オンライン部屋探しはコチラ!

リフォームとリノベーションの違いは?定義やメリット・デメリットから比較

リノベーション

古くなった建物を改修する工事にはリフォームやリノベーションと呼ばれる方法があります。
どちらも改修工事ではありますが、どんなところに違いがあるのか詳しく知らない方は多いでしょう。

そこで今回はリフォームやリノベーションの定義、またメリットとデメリットについてご紹介するので、双方の違いを比べてみてください。

リフォームとリノベーションの違いとは

リノベーション

リフォームとリノベーションは異なる工事と位置づけられていますが、正確には明確な定義は存在していません。
主に施工業者やメディアの解釈により、リフォームなのか、それともリノベーションに当たるのか使い分けられている現状です。
一般的にリフォームとリノベーションは次の定義で位置づけられています。

リフォーム

経年劣化により古びた内装を新築に近い状態にするための改修工事ととらえられているのが一般的です。
具体的には壁紙や床、畳の張り替え、キッチンなど水回りの設備交換など、部分的あるいは表面的な改修工事により、原状回復させる工事となっています。

リノベーション

間取りや内装、配管などを見直し、今後の暮らしにマッチした住まいに替えていく改修工事と考えられています。
具体的には間仕切りを取り除いて2つの部屋を1つにしたり、水回りの位置を移動させたり、内装・外装のデザインを替えるなど、リフォームよりも大規模な工事です。空間や機能を一新させるので、建物に新しい価値を与えられます。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

リフォームのメリット・デメリット

リフォーム

リフォームにはメリットがある一方で、デメリットがあるのでご紹介しましょう。

メリット

・リフォーム費用が比較的安い
部分的または表面的な改修なので、工事の規模が小さいです。
そのため、大掛かりな工事になりやすいリノベーションよりも費用が抑えられる点が最大のメリットでしょう。

・工期が短い
比較的に小規模な工事なので工事にかかる期間も短めです。工事内容によりますが、一般的には早くて半日、長くても1ヶ月が目安となります。
物件を買ってからリフォームする場合、リフォーム期間が短いのですぐに住めることもメリットです。

・完成後を想像しやすい
リフォームは部分的な工事であり、間取りや機能を大幅に変更するわけではありません。
そのため、元の建物のイメージは残るので、完成形を具体的にイメージしながら設計できます。

デメリット

・間取りの変更ができない
内装の表面的な修繕や設備機器の交換がメインなので、自由な間取り変更は基本的に行われません。
なお、リフォームでも住宅の強度や劣化状態を確認できない工事費用を上げることで間取りの変更することは可能です。

・建物全体の強度や劣化具合のチェックができない

リフォームは一部分の改修となるので、建物全体の強度や内部の劣化状態の把握が困難です。
そのため、手を加えない部分で劣化や不具合が起きていることに気付かず、後から工事が必要になる場合もあるでしょう。

リノベーションのメリット・デメリット

リノベーション

リノベーションにもメリットとデメリットの両方があるので見ていきましょう。

メリット

・設計の自由度が高い
リノベーションでは構造体を残してほかをすべて改修できるので、リフォームに比べて設計の自由度が高いです。
内装や外観のデザイン変更や設備機器の交換だけではなく、仕切りを取り除いたり、逆に取り付けたりして間取りを変えることや、窓を設けるなどライフスタイルに合わせて改装できます。

・資産価値を高められる

建物は築年数が経過すると資産価値が下がり、最終的に不動産の価値は土地だけになってしまいます。
リノベーションは内装や機能を新しくすることで、新しい価値を付帯することが可能です。
資産価値の低い物件を売ろうと考えても、想像よりも低い価格での売却になってしまいますが、リノベーションをしておけば価値が落ちることを防げます。

また、賃貸経営においても入居者は綺麗で住みやすい住居を好むので、人によっては高くても新築を選ぶ人も多いのです。
リノベーションで改装しておけば築年数を感じさせないので、綺麗でおしゃれな部屋で暮らしたいという入居者のニーズを叶えられます。

・物件の選択肢を増やせる
好立地な場所は埋まっていることが多く、新築物件の取得が難しいでしょう。
しかし、好立地な場所で売り出されている中古住宅・マンションなどは安価で購入できます。
そのような物件をリノベーションすれば、古い建物も住居用や投資用に生まれ変わらせることが可能です。
物件の選択肢が増え、理想的な条件で不動産を取得できる点もリノベーションのメリットです。

デメリット

・リフォームよりも費用が高くなりやすい
大掛かりな工事になりやすいので、リフォームに比べたら費用は高いです。
しかし、一から立て直す方法よりも費用を抑えて、新築に近い状態にできます。

・工期が長い
リフォームと同じく工事内容にもよりますが、範囲や規模が大きいので工期は長めです。
一般的には2〜3ヶ月ほどかかります。
引渡しまでに現地調査から設計、工事、点検などのプロセスを踏むので、入居できるまでにも時間がかかるでしょう。

・解体しないと分からない部分も多い
リノベーションでは構造体以外の解体が可能ですが、解体して初めて分かることもあります。
表面的には綺麗に見えても、柱や壁の内部が劣化している場合はその修繕が必要です。

また、水回りなど設備の配置変更を考えていたのに、構造の都合で難しい場合はプランの変更をしなければなりません。
予想外の出来事が起こる可能性も視野に入れて計画していく必要があります。

・間取り変更できない建物もある

構造の形式によっては間取りが変更できないケースがあります。
例えば、マンションでは壁式構造を採用している場合があります。
壁式構造は構造壁というものが建物を支えているので、壁の撤去ができません。そのため、壁を取り払っての間取り変更ができないのです。
間取りの変更が可能かどうか、設計図などからきちんと把握しておく必要があります。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

まとめ

リフォームは部分的または表面的な小規模な改修で、リノベーションは間取りの配置やデザインから機能を変えられる大規模な改修という違いで使い分けられています。
また築年数が浅い物件であれば、リフォームでも十分でしょう。
しかし、今の時代の暮らしに合わない設備や間取りの物件はリノベーションで新しい価値を付けるのも良い方法です。