副業として人気急上昇中!コインランドリー投資の魅力とは?

コインランドリー

ほとんどの家に洗濯機はあると思いますが、意外にコインランドリーは需要が高く、施設数も増加傾向にあります。
コインランドリー投資により収入を得ている人も多いです。
不動産を活用した投資は他にもあるものの、なぜコインランドリー投資に注目が集まっているのでしょうか?
今回はコインランドリーの需要や投資のメリット、始め方についてご紹介します。

利用者の変化から見込まれるコインランドリーの需要

コインランドリー

コインランドリーの利用者は地元から都会に移り住んだ学生や社会人が中心でした。
しかし、現在は子育てと仕事を両立する女性と外国人が中心で、利用層に変化が見られます。
コインランドリーのほとんどは洗濯から乾燥まで短時間でできるので、日中は仕事で洗濯が難しい家庭では重宝します。
特に乾燥付きの洗濯機を持っていない人は、乾かす手間を省けて便利です。
また、低料金で洗濯から乾燥器が使えるので、電気代が気になって頻繁に乾燥機が使えないという人にとってもメリットがあります。
外国人は一時滞在する際にコインランドリーをよく活用しているようです。
現在、日本では子どもを持つ女性の就業率が増えており、さらにインバウンド訪日外国人も増加しています。
女性の就業率や外国人の訪日は今後も増えると予想されており、それに伴いコインランドリーの需要も増えると期待されます。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

コインランドリー投資のメリット

投資

主婦や一人暮らし、外国人にとって重宝するコインランドリーですが、投資にはどのような魅力があるのでしょうか?
続いてはコインランドリー投資をするメリットをご紹介します。

人件費がかからない

コインランドリーは基本的に無人経営が可能なので、人件費が不要です。
かかるとしても施設内の掃除や洗濯機・乾燥機のメンテナンス費になります。
また、初期費用として洗濯機と乾燥機の設置費用が発生するものの、運営にかかる費用は光熱費と洗剤代、メンテナンス費のみです。
掃除やメンテナンスを個人的に行えば、余計な人件費を省くこともできます。
そのため、副業で収入を得たい人にもおすすめのビジネスです。

高い節税効果を得られる

法人経営で売上が1,000万円以上ある場合もコインランドリー投資はおすすめです。
洗濯機と乾燥機の導入には高額な費用が発生しますが、それを即時償却により高額な損金を出すことで節税になります。
コインランドリーを含めた機器類の投資では、生産性向上設備投資促進税制や中小企業投資促進税制といった優遇税制が適用されます。
減価償却の対象でも優遇税制により即時償却ができるので、購入費をすぐに経費として計上し、節税につなげられるのです。

専門知識がなくても始められる

コインランドリーの経営と特別な専門知識は不要です。
機器のトラブルは基本的にメーカーで対応してもらえるので安心です。
特別勉強は必要ありませんが、セミナーなども開かれているので参加すればコインランドリー経営での不安を解決できるでしょう。

コインランドリー投資の始め方

投資

コインランドリー投資をしたいけど、どのように始めればいいのか分からない方も多いでしょう。
投資方法は2パターンあるので、それぞれの始め方をご紹介します。

自身でコインランドリーを経営

コインランドリーは自分自身で経営することが可能です。
自分で経営する際は、次の2つのやり方があります。

・自分で建物と設備を保有して経営
使っていない土地でコインランドリーの設備を導入できる建物を建て、設備を購入することで開業できます。
収入源はコインランドリーの利用料金となるので、多くのお客さんを呼び込まなければなりません。
そのため、集客性のある立地や設備をよく検討し、広告を出して認知を広めていく必要があります。
経営に軌道が乗れば大きな集客を見込めますが、利用者が少ないと赤字のリスクがあります。

・フランチャイズで経営
フランチャイズに加盟することで、大手コインランドリーの名とノウハウを活用して経営することが可能です。
自力での経営では立地調査から収益計画、店舗のレイアウトなども自分で決めなければなりませんが、フランチャイズならこれらの作業も本部に一任してもらえます。
加盟料の支払いが負担となるものの、知名度のあるコインランドリーを経営できるので集客性に期待できます。

所有している土地をコインランドリー業者に貸し出す

自分で経営することが難しい場合は、コインランドリーの業者に土地を貸し出す方法もあります。
自力での経営では、コインランドリーの利用者がいないと収入を得られません。
しかし、土地を貸し出す方法ならコインランドリー経営の成功を問わず、賃貸物件と同じく一定の賃料を安定して確保できます。
デメリットは、収入が賃料のみなので、自力での経営よりも得られる収入は少なくなる可能性があるでしょう。
また、基本的には長期間での借地となります。
相続などを理由に土地を返してもらいたくても、すぐに応じてもらうことは難しいので、将来のことも考えて投資する必要があります。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

高稼働率を可能にするかは立地にかかっている

コインランドリー

アパートやマンションの経営と比べてハードルの低いコインランドリー投資ですが、自力で経営するとなると売り上げが重要となります。
どんなに良い設備を入れても客足が少なければ売り上げは上がらないので、コインランドリーの経営では立地選びが重要となります。
コインランドリーの出店はハイスピードで進んでおり、すでにコインランドリーがあり、しかも最新設備を導入している店舗だと、新規でも不利になりやすいです。
そのため、コインランドリーの需要があり、ライバルが少ない土地をいち早く見つけ、開業する必要があります。
また、コインランドリーでは布団のような大物を洗うために利用する人も多いです。
商業施設の近くなど車で洗濯ものを運んできやすい立地を選ぶことも稼働率アップにつながります。

まとめ

副収入を得たい場合、コインランドリー投資も一つの案です。
働く主婦や外国人滞在者が多く集まるエリアでは、コインランドリーの需要が見込まれるでしょう。
ただし、コインランドリーは出店数が増えているので、ライバルが少なく稼働率に期待できる立地を選んで開業する必要があります。
また、自力での経営と土地を貸すだけの投資方法では、それぞれメリットとデメリットがあるので、その点を理解して自分に合った投資を選択しましょう。