マンションリノベーションの費用はどのくらい?相場や施工・費用事例をご紹介!

リノベーション

古くて資産価値がないマンションはリノベーションにより価値を高めることができます。
リノベーションは建物の機能やデザインなどを一新し、新しい価値を与える改修工事です。
構造体はそのまま残して改装するスケルトンリノベーションが代表的ですが、実際どのくらいの費用がかかるのか心配という方も多いでしょう。
そこで今回は、マンションリノベーションの費用相場や内訳、費用に影響を与える部分などをご紹介します。

マンションのスケルトンリノベーションの相場

リノベーション

マンションをスケルトンリノベーションする場合、費用の相場は1平方メートルあたり10〜15万円が目安です。
例えば、60平方メートルの住戸であった場合、リノベーション費用は600〜900万円かかることになります。

なお、住戸の規模が小さければ1平方メートルの単価はさらに高くなるでしょう。
その理由は、水回りの設備は広さに関係なく費用がかかりやすいからです。
さらにグレートの高い設備や建材の導入や室内・外観なども手を加えればさらに費用はかさみます。

そのため、リノベーションは実質の平均費用を出しにくいのが現状です。
正確なリノベーション費用を確認したい場合は、どこを工事したいのか範囲を決めた上で業者に見積もりを取ってもらうと良いでしょう。

リノベーション費用の内訳

リノベーション

リノベーション費用には、次の内容が含まれています。

・職人の工賃(人件費など)
・資材や設備費用
・現場監督やデザイン費用
・その他諸経費

リノベーションの工事内容は色々あり、1つのマンションを完成させるためには解体工事、木工事(床や壁、天井に関する工事)、電気設備工事、排水管工事などのプロセスを踏みます。
これらの工事は技術が求められるので、工程ごとに専門の職人が行います。
そのため、リノベーション費用の内訳の中でも職人の工賃が特に費用がかかっている部分です。
その次に内訳の割合を占めるのは工事に使用する資材と設備となっています。

リノベーション費用の増減に影響する要素

リノベーション

リノベーションの費用は様々な要素により増減します。
具体的にどのような要素が増減に影響を与えるのか見てみましょう。

地域

地域によって材料費や職人の工賃などが違うので、同じ規模のリノベーションでも価格差が生じます。
例えば、60〜70平方メートルのマンションをリノベーションする場合、東京の相場は約900〜1500万円です。
しかし、同じ広さの物件でも大阪は約800〜1200万円が相場で、東京よりも安くなっています。

他にも物件の条件やリノベーションの内容にもよりますが、地域も価格が変動する要素となることを覚えておくと良いでしょう。

物件の広さ

施工面積が広いマンションほど資材や設備、さらに作業量がよりかかるので費用も大きくなります。

間取りや内装のデザイン

間取りを大きく変更するリノベーションは施工に手間がかかるので、かかる費用も必然的に大きくなります。
また、細かく部屋を仕切る間取りは新しい壁を作らなければならず、そこに費用がプラスされます。
他にも床材などに無垢材を使いたい、キッチンはオーダーなど使う資材や設備にこだわりを持てば、費用に反映されるわけです。

マンションの階数

高層マンションの場合、比較的に低層なマンションと比べて上階に資材を運搬するのに手間がかかってしまいます。
それもリノベーション費用に反映され、高層マンションであるほどリノベーション費用はかかりやすいです。

業者

リノベーションは依頼する会社ごとに価格差がありますが、さらに業者の種類によっても変わってきます。
例えば、地元の工務店はあまり広告宣伝費をかけず、社内にデザイナーなど専門の人材を確保しているので、設計や施工が社内で完結ケースが多いです。
余計な費用が出ない分、リノベーション費用がかかりにくい傾向にあります。

一方、大手リフォーム・リノベーション会社の場合は広告宣伝費を出していたり、見学会やイベントの実施などを行っていたりしており、施工以外の部分でもお金をかけています。
また、工事やデザインは下請け業者に頼んでいるので、デザインなどに別途の料金が発生しているケースが多く、工務店よりも高い傾向にあるのです。

安さから考えれば工務店ですが、デザイン性に関しては会社ごとに質のバラつきがあり、その点は大手リフォーム・リノベーション会社の方が有利というケースが多いです。
どちらにしても、自分が理想とするマンションリノベーションを予算内で行える業者を選ぶことが重要となります。

