オンライン部屋探しはコチラ!

リノベーションの予算はどのくらい?費用を抑えるポイントもご紹介

皆さんはリノベーションと聞くとお金が多くかかると思っていませんか?
やり方次第では費用を抑えてリノベーションすることも可能です。
今回はリノベーションを少しでも安く行うために押さえておきたいポイントをご紹介します。

リノベーションをする際にかかる予算とは?

リノベーションをする際、予算で多くかかるのは人件費と材料費です。特に人件費は工務店の人に頼んだ場合予算の負担となるでしょう。イベントなどにして一般の人が参加できるようにすると人件費を浮かすことができます。材料費は加工などを自分たちで行うことで安くできるかも。リノベーションの途中で予算が無い!ということにならないためにも計画的に予算を組むことをしましょう。

リノベーションは意外とお金がかかる

リノベーション工事は、お金がかかる箇所とかからない箇所で分けられます。
予算が厳しい場合は、予算がかからない箇所を選んでリノベーションするのが理想です。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

リノベーションにお金がかかるところ

水回りは数百万円かかる

水回りはお金がかかります。部屋のすべてをリノベーションする場合でも、トイレ・お風呂・キッチンのリノベーションだけで予算の半分が失われる物件もよくあります。
もし、水回りをリノベーションするなら、配管工事など大掛かりな工事は実施せず、床や壁、天井など表面工事や、本体のみの取り換えのみを行うことで、費用が少なくすることができるでしょう。

配線ルートなどを変更する場合、壁を壊すためお金がかかることも

配線ルートを変更する場合は費用が大きくかかる可能性が高まります。
例えばコンセントの場所を移したり、増やしたりする場合ですが、配線は天井などにも巡らされているため、壁や天井などの表面を壊して配線工事をする必要があるからです。配線を変更するために壁や天井に穴を開けるにとどまらず、壊す必要があることも。壁や天井を壊すことで時間もかかり、クロスの張り替えなどにもお金がかかってしまいます。

お手軽にリノベーションを行うための物件は?

リノベーションを行う際の理想の物件を選ぶ際のポイントをご紹介します。ポイントを抑えるだけでリノベーションの予算を安くすることができます。

水回りを変更しなくていい物件

水回りを変更しなくてもいい物件はリノベーションに最適な物件です。古民家などのリノベーションでは、トイレなどが水洗でない場合があります。そういった物件は避けることで、予算は安く抑えることができるでしょう。

比較的綺麗な物件を選ぶ

比較的綺麗な物件を選ぶことも大切です。リノベーションをする際は物件選びによって予算がどの程度かかるか決まってきます。物件選びの段階から予算を立てることで、リノベーシ費用がどの程度かかるか見積もりをしてみましょう。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

まとめ

リノベーションと聞くとお金がかかると思われがちですが、やり方次第では予算を削減することもできます。みなさんもリノベーションをする際は予算を予め考えてから工事店に相談してみてはいかがでしょうか。