りない場合もあります。
リノベーションの際には断熱リフォームや気密性を高めるための工事が必要です。

また、倉庫は窓が少ない場合も多く、通気性や採光対策も考えなければなりません。
新たに窓を増設することで解決しますが、窓を増やすと耐震性が低くなる場合もあるので構造計算をしっかりと行うのが重要です。
なるべく多くの仕切りを作らず、1部屋を広い空間にすると、窓の増設が少なくて済むでしょう。

倉庫リノベーションの費用相場

倉庫リノベーション

倉庫リノベーションをする時、どのくらいの費用がかかるのか気になる方は多いでしょう。
倉庫を何に改修するかによっても、費用相場は大きく変わってきます。

住宅へのリノベーション

住宅へのリノベーションでは、様々な事例を見てもおおよそ500~1,500万円程度が費用相場と言えるでしょう。
大体の場合、1㎡あたり10~15万円程度かかると考えるのが目安になります。
元の倉庫の間取りやデザインをそのまま生かした場合は安く済むケースが多いです。

しかし、倉庫は一般住宅よりも購入費用が安いため、その分予算を多くリノベーション費用に回せるという特徴があります。
そのため、総合的に見るとお得な費用で可能になっています。
住宅ローンを利用する場合は、用地変更の手続きを忘れずに行いましょう。

店舗へのリノベーション

倉庫から店舗にする時の費用相場は、600~1,500万円程度です。
カフェやレストランなどにする場合、住宅とはやや異なり倉庫特有のデザインを活かした形で行われるケースが多いです。
広い空間や打ちっぱなしの壁、あえてそのままに露出させた配管ダクトなど独特の雰囲気を活かすことで、費用を抑えつつおしゃれにリノベーションが行えます。

倉庫を飲食店にする時は、床面積が100㎡を超える場合は用途変更の手続きが必要です。
別途費用がかかるので覚えておきましょう。

また、飲食店の場合は水回りやキッチン設備に費用がかかるため、それらも加味して予算を用意する必要があります。
工事にかかる期間も考慮して計画を進めていきましょう。

オフィスへのリノベーション

倉庫からオフィスにする場合の相場は、500~1,200万円程度です。
オフィスや住宅や店舗と比べてシンプルな工事になるケースも多く、やや安い傾向があります。

倉庫は通常のオフィス物件よりも安く、個性的なデザインのオフィスにできるのが人気で、最近はベンチャー企業を中心に注目を集めています。
インターネット回線をどれだけ通すか、部屋数をどれくらいにするかなどの要素でも予算は変わってくるでしょう。

しかし、防音性や耐震性などを高める必要がある場合、さらに500万円程度かかることも想定しておきましょう。
オフィスへの回収は用地変更の必要がありません。
どの場合でも、倉庫購入費やインフラ工事、書類や手続きなどリノベーション以外の部分でかかる諸費用を計算しておくのが大切です。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» 運営会社HP » 記事一覧を見る

まとめ

今回は、倉庫を住宅や店舗、オフィスへリノベーションする際のメリットや注意点、費用相場などについてご紹介しました。
倉庫の空間の広さやデザイン性などを活かし、普通の物件とは異なる魅力を引き出せるのが大きなメリットです。
どの物件にリノベーションするか、こだわりたい部分、コストをどこにかけるかなど様々な要素によっても費用は大きく変わってきます。
専門業者とよく相談し、自分の納得のいく倉庫リノベーションに挑戦しましょう。