オンライン部屋探しはコチラ!

東京でリノベーション物件が急増!東京でリノベーションを行うことのメリット

リノベーション

はじめに

東京

最近、東京ではリノベーション物件が流行っている事をご存知ですか?
東京都心で近年作られる部屋といえば高層マンションなどがありますが、高層マンションは家賃も高く一般の人には少しお高く感じられます。
そんな人たちに人気なのがリノベーション物件です。リノベーション物件は新築に近い状態ですが、家賃も比較的安く東京でも需要が高くなっています。
今回は東京でリノベーションを行うメリットを中心に取り上げてみます。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

リノベーション急増の背景には社会環境の変化がある

東京

日本は少子高齢化社会でありながら、東京都の人口は増えているのが現状です。
令和になり地方創生や移住政策などが言われていますが、都心回帰となっているのも事実です。
また、以前までは結婚して子供持ちの人が住んでいた物件も一人暮らしの独身者が多く、ワンルームやロフト付きの物件が人気となっています。
東京でリノベーション物件が増える背景は社会構造が変わってきていることも忘れてはいけません。

リノベーションは住まいの役割を変化させることができる

リノベーション

以前の日本では、女性は家事をして男性は働くのが一般的な社会でした。
その社会の中、マンション・アパートはファミリー層をターゲットとしてつくられ、多くの人が東京に在住。
しかし、現代の日本では女性の方も就職をして働き、東京では特に多くの独身者が暮らしています。
そういった人をターゲットにするため、家族向きの物件を一人暮らし用の物件にしたり、ゲストハウスとして活用したりすることで、その部屋が持つ役割を変化させることができるでしょう。
リノベーションは、社会の変化も考えながら行うことが大事です。

リノベーションを行うことで眠っている価値を創造する

リノベーションを行う一番の理由は古くなったものを新しくして利用価値を高めることです。
不人気な物件をリノベーションすることで人気物件へと変えることもできます。
例えば、古くなってしまったマンションの団地などをリノベーションすることで、新たな魅力を感じて入居者がつくといったケースもあります。
特にマンションや団地は駅からも近く、通勤・をする人にはメリットが高いです。また、シェアハウスやゲストハウスも交通の便がよいことで魅力的な物件になる可能性が高いでしょう。
リノベーションを行うことで眠っている価値を改めて見つめ直す機会になります。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

なぜ新築ではなくリノベーションなのか

リノベーション

多くの人は新築の物件を希望するのが当たり前だと思いますが、それでもリノベーションは人気があります。
特に東京だとリノベーションが盛んです。
なぜ、東京では新築ではなくリノベーションがトレンドとなるのでしょうか。
東京でリノベーションが人気の理由を探ってみましょう。

建て替えではないので許可が通りやすい

既存の建物を壊して新築で物件を建てる場合、建て替えの許可が必要になります。
それに比べリノベーションは改装のため許可が通りやすくなります。
特に現在では建築基準が変わってしまい、建てた当初は建築可能だった土地も現在では建築不可の場合もあります。
そういった物件は一度壊してしまうと再建築が不可となり道路を新たに作ったりしないと新築物件ができないケースも。
その点、リノベーションであれば改装可能な物件もあります。
特に東京の場合、路地や狭い土地などで建て替え不可の物件はリノベーションで対応しなければいけないケースも出てくるでしょう。

内装中心の工事が大掛かりでなくなる

新築物件の場合一度壊して更地にしてから工事を行わなくてはいけません。
その点、リノベーションなら、解体は一部で土台などは再利用できる場合がほとんどです。
特にアパートやマンションを新築する場合は土台から工事をするので大掛かりな工事となりますが、その点、リノベーションなら内装や間取りを変えるだけで、マンションやアパートを工事する際も鉄骨などはいじらなくてもよくなります。
建て替えるには費用も工事の規模も大きくなってしまうため、東京都心のアパートやマンションではリノベーションをして新築同然の内装にするケースが多くなっているのです。

東京で人気!リノベーションのアイデア例

リノベーション

東京はリノベーションが流行っていますが、どのようなケースがあるのでしょうか。
ここでは事例を踏まえて東京で流行りのリノベーションの例を考えてみましょう。

シェアハウスへ変更する

東京でリノベーションをする場合、一人暮らし向け住宅だけでなくコミュニティーを活かせるようなシェアハウスへ変更する場合もあります。
その理由は、シェアハウスは部屋を借りるより安く、水道光熱費の手続きも少ないため人気だからです。
また、シングルで子育てをする人も増え始め、子供を住民と一緒に育てたいという方はあえてシェアハウスに住む人もいます。
シェアハウスは一般的になりつつあり、上京してきた大学生や社会人1年目がシェアハウスに住むことで家賃を安くするニーズも高まっているそうです。
そういったシェアハウスの需要を見据え、東京ではリノベーションをしてシェアハウス用に変更するケースが多く見られます。

また、全ての設備を共用とはせず、一人暮らし用マンションに共用スペースを設けるリノベーションも増えてきています。
一人暮らしではなかなか実現できない大きなキッチンや、大人数で集まれるスペースが求められてきているのです。

住む人のニーズニーズを捉える

東京はエリアによって住む人の色が出てきます。
例えば、東京都心部はファミリー層より独身者向けの方が人気です。
東京の中でも渋谷・六本木などはアクティブに活動する人やクラブなどが好きな人に好まれる傾向があります。
また、東京でも品川・臨海エリアは海が好きな人や少しのんびり過ごしたいという人が多い傾向にあります。
それに合わせ、照明や部屋の雰囲気を工夫した車を置けるスペースを設けたりと、その街や傾向をイメージして改装をすることが最近のトレンドとなっています。東京は文化の発信地でもありますので、住む人に合わせた部屋づくりを検討してみるのもよいのではないでしょうか。

おわり

今回は東京でのリノベーションについてご紹介しましたが、いかがでしたか?日本は少子高齢化と言いつつ東京都の人口は増えているのが現状です。
、現在も東京にはマンションなどが高度成長期に建てられたものもあり、眠っている建物が多くあります。
立地が良くても今のニーズに合っていないため不人気という物件では、リノベーションをすることで超人気物件へ様変わりすることも。