サテライトオフィスとは?メリット・デメリットも解説

近年、働き方改革やテレワークに注目が集まっています。
そんな中での取り組みの一つとして「サテライトオフィス」があります。
この記事では、サテライトオフィスについてメリットやデメリットを含めて、ご紹介していきます。

サテライトオフィスとは?

サテライトオフィスとは、企業が本社から離れた場所に設置するオフィスのことです。
サテライトは和訳すると「衛星」のこと。中心となる本社に対して、衛星のように設置されるイメージからサテライトオフィスと呼ばれます。
総務省も「おためしサテライトオフィス」として民間企業のサテライトオフィス設置を支援しており、地方での新たな雇用の創出を図っています。

ここで「サテライトオフィスは、支社や営業所とは何が違うの?」と疑問に思った方もいるのではないでしょうか。支社は、主要都市に置かれることが多く、事業拡大やマーケティングのためといった目的があります。

一方で、サテライトオフィスを設置する目的は、社員の通勤時間の短縮や、地方や郊外で新たな雇用や人材を生み出すこと。
社員のワークライフバランス向上や、多様な働き方の促進がサテライトオフィスの狙いとなっているのです。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

サテライトオフィスのメリット

サテライトオフィスの大きなメリットの1つは「社員のワークライフバランス向上」です。
例えば、都心の本社の他に郊外のサテライトオフィスがあれば、郊外に住む社員は朝の混雑を避けられ、通勤時間も短縮させることができます。
働く環境を選べるようになれば、子育て中の社員や、アウトドアを趣味とする社員も理想のワークライフバランスを実現しやすくなるでしょう。

他にも、拠点分散による災害・感染症等に対するリスク回避・これまで本社でのみ採用を行っていた会社が地方で新たな人材を見いだせるようになるなどのメリットが挙げられます。

サテライトオフィスのデメリット

サテライトオフィスの課題となりうるのは、コミュニケーション面です。
業務に関する連絡はチャットツールで問題なく行えたとしても、何気ない会話やランチを共にすることで得られるメリットもあるはずです。
本社とサテライトオフィスの社員とで、同じチームとしての一体感を保つ、また格差を生まないようにするための取り組みは必要となるでしょう。

オンラインチャットにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!
最新の不動産トレンドからリノベーション情報まで、幅広く情報を掲載中!
すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

» お部屋を探す » 記事一覧を見る

まとめ

この記事では、近年の働き方改革やテレワークといった時代の流れの中で、注目が集まっている「サテライトオフィス」について、そのメリット・デメリットをご紹介しました。
今後の働き方を考える上で、ぜひ参考にしてくださいね。