オンライン部屋探しはコチラ!

次の引っ越しどうしよう?賃貸住宅のメリット・デメリットとは!?

皆さんの中には持ち家にしようか、それとも一生賃貸で過ごすべきか悩んでいる方も大勢いるかもしれません。

住まいは一生の問題であり、それは当然のことでしょう。

本稿では賃貸住宅にスポットを当て、メリットとデメリットについて触れていきたいと思います。

賃貸住宅のメリット

ローンがない

持ち家を購入すると、数千万円という購入費が必要となります。

一括払いでの購入が可能であれば返済の利息はかかりませんが、よほど裕福な方でなければローンを組むしかありません。

ほとんどの場合は返済までに何十年も要し、働いている間中、借金に追われ続けることになります。

賃貸も毎月家賃を納めなければなりませんが、高額な借金を背負っていない分、心理的な負担は段違いのはずです。

初期費用、維持・管理費等がかからない

初期費用は賃貸でも敷金・礼金などがありますが、最近は不要の場合も増えています。

一方、持ち家は頭金や仲介手数料など、賃貸とは比較にならないほどの金額が必要となります。

また、持ち家と違い、賃貸は維持・管理費が基本的にかかりません。

そして、固定資産税を納めなくてよいのもメリットといえるでしょう。

いつでも引っ越せる身軽さ

賃貸の場合、転勤や転職、結婚などのライフスタイルの変化にも柔軟に対応できます。

また、近隣住民とトラブルが発生したときでも、身軽に引っ越しできることも非常に大きいのではないでしょうか。

一生の買い物である持ち家ではこうはいきません。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

デメリット

リフォームができない

所有物件でないので、リフォームができないことが挙げられます。

住まいは最もプライベートな場所であり、自らが寛げる快適な空間を演出できないことを不自由に感じる方も少なくないでしょう。

安定した生涯設計が立てづらい

持ち家だとローンが終われば格段に費用がかからなくなりますが、賃貸は毎月賃料を払い続けなければなりません。

つまり、働けなくなった後も現役時代と同じ費用がかかるのです。

したがって、もし一生を賃貸で暮らす場合は、老後の家賃支出も念頭に置いた人生設計を描く必要があるといえるでしょう。

まとめ

賃貸住宅のメリットとデメリットをご紹介してきましたが、如何だったでしょうか。

賃貸だけでなく、当然ながら持ち家にも長所と短所があります。

大切なことは、あなたがどういう将来設計を描くかです。

そして、もし一生を賃貸住宅で過ごそうと思うのならば、まずはメリット・デメリットを把握しなければなりません。

昔から「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」と言います。

この金言さながらに、本稿があなたにとって素晴らしい“住まい”探しの一助になることを御祈念申し上げます。