オンライン部屋探しはコチラ!

機能で考える窓選び!「横すべり出し窓」おすすめのポイントは?

ふだんの生活では特に気にすることはないけれど、いざ引っ越しや家を建てることを考えることになったとき重要になってくるのが、ほとんどすべての家にある「窓」です。

今回はそんな「窓」の機能に注目し、窓を選ぶときのポイントについて解説します。

窓にはさまざまなタイプがある

窓には採光、換気といった基本的な性能のほかに、最近では、防犯、断熱、防虫、掃除のしやすさといった機能が求められています。

窓の開き方も実は様々あり、

  • 「横方向に開閉する一般的なタイプ」
  • 「上下に開閉するタイプ」
  • 「前にせり出すタイプ」
  • 「内や外に倒れるタイプ」

などがあります。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

「横すべり出し窓」とは?

例えば、広くない土地で3方向が道路に面している家、このような条件の場合は日当たりが良いので大きな窓は必要なく、

  • 「少しだけ開けられる」
  • 「外の視線が気にならない」
  • 「防犯性が高い」

これらのポイントを押さえた窓がちょうど良いと考えられます。

今回はそんな条件にぴったりの「横すべり出し窓」についてご紹介します。

虫の侵入を許さない!安心して開け閉めが可能

「横すべり出し窓」はあまり聞きなれない言葉かもしれませんが、ハンドルを回すと窓の下部分が動いて前にせり出します。

ハンドルは2種類あり、90度ひねってロックを外す「カムラッチ」と、くるくる回して開閉を行う「オペレーターハンドル」というタイプがあります。
カムラッチはすばやく開け閉めを行うことができますが、バタンと閉まってしまうため指を詰める恐れがあり、お子さんがいらっしゃる家庭などではゆっくりと開閉ができるオペレーターハンドルがおすすめです。

また、オペレーターハンドルタイプでは網戸は固定式となるため、網戸を締めたまま窓の開閉が出来ます。
網戸が固定式なら虫が入ったりする心配がなく、安心して窓の開け閉めができますね。

防犯性に注目すると、ハンドルが窓の下側にあるため、比較的高いところに窓を設置できるのも特徴です。

換気能力が劣る点に注意

「横すべり出し窓」は、広く開けられないので換気性能は低いと言われます。

最近の家なら24時間換気システムが義務付けられているので、そういった換気設備と組み合わせれば、少し開けるだけでも十分換気ができるので、うまく組み合わせて利用するのが良いでしょう。

掃除のときには、窓の内側が掃除しづらい点にも注意です。掃除のことを考えると、網戸を取り外せるタイプにすることがベストと言えるでしょう。

まとめ

窓や開け方について、あまり考えることはないと思いが、意外と色々選択肢があります。家を購入する際、1つの参考例としてもらえると嬉しいです。