分譲住宅の購入にあたって確認すべきメリット・デメリットとは?

結婚し子どもができたら、マイホームを持つことは一つの夢でしょう。
ですが、一口にマイホームと言ってもいろいろな種類があり、とても悩むところです。

その一つに、分譲住宅があります。

分譲住宅とは不動産会社が一括して購入した土地を分割し、分譲地に家を建てて販売するものをいいます。同じ住宅が、何軒も並んで立っている光景を見た方もいるでしょう。あれが分譲住宅だといえば分かりやすいかもしれません。

では早速、分譲住宅のメリットとデメリットをみていきましょう。

メリット

生涯設計が立てやすい

購入物件全般にいえるのですが、生涯設計、特に老後の人生設計を立てやすいことが挙げられます。

現役世代の内にローンを返済できれば、住まいに関する出費は基本的にかかりません。

賃貸のように毎月固定費がかかるのは、将来の年金受給も不透明な老後への不安が残ります。

購入費を安く抑えられる

前述したように不動産会社が土地を一括して買うことに加え、複数の住宅を同時に建てることにより建築資材もまとめて購入できるので、コストを抑えることができます。

したがって、通常よりも販売価格が廉価になるのです。

建物の内見が可能

既に家が建っているので、完成した住宅を見学できます。

注文住宅のように建築の着工前に契約し、完成後に初めて現物を確認できるのと違い、契約の前に自分の目で確かめることができるため暮らしのイメージがし易くなるはずです。

入居までに時間がかからない

建物が完成しているので契約から入居までがスムーズであり、時間がかかりません。

どうしてもマイホームの購入には時間がかかると思いがちですが、時間的に余裕がなく少しでも早く物件を購入する必要がある方にはオススメです。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

デメリット

間取りや外観が決まっている

分譲住宅は住宅が出来上がっているため、 自分達が望む間取りやデザインにすることができません。

ディテールやオリジナリティに拘りを求める人には、不向きなタイプの住宅といえるでしょう。

プロセスを確認できない

建物が完成した後に販売されるため、家が建つまでの工程を見ることができません。

一時期、欠陥住宅のニュースが世間を賑わせていましたが、家は大きな買い物であり慎重に購入を進めたい方も多いでしょう。

したがって、たしかな仕事を行う信頼に値する施工主でないと不安が残ります。

下調べ

最後に、メリットとデメリットだけでなく、もう一つ重要なことがあります。

それは下調べです。

近頃は、毎年のように台風による甚大な被害が発生するため、低地や近くに河川がある場合は注意が必要です。

また、田んぼや沼などを造成地にした場合、水はけが良くないため大雨による冠水に見舞われるリスクがあります。

加えて、こうした土地は地盤が緩いため地震が起きると液状化しやすく、甚大な被害を受ける可能性が高くなります。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

まとめ

家は一生の買い物です。

その是非が、家族の幸福度に大きく影響します。

家族みんなが満足できる、素晴らしいマイホームを購入できることをお祈り申し上げます。