中古マンションの検索方法とは?探し方のコツや準備のポイント

中古マンション

中古マンションを購入するためには、まずどのような物件が売り出されているか検索する必要があります。
探し方は2通りあるので、それぞれのメリットや検索のコツを知っておくと効率よく探せるようになります。
そこで今回は中古マンションの検索方法をご紹介します。
また、中古マンションの検索を行うにあたり、前もって準備しておきたいこともまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

中古マンションの検索方法とコツ

中古マンション

売り出し中の中古マンションは不動産検索サイトか不動産会社を通じて見つけられます。
まずはそれぞれの特徴や検索のコツからご紹介しましょう。

不動産検索サイトを利用する

ネット上では様々な不動産検索サイトがあります。
テレビCMや動画サイトで広告も出されている知名度の高いサイトも多いです。
中古マンションの売買だけではなく、アパートや一戸建ての賃貸・売却に関する情報も探せるので、お部屋探しで利用したことがある方もいるでしょう。

検索サイトのメリットは、エリアや価格の下限・上限、間取り、駅からの距離なども細かく条件を絞って、理想の中古マンションを探せる点です。
しかし、条件を絞りすぎると検討できる物件の数が大幅に減ったり、見つからなかったりする場合があるので、最優先の条件から絞り込むようにしましょう。
不動産検索サイトに掲載される情報は定期的に更新されており、突然中古マンションの売買情報が出てくることもあります。
注目物件や人気物件はすぐに買い手がついてしまう可能性があるので、希望の中古マンションの購入を逃さないためにも小まめにサイトをチェックすると良いでしょう。
また、サイトによって掲載物件の数も異なるので、色々なサイトから情報を得ることも大事です。

不動産屋に相談する

少し手間はかかりますが、直接不動産会社に行って条件に合う中古マンションがないか教えてもらう方法もあります。
忙しくて情報収集に集中できない人や検討に時間をかけられない人におすすめです。
不動産会社には大手系と地場系の2通りがあります。
大手系の不動産会社は全国展開する業界も多く、広いネットワークを持つので広範囲での物件探しに強みを持ちます。
より多くの中古マンション情報を得たい時に大手系が適しているでしょう。

一方、地場系は地域に密着した不動産で、地元に特化した情報を持っていることが特徴です。
対象エリアは大手に比べて狭くなりますが、営業エリアの情報に詳しく質の高い情報を得られます。
そのため、購入エリアが大体定まっている人に適しています。
不動産会社から情報を集める時は、事前に来店の予約を入れて、ある程度条件を伝えておくと良いでしょう。
事前に条件を伝えることで、当日までに不動産会社が条件にマッチした物件や候補になる可能性がある物件の情報を用意できるので、話がスムーズに進みます。検索サイトでは非公開の物件も紹介してくれる可能性もあります。

また、できれば大手系と地場系の両方に相談して、候補となるマンションに関する色々な情報を集めておくと検討材料が増え、物件選びの失敗の回避につながります。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

不動産検索サイトの特徴

不動産

手軽に中古マンション検索が行える不動産検索サイトですが、大きく2つの種類に分けられます。
それでは、種類ごとの特徴を見ていきましょう。

自社の取り扱い物件だけを掲載するサイト

自社が保有する物件や売主・賃主から直接売買・賃貸の依頼を受けて広告を掲載するサイトのことです。
自社が取り扱う物件だけでそれ以外の物件を検索できない点がデメリットですが、常に最新情報を検索でき、内覧の対応も早いというメリットがあります。

各不動産会社の物件を掲載するサイト

たくさんの不動産会社が取り扱う物件を掲載しているサイトのことです。不動産ポータブルサイトとも呼ばれています。
不動産の広告を出している人の中には複数の不動産会社に依頼していることがありますが、同じ物件でもそれを取り扱う不動産の情報は全て表示される仕組みです。
複数の不動産会社の情報が集約しているので、情報数の多さが強みです。その代わり、物件の重複や最新情報を得られにくい点がデメリットになります。

中古マンションを探す前の準備

家

検索サイトを使うにしても、不動産会社に相談するにしても、中古マンションを探す前に色々と決めておきたいことがあります。
最後に中古マンションを探す前の準備をご紹介しましょう。

大まかな予算を考える

どのくらいの価格の物件を買うのかおおまかに予算を立てておく必要があります。
マンションの購入では購入費だけではなく、住宅ローンの保証料や仲介手数料、登記費用、引っ越し代などの諸経費もかかります。
さらにリフォームやリノベーションが必要と考えると、その費用も考えて予算を立てていかなければなりません。

また、購入後はローンの返済や管理費・修繕積立金、駐車場代などのランニングコストもかかります。
無理に高いマンションを買ってしまうと、後々来るランニングコストの負担が大きくなるので、将来の資金計画も含めて予算を決めていく必要があります。
住宅ローンも借りられる額はそれぞれ上限があるので、借入金や返済金額のシミュレーションが大事です。

中古マンションの購入エリアを決める

予算が決まったら、次は購入するエリアを決めます。
今の住むエリアで探すのか、他のエリアに移動したいのかによって判断も変わります。
エリアを変える必要がないのであれば、今の生活リズムを維持できるエリアが望ましいです。
別のエリアに移す場合は、今住んでいるエリアに持つ不満を解消できるエリアがおすすめです。

購入したい物件の築年数を考える

築年数によって購入価格が異なります。
新築に近いマンションなら中古でも上昇傾向にあります。
一方、築年数が古いマンションは設備も古く資産価値が下がっているので、価格も安めです。
また、設備や内装が古い場合はリフォームやリノベーションが必要になることも視野に入れておく必要があります。
1981年以前に建てられた旧耐震基準の建物の場合、住宅ローンの審査が通りにくい、通っても控除が使えないというデメリットがあるので注意しましょう。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

まとめ

中古マンションを探す方法は不動産検索サイトの活用か、不動産会社へ相談する方法の2択です。
実際はネットから物件に目星をつけて、不動産会社を通じて詳細を聞いたり、内覧をしたりする流れがスタンダードです。
そのため、ネットと不動産会社の両方活用する方法がおすすめです。
理想の物件を見つけ出すためにも、予算や物件の条件なども決めておき、最優先したい条件をまとめておくことも大事です。