中古住宅でも暮らしやすい住まいへ変えられる!リノベーションの意味とは?

リノベーション

ライフスタイルというのは人生の中で固定されるものではありません。
例えば独身だった人が結婚をして2人暮らしになり、子どもが生まれれば子どもに合わせたライフスタイルへと変化していくでしょう。
このライフスタイルの変化によって、住宅が住みにくいと感じてしまうことがあるかもしれません。

自分や家族のライフスタイルに合わせた、理想の住まいを手にする方法として「リノベーション」が存在します。
しかし、いまいちリノベーションがどういった意味を持つのか、よく分からない方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、リノベーションの意味についてご紹介していきますので詳しく知りたい方は、ぜひ目を通してみてください。

リノベーションの意味とは?

リノベーション

そもそもリノベーションとは、中古住宅の使える部分は残しつつ、他の部分を改修して家族のライフスタイルに合った住まいへと再生させることを言います。
例えば水まわりや電気・ガスなど生活に欠かせない部分を、最新設備に取り替えることで現代の暮らしに合ったものにすることも可能です。

また、ライフスタイルが変化するとこれまでの間取りでは使いにくくなってしまうケースもありますが、リノベーションであれば一度間取りを取り払い、新たな間取りを作って住みやすい形に仕上げられます。

ただし、リノベーションの定義や考え方には曖昧な部分も残っています。
特にリフォームとリノベーションをどう見分ければいいのか分からない方は多いです。
リフォームは基本的に暮らしている中で不具合が発生し、それを元の状態へ修繕するための工事になります。

一方、リノベーションは特に不具合は生じていないものの、今のままでは不便だと思う部分の機能や価値を再生させるための工事です。
リフォームとリノベーションでは目的が異なるので、把握しておきましょう。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

リノベーションによってどんなメリットが生まれるのか?

リノベーション

リノベーションによって建て替え工事まで行かなくても住まいを大きく変えることができます。
では、具体的にどのようなメリットを得られるのでしょうか?

ライフスタイルに合わせて自由に設計できる

リノベーションは柱や梁、基礎部分などは変わりませんが、その他の部分は大きく変えることができます。
例えば6畳の部屋が2つ並んでいたが1つの部屋しか使っていないため、真ん中の壁を取り除き12畳の部屋にすることも可能です。
自由度は一から設計する建て替えと不具合が発生する部分を変えるリフォームの中間にあると言えるでしょう。

また、壁や床のデザインも変えられるため、例えばアメリカンテイストな住まいや憧れの北欧スタイルを取り入れるなどもできます。
家族にとって暮らしやすく、好きなデザインの中で生活できるようになるのです。

新築に比べてコストを抑えられる

新築を建てようとするとどうしても高額なコストがかかってしまいます。
特に、今の住まいを取り壊して新築に建て替えを行う場合は解体・撤去費も含まれるので数千万円にも及んでしまうでしょう。
リノベーションも大規模なものになるとそれなりのコストはかかってしまいますが、新築への建て替えに比べればコストは低く抑えられます。
予算を抑えて、ライフスタイルに合った暮らしを手に入れたい場合はリノベーションの選択も候補の一つに加えておきましょう。

物件の資産価値が高くなる

物件というのは、建ったその日が資産価値のピークであり、後は下がってしまうものです。
万が一物件を売却する時には、新築で購入した時よりもかなり資産価値が落ちた状態で売却しなくてはいけなくなるかもしれません。
しかし、リノベーションであれば元々中古で資産価値が落ちていた住まいの機能を再生させることで、価値を上げられます。
場合によってはそのまま資産価値が落ちにくくなることも考えられるため、将来的な資産価値も視野に入れて考えるならリノベーションの方がメリットは大きいと言えるでしょう。

物件を選ぶ時の選択肢が増える

新築物件はエリアや物件数に限りがありますが、最初からリノベーションありきで物件を選ぶとなると、非常に幅広い選択肢の中から好みの物件を選ぶことができます。
例えば立地に関しては申し分ないが、設備があまり良くない中古物件であってもリノベーションなら後から設備は変えられるので問題ありません。
しかも、リノベーションは自分や家族の暮らしに合う形へ変えられるため、新築以上の環境を手にすることもできるでしょう。

リノベーションの種類

リノベーション

リノベーションにもいくつか種類があるので、それぞれの特徴をご紹介していきましょう。

フルリノベーション

リノベーションには住まいの一部に施される場合と住まい全体を変える場合があります。
フルリノベーションは、住まい全体を変えるリノベーションを指す言葉です。
さらに、フルリノベーションの中でも建物の構造体にあたる躯体まで解体し、新しい建材を導入することを「スケルトンリノベーション」と言います。

フルオーダーリノベーション

間取りや設備などを自由に設計することをフルオーダーリノベーションと言います。
自由設計だとより家族にとって住みやすい家づくりも可能となるでしょう。
その分打ち合わせに時間が掛かったり、予算が思った以上に高くなったりすることがあります。

セミオーダーリノベーション

自由設計ができるフルオーダーに比べて、ある程度業者が取り揃えている設備や内装材から選ぶ方法を、セミオーダーリノベーションと言います。
セミオーダーは明確な費用が出やすく、コストも抑えられる傾向にあります。
しかし、こだわりが強い人にとってはオプションが発生してしまい、結局割高になってしまうこともあるでしょう。

ワンストップリノベーション

リノベーションは通常、中古物件を不動産会社から購入し、その後リノベーション業者に依頼して設計・施工をお願いすることになります。
しかし、ワンストップリノベーションでは物件を探すところからリノベーション施工までを一律で行ってくれます。
ワンストップリノベーションは打ち合わせがスムーズになりやすいことと、物件の購入費用・リノベーション費用のバランスが取りやすくなることの2点がメリットです。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

まとめ

リノベーションには様々な種類があり、それぞれに意味が違ってきます。
しかし、目的はどれも「家族の暮らしに寄り添う住まい・価値や機能、利便性が向上した住まい」を作り上げることです。
リノベーションの意味や特徴を理解し、今後の住まいづくりで取り入れるか、ぜひ検討してみてください。