リノベーションの費用事例

リノベーション

マンションリノベーションには様々な施工事例があります。
その施工と費用事例をいくつかご紹介するので、マンションリノベーションを検討している方は参考にしてみてください。

内装リノベーションの事例

マンションリノベーションでは、あえて間取りを変えず内装の一新にコストを集中した事例もあります。
間取りや水回りの位置の変更は大きなコストがかかりますが、そこを削ることでグレードの高い資材や設備を導入しやすくなります。
約99平方メートルのお部屋のリノベーション事例では、内装の一新で740万円ほどの費用となっています。

スケルトンリノベーションの事例

内層や設備を解体して間取りから全体的にリノベーションした事例では、2つの部屋を1つにして20帖のリビングへと改修しています。
また、内装では床や廊下に無垢材のフローリングを使うなど、素材や仕上げ方にもコストをかけていました。
約67平方メートルの2LDKの部屋のリノベーションにかかった費用は1250万円となっています。

間仕切りを取り除いたリノベーション事例

3DKの部屋を1LDKの広々としたリビングに改修した事例では、間仕切りを可能な限り取り除いています。
また、キッチンにはステンレスを採用し、スタイリッシュな雰囲気へと変わりました。
室内窓を設けたことで、部屋中に外からの光が入りやすく、また風通しが良い部屋となっています。
約49平方メートルのお部屋のリノベーション費用は約650万円でした。

まとめ

築年数が経ち資産価値が下がっているマンションでも、リノベーションによって設備や内装、外装などを新しくすることで価値が高まる可能性があります。
リフォームに比べて工事の規模が大きくなる点がデメリットですが、コストをかけたい部分と削る部分のバランスを調節することで予算内に抑えられます。
業者とよく相談し、予算とデザイン・機能性のバランスを考えたリノベーションを実現していきましょう。h2:リノベーションの費用事例マンションリノベーションには様々な施工事例があります。その施工と費用事例をいくつかご紹介するので、マンションリノベーションを検討している方は参考にしてみてください。h3:内装リノベーションの事例マンションリノベーションでは、あえて間取りを変えず内装の一新にコストを集中した事例もあります。間取りや水回りの位置の変更は大きなコストがかかりますが、そこを削ることでグレードの高い資材や設備を導入しやすくなります。約99平方メートルのお部屋のリノベーション事例では、内装の一新で740万円ほどの費用となっています。h3:スケルトンリノベーションの事例内層や設備を解体して間取りから全体的にリノベーションした事例では、2つの部屋を1つにして20帖のリビングへと改修しています。また、内装では床や廊下に無垢材のフローリングを使うなど、素材や仕上げ方にもコストをかけていました。約67平方メートルの2LDKの部屋のリノベーションにかかった費用は1250万円となっています。h3:間仕切りを取り除いたリノベーション事例3DKの部屋を1LDKの広々としたリビングに改修した事例では、間仕切りを可能な限り取り除いています。また、キッチンにはステンレスを採用し、スタイリッシュな雰囲気へと変わりました。室内窓を設けたことで、部屋中に外からの光が入りやすく、また風通しが良い部屋となっています。約49平方メートルのお部屋のリノベーション費用は約650万円でした。・現場監督やデザイン費用・その他諸経費リノベーションの工事内容は色々あり、1つのマンションを完成させるためには解体工事、木工事(床や壁、天井に関する工事)、電気設備工事、排水管工事などのプロセスを踏みます。これらの工事は技術が求められるので、工程ごとに専門の職人が行います。そのため、リノベーション費用の内訳の中でも職人の工賃が特に費用がかかっている部分です。その次に内訳の割合を占めるのは工事に使用する資材と設備でとなっています。h2:リノベーション費用の増減に影響する要素リノベーションの費用は様々な要素により増減します。具体的にどのような要素が増減に影響を与えるのか見てみましょう。h3:地域地域によって材料費や職人の工賃などが違うので、同じ規模のリノベーションでも価格差が生じます。例えば、60〜70平方メートルのマンションをリノベーションする場合、東京の相場は約900〜1500万円です。しかし、同じ広さの物件でも大阪は約800〜1200万円が相場で、東京よりも安くなっています。他にも物件の条件やリノベーションの内容にもよりますが、地域も価格が変動する要素となることを覚えておくと良いでしょう。h3:物件の広さ施工面積が広いマンションほど資材や設備、さらに作業量がよりかかるので費用も大きくなります。