オンライン部屋探しはコチラ!

ワンルーム マンション投資は得?それとも損?メリット・デメリットをご紹介

マンション

近年、不動産投資の中でも初心者が手を出しやすい手法として人気となっているのが「ワンルームマンション投資」です。
不動産投資というと、賃貸アパートやマンションへの多額の投資をするイメージがありますが、ワンルームマンション投資であれば初期費用が抑えられ手軽に始められるというイメージがあるでしょう。
本当にワンルームマンション投資は得なのか、それとも損なのか、ワンルームマンション投資のメリットとデメリットを踏まえて解説していきます。

ワンルームのマンション投資とは?

マンション

ワンルームマンション投資とは、その名の通りマンションの1部屋を購入して、購入した部屋を賃貸として貸し出し、家賃収入を得られるという不動産投資方法の1つです。
ワンルームマンション投資の特徴としては、やはり投資を始める際にかかる初期費用の安さでしょう。
通常、不動産投資となればアパート1棟やマンション1棟といったように、始める際には数千万円から数億円は必要だとされています。
それに比べると、ワンルームマンションのみを購入するため他の不動産投資方法よりも手軽に始められる投資方法と言えるでしょう。
そのため、不動産投資初心者やサラリーマンから人気の不動産投資方法だとされているのです。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

ワンルームのマンション投資は得?それとも損?

マンション

不動産投資を始めるにあたって、初期投資費用の少ないワンルームマンション投資を検討している人もいるでしょう。
ワンルームマンション投資にはメリットも存在しますが、デメリットももちろん存在しています。
ここからは、ワンルームマンション投資のメリット・デメリットについて解説していきます。

ワンルームのマンション投資で得られるメリット

ワンルームマンション投資のメリットとしては、やはり少額の資金から始められるという点でしょう。
ワンルームマンション投資と言っても、購入するのは自身となるのであくまでもワンルームは自身の所有物になります。
そのため、購入時には不動産投資ローンを使うことができるので、より少ない資金でも不動産投資を始められるのです。
不動産投資ローンは、通常会社員などで安定した収入があれば借りられるローンですが、住宅ローンを組む際よりも審査は厳しいローンとなっています。
不動産投資ローンを組むことで、所得税控除も利用でき、さらには相続税や贈与税などの節税対策にもつながります。
ワンルームマンション投資では、家賃収入を安定して取得できるメリットもあります。
特に、都心部にある家賃相場の高い物件となればそれだけでもある程度の収入につながるでしょう。
所有している物件が1軒だけであっても、長期的に運用することができるのである程度安定した不労収入を得られます。

ワンルームのマンション投資で考えられるデメリット

ワンルームマンション投資で考え得るデメリットとしては、借り手が見つからない場合には家賃収入を一切得られないことです。
借り手がついている状態であれば家賃収入は得られますが、借り手がいないのであればその間の家賃収入はもちろんありません。
借り手が見つからない状態でも家賃収入を得られるサブリース契約という制度もありますが、サブリース契約をすると契約を締結する管理会社側が物件を管理し、家賃の80%ほどをオーナーに支払い、残りを管理会社の収入とする制度です。
月々の家賃収入を安定して得るのであれば良いかもしれませんが、その分当初得られるはずだった収入よりは低くなってしまうでしょう。
さらに、マンションを購入した後にもリフォームや修繕費が発生するなど物件の維持費がかかります。
マンション購入時の税金などもすべて購入者である自身の負担となっているので、ワンルームマンションであっても諸費用が高額になりやすいため、注意が必要です。

新築と中古、どちらが良い?

マンション

ワンルームマンション投資を始める際に、多くは新築物件を選ぶでしょう。しかし、ワンルームマンション投資は新築だけでなく中古も存在しており、どちらを選ぶかによっても得られるメリット・デメリットは異なります。
ワンルームマンション投資は新築と中古、どちらが良いのかそのメリット・デメリットを踏まえて解説していきましょう。

新築ワンルームのマンション投資を行うメリット・デメリット

新築ワンルームマンション投資を行うメリットとしては、やはり初期投資金額が少なく済む点でしょう。
1棟購入するよりも断然購入金額は抑えられ、さらには一般の会社員であっても不動産投資ローンを借りやすいためです。
また、新築物件であれば新築という価値の高さから入居者募集の際に少し高めの家賃設定をすることも可能です。
一方で、新築ワンルームマンション投資のデメリットとしては、「新築」という売り文句を使えるのは最初の入居者だけです。
そのため、最初の入居者がいなくなってしまえば、新築とはならず中古物件となり、家賃も下がり利回りも同様に下がってしまうでしょう。
さらに、新築物件のため修繕費は発生しなくても退去されればクリーニング費用が発生し、その費用も別途20万円ほどかかってしまいます。
そして、ワンルームマンション投資では購入時に不動産会社側へ多額のマージン(手数料などの諸費用)が発生していることから、購入価格が高額となってしまい収益が発生しにくくなっています。

中古ワンルームのマンション投資を行うメリット・デメリット

中古ワンルームマンション投資を行うメリットは、新築物件に比べて物件の価格が安くなっている点です。
新築同様、立地条件が良いマンションである場合も多く、新築より安く手も良い物件が見つかる可能性があります。
しかし、デメリットとしては中古であるがゆえに不動産価値は経年劣化でどんどん価値が下がり、家賃も下落してしまいます。
築年数にもよりますが、修繕も発生してしまい高額出費となってしまうこともあります。
さらに、ローンが終わる頃には建物自体の耐用年数もそれなりに経過してしまっているので、購入時の値段では売れませんし、売却してもマイナスの収益となってしまうケースが多いです。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

まとめ

ワンルームマンション投資のメリットとデメリット、新築か中古どちらのメリット・デメリットについて解説していきました。
ワンルームマンション投資は、非常に始めやすい不動産投資方法と言えるでしょう。
しかし投資に関してはやはり得できるか、損してしまうかが重要です。
自身の損とならないように、しっかりとワンルームマンション投資についてのメリットやデメリット、新築か中古どちらが自分には合っているのかを理解して取り組みましょう。